1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

激ヤセ姿に驚愕!あの海外セレブたちが激変していた件

あの頃の面影が消えている!セリーヌ・ディオンやドリュー・バリモアなど海外スターたちが、めちゃ激変していた。

更新日: 2019年02月02日

10 お気に入り 138893 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

■タイタニック主題歌が大ヒット!歌姫の「セリーヌ・ディオン」

1997年の『タイタニック』など数多くの映画にサウンドトラックを提供し、また1996年のアトランタオリンピックの開会式で『パワー・オブ・ザ・ドリーム』を歌った。

マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」での<グラミー賞><アカデミー賞>W授賞を始め、グラミー賞5回、アカデミー賞2回など数々の音楽賞を獲得。

・そのセリーヌの激ヤセ姿が話題になっている

カナダの歌手セリーヌ・ディオンさん(50)が、最近の激やせぶりを批判されたことに対し、「放っておいて」とコメントした。

高級オートクチュールに身を包んだ姿はあまりに細すぎるという批判の声も飛び交っていた。

■映画「25年目のキス」で主演の「ドリュー・バリモア」

ドリュー・ブライス・バリモア(Drew Blythe Barrymore, 1975年2月22日 - )は、アメリカ合衆国の女優、映画監督、プロデューサー、実業家である。

4歳の時、「アルタード・ステーツ/未知への挑戦」で映画デビュー。82年、「E.T.」のガーティ役で人気を爆発させた。

・そのドリューが檄太りしていた

現在、第2子出産後の体重が落ちずに困っているというドリュー。

そのドリューだが、今年ダイエットの成功!

過酷なエクササイズで11キロ痩せたボディのビフォー&アフターも披露し、話題を呼んでいる。

懸命の努力によって3か月で25ポンド(約11キロ)痩せたことで「セレブだからといって、何もしないで美しくいられるわけではない」ことを証明した

■めちゃイケメンでかっこよかった!ミッキー・ローク

ミッキー・ローク(Mickey Rourke [rʊərk]、1952年9月16日[1] - )は、アメリカ合衆国・ニューヨーク州出身の俳優、元プロボクサー。

79年「1941」で映画デビュー。やがて81年「白いドレスの女」で注目され人気上昇

・そのミッキー・ロークは整形失敗で激変していた

91年にプロボクサーに転身するが、顔面の怪我がきっかけで受けた手術以降、整形が止まらなくなり、現在は全く別人のような顔立ちに変貌している。

2009年には、整形手術が失敗したとインタビューで語っている[6]。

ミッキーローク にビックリした〜 いやあれは別人じゃないのか?中に本人が入ってるんじゃないか?

ミッキーロークの若い頃が甘いマスクのイケメンだった。まるで別人!整形しまくってそうな顔つきだけど、それはそれで悪役が似合うね。

1 2

関連まとめ