1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

『メゾン・ド・ポリス』も!「一話完結型」の冬ドラマ

近年流行している「一話完結型」ドラマ。秋ドラマでも好評な「1話完結」ドラマが少なくなかった。この傾向は2019年1月期冬ドラマも多数。『トレース~科捜研の男~』、『さすらい温泉 遠藤憲一』、『刑事ゼロ』、『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』、『メゾン・ド・ポリス』。

更新日: 2019年03月18日

8 お気に入り 44626 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆近年流行している「一話完結型」ドラマ

『dele』(2018年7月期)

近年のヒットドラマは"一話完結"型が多い。毎話で一つの事件や物語が片付くと共に、クール全体を通して主人公や主な登場人物が抱える大きな物語が完結する二重構造になっていることが多い。

◆秋ドラマでも高評価の「一話完結型」ドラマが少なくない

『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』

『リーガルV』は1話完結型ドラマで気楽に見られる面白さがある。展開の速さとリズムがあり、心にささるセリフや笑いを誘うシーンなども数多くある。

「ハラスメントゲーム」は、社会派エンタメの佳作と言っていい。井上由美子の脚本がうまい。パワハラやセクハラが一筋縄では対処できないことを踏まえ、毎回リアルで起伏に富んだストーリーを編んでいる。

◆冬ドラマにも「一話完結型」ドラマが多数

▼『トレース~科捜研の男~』(月曜夜9時、フジテレビ)

原作は元科捜研の古賀慶による漫画「トレース 科捜研法医研究員の追想」。

ある陰惨な過去を持ち、影のある科捜研法医研究員・真野礼二(錦戸)が、亡くなった被害者の思いや無念を明らかにしていく本格科捜研サスペンス。

錦戸亮

新人法医研究員(新木優子、24)やベテラン刑事(船越英一郎、58)とタッグを組み、一話完結で難事件を解決に導いていく。

▼『さすらい温泉 遠藤憲一』(水曜深夜1時35分、テレビ東京)

1話完結で描かれる本作は、「俳優・遠藤憲一が役者を引退する」、そんな噂の真相を確かめに行っ番組スタッフが、「中井田健一」と名乗り温泉宿で “さすらいの男仲居”として働く遠藤を直撃することからはじまる。

遠藤は各地で出会ったワケあり美女たちの事情に首を突っ込み、問題解決のため駆け回る。

▼『刑事ゼロ』(木曜夜8時、テレビ朝日)

刑事ゼロ 番宣配信 沢村一樹、20年間の記憶を失ってゼロになった刑事に。 出演 沢村一樹 cm.bb-navi.com/_sawamuraikki/ pic.twitter.com/wliiviVF0H

2019年1月の「木曜ミステリー」枠では、沢村一樹演じる“異端のヒーロー”が登場する「刑事ゼロ」を放送。

「相棒」「科捜研の女」を手掛けた戸田山雅司が脚本を務め、1話完結形式で全く新しい刑事ミステリーを描く。

ベテランでありながら、20年間の記憶を失い刑事としての常識も捜査のノウハウもすべて失った時矢暦彦。京都を舞台に、刑事にまつわる経験が“ゼロ”になったことで敏感になった五感と持ち前の洞察力を頼りに、時矢は思いもよらぬアプローチで事件を解決へ導いていく。

▼『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』(木曜夜10時、フジテレビ)

1 2