1. まとめトップ

当日の詳細が明らかに「煮えたぎる鍋に部下の顔を…」芸能プロ社長によるパワハラ

現場ではどの様な事が起きていたか、周りの人たちは?詳細が明らかになってきました

更新日: 2018年12月08日

0 お気に入り 468 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

mato_wakameさん

事件の概要

事件当日の詳細

クライアントや社長、プロダクションのモデルたちで、僕を入れて計12名がいました。

社長の指示でひたすた飲まされた

ひたすらに一気飲みをさせられた。ビールをジョッキで15杯、レモンサワーをピッチャーで2~3杯だったと思いますが、かなり酔っていたので、はっきりとは覚えていません。

ビール、ジョッキで15杯、ピッチャー2〜3杯って凄い量です

お店などによって使用しているサイズがさまざまですので、一概には言えませんが
ピッチャー 1800ml~2000mlの容器で、内容量は1600ml~1800ml

少なく見積もっても8,450ml=約8,5L

少なく見積もっているので、実際はもっと多いかもしれません。
中ジョッキ15杯、ピッチャー2杯計算です

「鍋に顔・・」の際、被害者はかなりの泥酔状態にあった

2度、顔をつけられたあと、社長から「おまえヤバいよ、もう帰れよ」と帰らされた。

朝10時頃に、社長が家に訪ねてきました。曰く、「お前、自分から顔、突っ込んでいたけど、大丈夫?」。“アリバイ”を作りたかったのでしょう。

自分の身に起きた事が理解できたのは翌日

現場にいた何人かから連絡がきて、さらにあの動画も送られてきた。そこで曖昧だった記憶もはっきりして、「やっぱりやられたんだ」と。

この図を見ると「Ⅱ度」の火傷は深い事がわかります

浅達性II度熱傷は通常は医師の診察を受け治療するとおよそ3週間以内に治癒します。これに対し深達性II度熱傷は治療がうまくいっても治るまで4週間以上かかります。熱傷部位の湿潤環境を保ちつつ感染を予防するために、消毒・軟膏による治療がおこなわれます。

赤くただれた自分の顔を見て、言葉も出なかった。あり得ない酷いことをされた、悔しかった。

悔しくてもすぐ退職は出来なかった・・

自分の紹介で関わった人たちに対する責任感も

自分が紹介したモデルの子がまだプロダクションにいて、先に辞めてはいけないという、責任感もありました。

現在の心境と体調

1 2