1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

ザギトワ抑え首位発進..フィギュア紀平梨花の超絶演技に絶賛の嵐!!

カナダ・バンクーバーで開幕したフィギュアスケートGPファイナル。女子SPで1位になった紀平梨花が凄すぎる

更新日: 2018年12月09日

10 お気に入り 46156 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

カナダ・バンクーバーで開幕したフィギュアスケートGPファイナル。女子SPで1位になった紀平梨花が凄すぎる

solmesさん

▼フィギュアスケートGPファイナルが開幕

フィギュアスケートのグランプリファイナルがカナダのバンクーバーで12月6日(日本時間7日)に開幕。

日本からは男子が宇野昌磨(20)=トヨタ自動車、女子は宮原知子(20)=関大、坂本花織(18)=シスメックス、紀平梨花(16)=関大KFSC=の3選手がエントリー。

GPファイナル出場を目指していた羽生結弦だが、優勝したシリーズ第5戦ロシア杯の公開練習中に転倒した際の右足首の故障が響き、欠場することになった。

▼男子SPでは宇野昌磨が2位発進

男子ショートプログラム(SP)で、宇野昌磨(トヨタ自動車)は91・67点をマークして2位発進となった。

首位に立ったのは前回覇者のネーサン・チェン(19=米国)で92・99点だった。

▼女子SPでは紀平梨花が「今季世界最高得点」で首位発進!

女子ショートプログラム(SP)は、シニア1年目の紀平梨花(16)=関大KFSC=が冒頭でトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を決めるなど、ルール改正後の今季世界最高となる82・51点で首位発進。

冒頭の3回転アクセルを完ぺきに決め2・51点の出来栄え点を加算すると、3回転フリップ―3回転トーループのコンビネーション、3回転ルッツでも出来栄え点を2・36点加算するなど、最後まで華麗に決め、16歳の圧巻の演技に場内からは大きな拍手があがった。

・演技後には可愛らしいガッツポーズも

五輪女王ザギトワが持っていた世界最高点を1・73点更新する超ハイスコアをたたき出し「いい点数がもらえて本当にうれしい」と話す笑顔が初々しい。

「これからもこの点数を見て、伸びしろがあるかどうかとかをジャッジスコアとかで確認して、どこを伸ばしたらいいかを確認していきたい」と気を引き締めることも忘れなかった。

▼紀平梨花の首位スタートにネットでは絶賛の声

紀平梨花ちゃん、今季最高得点‼️スゴい❗ザギトワちゃんに勝つかも‼️

紀平梨花ちゃんのショート、圧巻でした 4回転が入っていない男子並みの高得点! 今年初めてアイスショーで観たけど、笑顔での伸びやかな滑り…これはきっと…と予感はしていたのだけど、クオリティが高過ぎます 欠点が何もない、全て持ってる選手

紀平梨花ちゃんの素晴らしさ。 この演技を現地で見られたのは嬉しい。 pic.twitter.com/o9kobT1qrc

GPファイナル、ショートで紀平梨花ちゃんがザギトワちゃん抑えて1位⛸ 空気を柔らかく纏わせてるような指先までの動きから素晴らしいスピンまで…どう育てば齢16歳でこの優雅さ出せるの… pic.twitter.com/EY1LeD9Ouc

紀平梨花ちゃんめっちゃかわいい!! 演技も凄かったけど笑顔で楽しそうなのがとてもよかった☺️

マスコミが紀平梨花ちゃんを「ポスト浅田真央」って連呼しているけれど、 今日の演技を観てたら「ポスト羽生結弦」ぐらいの衝撃度だった! どちらにしても「ポスト〇〇」って言い方は失礼だと思っているので 「紀平梨花凄い!!」ってワクワクしてます

紀平梨花ちゃんの滑走を見て癒された。最高のパフォーマンスやったね✨素敵素敵 #紀平梨花 pic.twitter.com/d8sgM0Fo1k

1 2