1. まとめトップ

かっこいいオヤジキャラクター 親を乗り越えていく物語

現時の特徴は、凡庸な精神が、自己の凡庸であることを承知のうえで、大胆にも凡庸なるものの権利を確認し、これをあらゆる場所に押しつけようとする点にある。

更新日: 2019年07月23日

1 お気に入り 412 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

親を乗り越え、踏んづけて行く(MOTHER3)

ポケナイさん

初めに

バラン
範馬 勇次郎(はんま ゆうじろう)
毛利 小五郎(もうり こごろう)
星海坊主(うみぼうず)
ナギ・スプリングフィールド
オルテガ
パパス
シド
ガラフ
バロン
フィート
biim兄貴(おれのよめ)
変態糞親父(だれやねん)

かっこいいオヤジキャラクターを適当に紹介していきます。ネタバレ注意です。
竜騎士のランドセルなんてあるのか(困惑)。
あと、アゴタ・クリストフ『悪童日記』とは、何も関係ない(パンパカハーンではない)。

私が墓場に行かねばならぬ時、私の腕にはもう重い、我が子よ、汝我にかわりてこの槍を持て、という場合、ここにいる竜騎士をおいて他にはいない。そう・・・。そのまま飲み込んで。僕のゲイボルグ・・・。

バラン

守ってやったりは
しなかった・・・!!!

出典『DRAGON QUEST―ダイの大冒険―』三条陸 稲田浩司

『週刊少年ジャンプ』に掲載されていた三条陸 稲田浩二による漫画。
国民的ゲーム『ドラゴンクエストシリーズ』をもとにした漫画です。
実の父親が、敵として立ちはだかる。

範馬 勇次郎(はんま ゆうじろう)

強くなりたくば喰らえ!!!

出典『バキ』板垣恵介

板垣恵介の格闘漫画。名言(迷言)の宝庫。
最強の親子喧嘩が、今ここ始まる。

毛利 小五郎(もうり こごろう)

分からねぇな・・・どんな理由があろうと殺人者の気持ちなんて分かりたくもねぇよ・・・

出典『名探偵コナン』青山剛昌

言わずと知れた国民的アニメ『名探偵コナン』に登場するおっちゃん。
蘭の父親。眠りの小五郎。

星海坊主(うみぼうず)

どんな荒れ地にも
必ず毛は生える

出典『銀魂』空知英秋

『週刊少年ジャンプ』に掲載されていた空知英秋の漫画。
神威、神楽の父親。声優は速水奨。14年間、連載お疲れ様でした。

ナギ・スプリングフィールド

お前は
お前自身になりな

出典『魔法先生ネギま!』赤松健

『週刊少年マガジン』に掲載されていた赤松健の漫画。
この漫画を読むと、『山月記』で知られる中島敦を思い起こす。
“ねぎま男子”
草っぽさ(サクサク)と肉っぽさ(ガツガツ)の両方がバランスよくミックスされている。

オルテガ

こういっていたと つたえてくれ。
へいわな せかいに できなかった
この ちちを ゆるしてくれ・・・とな。

出典ドラゴンクエストⅢ そして伝説へ

1988年エニックスより販売されたファミリーコンピュータゲーム。
物語の佳境で、覆面パンツ男(父親)と再開する。
「ドラゴンクエストの新作が販売するのです。それはわたしにとって全てに優先されることです。」
『グラップラー我刃 外伝』

パパス

1 2