1. まとめトップ

金沢大学附属中学校の偏差値や倍率と評判は高い?合格最低点や校風、教育方針は?カリキュラムの特徴

金沢大学附属中学校の偏差値や難易度はどれくらいか?倍率や合格最低点、校風と教育方針はどうなっている?学校のカリキュラムの特徴について書いてみました。

更新日: 2019年02月14日

0 お気に入り 1520 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

denkiirukaさん

金沢大学附属中学校の校風や偏差値は?

金沢大学附属の国立中学校で、正式名称は「金沢大学人間社会学域学校教育学類附属中学校」です。石川県有数の進学校であり、生徒の多くは県内のトップ高校に進学します。また、県外の有名私立校に進学する生徒も数名います。

金沢大学附属の国立中学校
教育研究と教育実習生の受け入れを使命とする
同キャンパス内に幼稚園、小学校、高等学校がある
附属小学校からの内部入学が4分の3程度を占める
65人程度の生徒が金沢大学附属高等学校に進学する

金沢大学附属中学校の偏差値はどうなっているのでしょうか?金沢大学附属中学校の偏差値は59程度あるので、難しいと言えます。石川県内ではかなり評判の高い中学校で、金沢大学附属中学校の難易度は高いので、しっかりと対策をしていきましょう。金沢大学附属中学校の偏差値がまず重要ですけど、それ以外にも倍率を知っておかないといけません。金沢大学附属中学校の難易度は高いのですが、さらには金沢大学附属中学校の校風や教育方針などについても知っておくべきと言えます。金沢大学附属中学校の偏差値は重要ですが、評判などに関する情報も調べて、そういった面からも学校に特徴を理解してほしいと思います。

金沢大学附属中学校の倍率や合格最低点は?

金沢大学附属中学校の倍率はどうなっているのでしょうか?金沢大学附属中学校の難易度を把握するうえでは、倍率は非常に重要です。しかし、金沢大学附属中学校の倍率については正確な数字を公表していないので、どのくらいの倍率なのか?というのは判断がしづらい状況です。金沢大学附属中学校の倍率が分からないと、難易度を正確に把握することは厳しいですけど、金沢大学附属中学校の偏差値などから判断することになると思います。恐らくそこまで極端に高いとは思えません。2、3倍程度までじゃないか?と思います。そして、金沢大学附属中学校の合格最低点も正確な数字は分かりません。金沢大学附属中学校の合格最低点も分からないのですが、過去問を解くときには合格最低点のような数字が重要になります。しかし、金沢大学附属中学校の合格最低点の情報は載っていないということで覚えておきましょう。金沢大学附属中学校の難易度は高いので、過去問でしっかりと対策をしてほしいと思います。

金沢大学附属中学校の教育方針やカリキュラムは?

自由闊達な気風の中で、広い視野と豊かな人間性を持ち、
将来、社会的使命を果たす生徒を育成する。

〔目指す生徒像〕
①自ら考え学ぶ生徒
②お互いに認め合い、助け合う生徒
③心身ともにたくましい生徒

本校は,戦後間もない,昭和24年4月,石川師範学校と石川青年師範学校に併設されていた中学校を統合し石川師範学校附属中学校として,現在二十一世紀美術館のある金沢市広坂の地に開校しました。その後,幾多の変遷を経て,平成七年に広坂から平和町に移転し,平成二十年に名称を金沢大学人間社会学域学校教育学類附属中学校と変更し,現在に至っています。
 その間,本校は一貫して,国立大学附属学校として,我が国の前期中等教育を進化発展させるための研究を行う重要な役割を担って参りました。研究の諸成果は,生徒に対する日々の教育活動に存分に活かされ,その先進性と高い水準を全国に発信してまいりました。こうした研究活動と共に,多くの教育実習生たちも受け入れ育ててきました。本校の実習を経て活躍している教員も相当の数にのぼっており,北陸三県を中心とした教育現場に大いに貢献してきたと自負しております。

現在本校は,国立教育政策研究所の研究指定(平成29・30年度)を受けて伝統文化教育の研究を進めているところです。この研究は,平成28年度までの3年間,本校が追究してきました”教科指導の中で”展開するESD(Education for Sustainable Development)の研究成果ー考え方,培うべき汎用的な力,教科等の横断などーを基盤としています。
 本校の卒業生の多くは,ご存じのように,国内外各方面において優れたリーダーとして活躍をしております。今年度も,学校教育目標の達成を目指しながらESDを基盤とした伝統文化教育研究を通して,将来,卒業生に続き,また彼らを越えて地球上の幸福と発展に貢献できる人間の育成を金沢大学附属中学校は目指していきたいと思います。

金沢大学附属中学校の教育内容の特徴はどうなっているのでしょうか?金沢大学附属中学校の評判に関してはそういった面が重要です。金沢大学附属中学校の校風や教育方針をチェックする意味でもこういった部分はチェックしておきましょう。金沢大学附属中学校の雰囲気なども理解できると思います。金沢大学附属中学校の偏差値はそれなりにありますから、対策はしっかりとやっていかないといけません。金沢大学附属中学校の出題傾向やレベルを把握するために、過去問を解いていきましょう。金沢大学附属中学校の出題傾向やレベルを分析して、そこから対策をしていきましょう。金沢大学附属中学校の難易度は高いですから、出題傾向やレベルをきちんと把握したうえで対策をして、受験をしてほしいです。

金沢大学附属中学校の評判や口コミは?

ほとんどが塾に行っているから、行っていない人は予習はしておかないとついていけないと思う。
テストは先生によってはクセが強い。
あと、プールが3回しかなかった。(1年間で)
質問もよくするが、ちゃんと教えてくれます。

先生方の全力のご指導により、生徒の多数を、日本海側トップクラスの名門校に輩出している。
また、美男美女が多い。また、ラグビー部を作ろうとする生徒もいた。しかし実現は出来なかった。
生徒が全員高レベルで切磋琢磨し成長している。

学校は何もしてくれません。附属生専用の塾もあり、ほぼ全員塾に通っています。統一テスト等の学校平均は、公立に比べ100点は上です。
勉強して当たり前の生徒たちで、ほとんどの生徒は附属高校が第一志望、泉丘高校はすべり止めと思っているので、友達に左右されやすい年頃の学習環境としては最高だと思います。
ただ、そこに付いて来れない子は非常に辛いことになってしまいます。

附属高校の定員の半分以上は附属中学からと決まっているので、附属高校進学には有利です。
附属高校に進めない下位約100人は、私立や公立高校に進むことになりますが、絶対評価とはいえ周囲のレベルが高く、単元テストのレベルも高い(&教師の個性が強いテスト)ので、公立中学より内申点の付け方が厳しくなる上、受験指導もないため、公立中学から受験するより確実に不利です。

金沢大学附属中学校の評判はどうなっているのか?チェックしておきましょう。金沢大学附属中学校の口コミをまずは見ておいてほしいです。こういった口コミをチェックすると、金沢大学附属中学校の雰囲気などが見えてくると言えるので、まずは金沢大学附属中学校の口コミを参考にしてほしいです。金沢大学附属中学校の評判としては進学状況なども気になるでしょう。金沢大学附属中学校の進学状況というのも学校の評判に関係するので、そういった点も調べたうえで受験をしていくようにしましょう。金沢大学附属中学校の評判はいろいろな情報を幅広く仕入れて、そのうえで金沢大学附属中学校の評判として把握してから、受験していくと良いのではないでしょうか?

1