1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

松本人志も審査員降板?騒動で注目されるM-1の来年に様々な声

霜降り明星が優勝した2018年の「M-1グランプリ」。が、放送後、とろサーモン久保田さんらの暴言騒動が話題に。さらに上沼恵美子さんが審査員を引退表明し、松本人志さんも審査員降板を示唆するなど、来年の放送にも注目が集まり、様々な声が寄せられています。

更新日: 2018年12月10日

7 お気に入り 47997 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

monet333さん

・霜降り明星が優勝した2018年の「M-1グランプリ」

霜降り明星、平成最後の『M-1』で史上最年少、初の平成生まれ王者に❗「次の世代を作っていきたい」お笑い界に新時代の予感 <審査員からも絶賛の声> oricon.co.jp/news/2124661/f… #霜降り明星 #せいや #粗品 #M1 #m1gp #M1グランプリ2018 @soshina3 @seiyasimofuri pic.twitter.com/isK4xdNsRd

“平成最後”の漫才日本一を決める『M-1グランプリ2018』(ABC・テレビ朝日系)が2日に生放送され、霜降り明星が優勝し、14代目王者に決定。4640組の頂点に立ち、賞金1000万円を獲得した

10組で争った第1ラウンドをトップで通過。最終ラウンドは優勝候補のジャルジャル、和牛との対決となったが、昨年から関西のお笑いレースで連続優勝して頭角を現したコンビが制した

上沼恵美子、松本人志、サンドウィッチマン富澤、立川志らく、ナイツ塙、中川家・礼二、オール巨人による審査の結果、霜降り明星が4票を獲得。第14代王者の称号と賞金1000万円を手にした

・が、放送後、とろサーモン久保田さんらの暴言騒動が話題に

2018年の『M-1グランプリ』(テレビ朝日系)で審査員を務める上沼恵美子に対して、とろサーモンの久保田かずのぶとスーパーマラドーナの武智が暴言を放った件が大きな問題となっている

昨年優勝のとろサーモン久保田かずのぶが審査員だった関西の重鎮・上沼恵美子に向かい「酔ってるから言いますけど、(審査員を)そろそろもうやめてください」「自分目線の、自分の感情だけで審査せんといてください」「お前だよ、一番お前だよ。わかんだろ、右側のな」とインスタライブで配信してしまった

久保田と武智が、インスタライブで審査員の上沼恵美子を批判する動画を流した(現在は削除)ことで、SNSアカウントが大炎上。2人は謝罪をしたが、まだまだ収まっていない

この度は私の不徳の致すところで、上沼恵美子さまに失礼極まりない言動をしてしまい申し訳ございませんでした。今後は二度とこのような事がないよう深く反省しお詫び申し上げます。

昨日の僕の醜態について、上沼恵美子さん、 M-1に携わる方々、すべての方々にお詫びしたいです。申し訳ございませんでした。

・さらに上沼恵美子さんが審査員を引退表明

また、2人の発言を受けての言葉かどうかは不明だが、3日には上沼さんが自身のラジオ番組で、M-1審査員の引退を発表したことも騒動に拍車をかけた

上沼は12月3日放送のラジオ番組『上沼恵美子のこころ晴天』(朝日放送ラジオ)内で、「私みたいな年寄りが、あんなところにちょこんと座って偉そうにしてる場合じゃないんですよ。だから私は引退します、審査員を」と突然の引退を宣言

また上沼は、12月8日、大阪読売テレビで行われた冠番組「上沼・高田のクギズケ!」の収録に参加。久保田と武智が上沼に対する暴言をSNS配信した騒動に関して、「興味ない」と一笑に付した

上沼恵美子のM-1審査員引退についてだが、上沼さんはまだ真っ当に軸を持って漫才を見ていた方で、引退して空いた席には別の芸人が入る。 その人が上沼さんより「まともに」漫才を評価できるとは思えない。

とろサーモンの久保田とスーマラの武智のインスタ受けてか上沼恵美子が言い返さず審査員引退するの1番怖えじゃん いつもうるさい人が静かな事ほど怖い事はない 特に自分の番組にたくさん芸人出してる人だからね 喧嘩売るなら相手見なよw

・加えて松本人志さんも審査員降板を示唆する

ダウンタウン・松本人志と東野幸治が9日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)に出演。久保田と武智がインスタライブにて上沼恵美子に暴言を吐いた件について、自身の考えを明らかにした

2人に対して「彼らは何より勉強不足ですよね。上沼さんという人がどれだけの人か、本当にわかっていない。勉強不足だし、勉強が不足しているということすら勉強できていない」と厳しく叱責した

また番組の性質上、今回の騒動はどうしても触れなければならないため、「本当は休みたかった」と松本。「上沼さんがいなくなったらオレも考えるからね」と審査員降板も示唆していた

松本は、島田紳助に声をかけられて『M-1』の審査員を務めるように。そのためか、2004年に紳助が暴行事件を起こして謹慎中だった時には松本も出演しなかった過去が。上沼はラジオ番組でこの騒動を知る前に来年の審査員降板を明らかにしていますし……松本が来年の審査員を辞退する可能性もある

松本人志がm-1の審査員辞めちゃったら、間違いなく出演者のモチベーション一気に下がると思う。

・こうしたことから来年の「M-1グランプリ」の放送にもさまざまな声が寄せられている

▼上沼さんに審査員を続けて欲しい

1 2