1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

公開が待ちきれない!映画化が決定したマンガ・小説まとめ【2019年1月公開】

2019年1月公開予定の映画の中で、マンガや小説から実写映画化となった作品をまとめました。(チワワちゃん、マスカレード・ホテル、闇の歯車、がっこうぐらし! 、十二人の死にたい子どもたち)

更新日: 2019年01月01日

16 お気に入り 30374 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

sryamaさん

◎『チワワちゃん』 岡崎京子

バラバラ殺人事件の被害者は、みんなの知っている「チワワちゃん」だった。彼女にはたくさんの友達がいた。でも本当は誰も彼女のことを何も知らなかった……。

岡崎京子のチワワちゃんの実写って褒め言葉が最近で1番嬉しいわ。ハッピー!

チワワちゃんのキャスティング、それぞれが岡崎京子に出てきそうな人たちで、とても良い ダルそうな二重と半開きの口が似合う麦ちゃんと虹郎なんて特にそう

岡崎京子の短編集は「チワワちゃん」が一番好き。 アマゾン確認したらKindleで岡崎京子の本いっぱい出てる!

◎『マスカレード・ホテル』 東野圭吾

都内で起きた不可解な連続殺人事件。残された暗号から判明したのは、次の犯行場所が一流ホテルということのみ。若き刑事・新田浩介は、ホテルマンに化けて潜入捜査に就くことを命じられる。

マスカレード・ホテル映画化楽しみ。 ただあの特徴があるトリックを、どう再現するのか気になる……。 犯人役誰がやるんだろう……。

東野圭吾『マスカレード・ホテル』読了。爽やかな読後感。様々な客が訪れるホテルを舞台に、新ヒーロー新田浩介と相方?の能勢が犯人を追い詰めていく。個々のエピソード、張り巡らされた伏線と巧みなストーリー展開で読ませる。このコンビのこれからの活躍が楽しみだ。

「マスカレード・ホテル❁東野圭吾」 今年1番面白いと感じた作品です*゚ ホテルを訪れる様々なお客様、その誰もが秘密を抱え、それを「仮面」をつけて隠しています。 事件に加え、人間模様も楽しくどきどきしながら読むことが出来ました。 新田・山岸コンビが本当にすきになりました! #読了 #読書 pic.twitter.com/QnT4Y897Ov

◎『闇の歯車』 藤沢周平

深川にある赤ちょうちんの飲み屋「おかめ」の常連である佐之助、清十郎、弥十、仙太郎。この四人の一人に、愛想のいい商家の旦那ふうの伊兵衛が、大金強盗の押し込みを働く企てをもちかける。

闇の歯車の瑛太くんの写真、着物の着方もかっこいいなぁーって見てたらまげが曲がってることに気づいた。 まげが曲がってる理由って何なんだろ?ってネットで調べたら、当時の流行・おしゃれと出てきた✨ まげで、おしゃれ楽しむとかかっこいい #闇の歯車

『闇の歯車』読了。最近、ぽつぽつと藤沢周平作品を読み始めたのですが、今のところこれがベストヒット。おもしろい。

藤沢周平「闇の歯車」読み終わったー。同じ居酒屋に通う常連が押込み強盗のメンバーになるというストーリーが面白い。時代小説はあまり読まないけれど、ハードボイルドとかクライムノベルはわりと好きなので面白かったです。 #読書 #藤沢周平

◎『がっこうぐらし! 』 海法紀光(ニトロプラス)、千葉サドル

学校に寝泊まりしちゃおうという学園生活部で、シャベルを愛する(?)くるみ、皆をまとめるりーさん、おっとりした顧問のめぐねえらに囲まれたゆきの瞳に映る幸せな“日常"はしかし……!?

がっこうぐらし実写映画化するの知らなかったー!!ちょっと楽しみ!!絶対見に行く!

漫画『がっこうぐらし!』面白い! 1巻の地点でバザード後の話だけどゾンビがほぼ出ないのにヤベェ、ゾンビわかっているぅ…!と唸らされるのが、その”日常モノ”と絶望の境界線が如何に薄くて危ういかが面白さの肝に据えられているとこ。ゾンビモノならではだよねぇ~危うい平穏の怖さって

『がっこうぐらし!』 この・・・萌え漫画めっ! いえ、ゾンビ漫画です。 こいつら狂ってやがる・・・っ! しかし、登場人物みんなかわええなぁ←結局 一気に読むと、もう一度読みたくなる pic.twitter.com/2UDBs37j0A

1 2