1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

浜辺美波『映画 賭ケグルイ』も!「注目映画」予告解禁

注目映画の予告編(特報)7作品のまとめ。浜辺美波『映画 賭ケグルイ』、岸井ゆきの×成田凌『愛がなんだ』、柳楽優弥×小林薫『夜明け』、『ナビィの恋』の中江裕司監督最新作『盆唄』、寛一郎×山下リオ『君がまた走り出すとき』、ドキュメンタリー『世界でいちばん悲しいオーディション』、『ひかりの歌』。

更新日: 2019年03月11日

9 お気に入り 35747 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆『世界でいちばん悲しいオーディション』(2019年1月11日公開)

人気アイドルグループ「BiSH」「BiS」「GANG PARADE」「EMPiRE」が所属する音楽事務所「WACK」による合同オーディションに密着したドキュメンタリー。

歌、ダンス、マラソン、スクワット対決、人生ゲーム、ニコニコ生放送の24時間配信といった試練や、毎晩行なわれる脱落者発表に臨む様子が描かれる。

マラソン中に道に倒れこみ、涙を流し、叫び、厳しく叱責され、少しずつ本性がむき出しになっていく少女たちの様子を活写。自分自身を覚醒させ、憧れのアイドルへの階段を上っていく過程を生々しくとらえている。

プロデュースを担当した渡辺淳之介が「いいんだよ。周りが気になるとか知らねえよ」と厳しく言い放つ場面が収められた。

◆『ひかりの歌』(2019年1月12日公開)

「ひかりの歌」は、歌人・枡野浩一と杉田監督が、映画化を前提に開催した「光」をテーマにした短歌コンテストで1200首の中から選出した4首の短歌を原作とした長編映画。

高校で美術講師をしている詩織、ガソリンスタンドでアルバイトをする今日子、バンドでボーカルとして活動する雪子、写真館で働く幸子。都内近郊でそれぞれの生活を送る4人。

それぞれの孤独の中で生きる4人の女性を主人公に、時に静かに、やさしく包む光のように、4つの物語が紡がれる。

予告編には、各章で主人公を演じる北村美岬、伊東茄那、笠島智、並木愛枝が登場。

映画監督の諏訪敦彦氏からの「私は息を飲む。ああ、これは映画だったのだ。そして『ひかりの歌』は私たちのすべての生をそっと包み込んで歌う」というコメントがのったものに仕上がっている。

◆『夜明け』(2019年1月18日公開)

是枝裕和、西川美和が立ち上げた制作者集団「分福」に所属し、是枝、西川作品で監督助手を務めた広瀬奈々子の監督デビュー作。

秘密を抱える青年と初老の男の偶然の出会いから始まる人間ドラマ。

是枝監督作「誰も知らない」で見いだされて以来、活躍を続ける柳楽優弥がシンイチ役を務め、哲郎役は小林薫が演じる。

公開された予告編は、哲郎が川辺倒れていた青年を自宅に連れ帰り、名前を聞くシーンからスタート。

その後、仕事と住居を与え、家族同然に暮らしていく様子とその背後に隠された二人の秘密を示唆するような場面が続く。

1 2 3