1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

思わず共感!今月発売のコミックエッセイまとめ【2018年12月】

2018年12月に発売となる新作コミックエッセイの中で、オススメの作品をまとめました。(夜行バスで出かけましょう、こんげでカーチャン!、原宿系ジェンダーレス男子と大型犬カレシ、私が不妊治療をやめたわけ、三つ子産んだら死にかけました。、バセドウ病が原因でした。おまけに強迫性障害も!)

更新日: 2018年12月30日

23 お気に入り 11964 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

sryamaさん

◎『夜行バスで出かけましょう』 小川かりん

夜行バスは安くて便利ですが、それだけではありません。たっぷりした時間、バスでしか味わえない旅情はかけがえのないもの。眠っている間に目的地まで連れて行ってくれるのも魅力。

旅行したい気持ちがかなり強くなって、電子書籍で買った小川かりんさんの「夜光バスで出かけましょう」の本とても面白かった✨ 夜行バスってとても快適なんだと勉強になったし、いつもと違う旅が出来るんだと心ほんわかになった(*´∀`)♪旅行はいいね、ロマン! 船の旅とか寝台とかの旅行もしてみたい! pic.twitter.com/HD8FWVHs7S

良本でしたので宣伝させてください✍️ 夜行バス好きイラストレーターの小川かりんさんのエッセイコミック 「夜行バスで出かけましょう」小川かりん 著 お話は旅行を計画してから夜行バスを利用する際に準備しておいた方がベターなあれこれなど。漫画なので読みやすいし、旅情もあっておすすめです pic.twitter.com/Z2wLcF56LK

小川かりんさんの「夜行バスで出かけましょう」 帰省とかちょっとした旅行?に高速バス使うことが多いから、いろいろ参考になってすごいありがたい。 pic.twitter.com/w03iHrB2eC

◎『こんげでカーチャン! 鳥取で子育て始めました』 川

夫の実家・鳥取県で子育てをすることになった“私”。裏山で採れる山菜、昔ながらの五右衛門風呂、夜には満天の星そして蛍の光!多少不便はあるけれど、ここで過ごす毎日が何よりも大切で愛おしい。

こんげでカーチャン!(1) 面白かった。キャラがデフォルメなのに背景絵がめちゃめちゃうまい。娘がかわいいし息子がいいこすぎるし鳥取いいとこすぎて行ってみたい play.google.com/store/books/de…

こんげでカーチャン!面白かった。鳥取旅行した時に、この景色の中で生活するって良いなあって思ってたのでまた行きたいな。 pic.twitter.com/j1fnKzMuag

こんげでカーチャン購入(^ω^) なるほど、エッセイの棚か、コミックのとこ探しても無いわけだ(笑) 色使いが優しいよね(*´˘`*) pic.twitter.com/SjQGrjs9tI

◎『原宿系ジェンダーレス男子と大型犬カレシ』 江崎びす子

デートの際はケーキを焼いてきてくれる、アイスをあーんしないと凹む、原宿が大好き! 年齢差10歳、身長192cmの大型犬カレシとのあたたかい恋愛模様。

びす子氏のコミックエッセイ「原宿系ジェンダーレス男子と大型犬カレシ」読了‼︎ 可愛すぎて 「かわいいかよ〜〜」って声出てしまいますね

江崎びす子さんの「原宿系ジェンダーレス男子と大型犬カレシ」購入したー!!!!! もう読んだんだけど幸せになった… pic.twitter.com/RjKsvAcssw

今日発売びす子先生の「原宿系ジェンダーレス男子と大型犬カレシ」買えた!!!超楽しみにしてた!!!!うれしー!!!! pic.twitter.com/GDj8loQQeu

◎『私が不妊治療をやめたわけ』 海原こうめ、桜井明弘

30代前半に結婚したこうめは子宮筋腫と卵巣のう腫の手術を経て、36歳で不妊治療をスタート。 初めての不妊治療にとまどいつつ、しぶる夫に協力を要請し……

梅原こうめさん @koume_umihara の「私が不妊治療をやめたわけ」届きました! リアルな不妊治療の体験談を漫画でわかりやすく、文章だけの本より構えずに読めました。 不妊治療は大変という話は聞きますがどう大変なのか知ってもらうために、経験者の方だけでなく色んな方に読んでもらいたい本です。 pic.twitter.com/hkSW2DLt6I

美人化計画代表、桜井明弘が医療監修をしました。 「私が不妊治療をやめたわけ」 妊活あるあるも満載です。。。 お試し読みページが公開になりました! よかったら見てくださいね☆☆ matogrosso.jp/funinchiryo/01… matogrosso.jp/funinchiryo/01…

【本日発売!】ひと組の夫婦が真剣に向き合った、不妊治療の一部始終を軽快に描くコミックエッセイ『私が不妊治療をやめたわけ』(海原こうめ著/桜井明弘監修)、本日発売です!  ☆お試し読みはこちら⇒matogrosso.jp/funinchiryo/01… pic.twitter.com/9cAecr1kZS

◎『三つ子産んだら死にかけました。』 お肉おいしい

1980年代後半、東北に住む主婦せい子は異常に重いつわりに苦しんでいた。3カ月も原因がわからず大学病院を受診すると、なんと三つ子が宿っていたことが判明した。

「三つ子の育児は大変だ」というレベルではなかった。妊娠中から分娩もマジで死にかける! #三つ子産んだら死にかけました

三つ子産んだら死にかけました(お肉おいしいさん著) てマンガを読んだ 壮絶だよ…私なんてひとりでも死にかけたのに…本当すごいよ… でも面白かった! pic.twitter.com/nZzumvPq5X

三つ子産んだら死にかけました。 読み終えたけど…壮絶だった…… 本当によくぞご無事で… pic.twitter.com/acf6Rx1rwD

1 2