現在本校は,国立教育政策研究所の研究指定(平成29・30年度)を受けて伝統文化教育の研究を進めているところです。この研究は,平成28年度までの3年間,本校が追究してきました”教科指導の中で”展開するESD(Education for Sustainable Development)の研究成果ー考え方,培うべき汎用的な力,教科等の横断などーを基盤としています。
 本校の卒業生の多くは,ご存じのように,国内外各方面において優れたリーダーとして活躍をしております。今年度も,学校教育目標の達成を目指しながらESDを基盤とした伝統文化教育研究を通して,将来,卒業生に続き,また彼らを越えて地球上の幸福と発展に貢献できる人間の育成を金沢大学附属中学校は目指していきたいと思います。

出典学校長挨拶 | 学校紹介 | 金沢大学附属中学校

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

金沢大学附属中学校の偏差値や倍率と評判は高い?合格最低点や校風、教育方針は?カリキュラムの特徴

金沢大学附属中学校の偏差値や難易度はどれくらいか?倍率や合格最低点、校風と教育方針はどうなっている?学校のカリキュラムの特徴について書いてみました。

このまとめを見る