1. まとめトップ

寝スマホで命を落とす危険も!?イヤホン装着で感電死の可能性があった!?

スマホはとても魅力なので、イヤホンで音楽を聴かれる方も多いのではないのでしょうか?しかし、そんなスマホで音楽を聴く事で命を落としたなんてニュースが海外から舞い込んできました。基本的には寝ていたりお風呂に入ったりするときに、スマホで音楽を聴いてはいけないという事なんですよね。

更新日: 2018年12月10日

3 お気に入り 9328 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

スマホにイヤホンは日常的な光景だが…

音楽をより身近に楽しむための環境が増え、日常に少し楽しみが増えたという方もいるはず。

スマホ(スマートフォン)は、ポータブルプレーヤーとして手軽に音楽を楽しむことができます♪

スマホで音楽を聴く人が増え、スマホ用イヤホンのラインナップも増えてきました。

そんな音楽ライフをどこでも楽しむために欠かせないのがイヤホン。

そんな当たり前の光景で、重大な事故が起きました。

寝スマホが原因で、死亡事故が起きた

充電中のスマートフォンを使用したために感電死する事故が、世界中であとを絶たない。

マレーシアのヌグリ・スンビラン州ルンバウ近くに住むモハンメド・アイディル・アズザー・ザハリンさん(Mohammed Aidil Azzahar Zaharin、16歳)は、自宅の床の上で冷たくなっているところを母親(51歳)に発見された。

その多くは入浴中に充電しながらの使用というものだが、ブラジル北東部リアーショ・フリーオで今月18日に17歳の学生が死亡した事故はそうした状況ではなく、充電中のスマートフォンにイヤホンをつなげ音楽を聴いていた際に感電したことが原因と見られている。

また非常に強い電荷が原因で故障したと思われる、充電器に差し込まれたままのスマートフォンが彼女のそばに置かれていたのも同時に見つかった。

漏電を検知するブレーカーを備えている住宅なら、最悪の事態が避けられるかもしれないが、何もリラックスタイムに危ない橋を渡る必要はないはず。

入浴中も、睡眠中も油断しやすいく、ダメージが大きいのです。

家庭用コンセントで充電中の端末を湯船に落とすと、端末やプラグの隙間から、家庭用電流が湯船に流れ出ることになります。

風呂に入っていなくても、寝汗などで感電する危険性があるので、充電中に音楽を聴いてはいけません。

スマホにまつわる事故は結構多い

爆発するというニュースがしばしばあります。

オリッサ州ケリアカニ村に住むウーマ・オラムさん(Uma Oram、18)は3月16日、スマートフォンの爆発によって命を落とした。

『めざましテレビ』が、猛暑で続出しているという『スマホ火傷』について取り上げた
iPhoneは0~35度が適正な環境温度で、高温を感じると『高温注意』と表示される
猛暑の中では長時間使わなくてもスマホは高温になり、低温やけどを引き起こすことも

高低温やけどがあるので、注意しましょう。

古い機種でなくとも充電中のスマホの操作は、端末に負担をかけ故障の原因となるため控えるようにとなっている

また充電器についても粗悪な模造品でないか確認することも重要だろう

様々な声が

【お前らも気を付けろ】スマホでイヤホンを付けたまま眠った男性、感電死(マレーシア) sakamobi.com/news/sumaho-ka… こわっ…(;゚Д゚) pic.twitter.com/0VhCDXSpn3

朝起きたらパジャマに二箇所穴空いてた マミーに聞いたら、「イヤホンさしながら充電してるからでしょ。今度からやめなさい」って言われた。 これで感電死してる方居るみたい みんなも気をつけてね!? pic.twitter.com/pslJOCZIIP

1 2