1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

2度の延期に国外開催…「南米王者」がようやく決定

悪い意味で歴史に残る一戦となってしまいました。

更新日: 2018年12月10日

4 お気に入り 8970 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼性の高い報道と皆さんのツイートを基に作成しました。

manuronaldさん

■南米王者を決める「コパ・リベルタドーレス」

1960年に第一回大会が行われて以降、数々の名勝負を生み、世界レベルの名選手や次世代のスター候補選手も多く輩出。

■9日(日本時間10日未明)、決勝第二戦が行われた

現地時間9日、リベルタドーレス2ndレグが行われ、リーベル・プレートとボカ・ジュニアーズが対戦。

ボカが先制

先月11日に行われた1stレグは2‐2と、全くのイーブン(アウェイゴール2倍ルールが無い)で迎えた試合は、序盤から激しい展開に。

そして44分、ナンデスのスルーパスを受けたベネデットがゴール右隅に流し込み、ボカが先制して前半を折り返す。

リーベルも反撃

68分、右サイドをワンツーで突破したイグナシオ・フェルナンデスが折り返すと、ルーカス・プラットが流し込み同点に。

ついに決着

数的有利となったリーベルは108分、ゴール前でボールを受けたキンテロがゴール右上に強烈なシュートを叩き込んで逆転に成功。

ボカはテベスを投入して猛攻を仕掛けるも得点を奪えず、逆にリーベルがカウンターから追加点を奪った所で試合終了。

■リーベル・プレートが3年ぶり4度目の南米王者に輝いた

トータルスコア5-3で宿敵ボカを下したリーベルが、3年ぶり4度目のリベルタドーレス制覇を達成。

UAE・アラブ首長国連邦で来月12日から開催される「FIFAクラブワールドカップ」への出場権を獲得した。

リベルタドーレス史上初のスーペルクラシコはリーベルの勝ちや!!!!彡(^)(^)

浦和レッズが天皇杯に優勝し.......レアルマドリーがアウェイで勝ち.......今回応援していたリーベルがコパ・リベルタドーレス優勝って.......素敵な日曜日でした⚽️。Gracias a Fútbol ⚽️ .

キンテロ入ってイマイチだったリーベルが活性化しだしてマルティネスも良さでてきた。CFはポストプレーがうまくてキンテロのゴラッソお膳立て 最後はボールキープして時間稼ぎしていいなかシュートしていたのには? ボカは退場に怪我人にOT失点と最後はついてなかったね、残念 twitter.com/BleacherReport…

ボカからしたらリーベル優勝は納得いかないだろうな。没収試合にしてボカ優勝で良かったと思う。

■史上初めて決勝での“スーペル・クラシコ”が実現した今大会

1 2