1. まとめトップ

なぜ「糖質制限ダイエット」が成功しやすいのか?

これからダイエットを始めたいけど、どんなダイエットをすればよいのか迷ってる人へ。私は糖質制限ダイエットを強くお勧めします。この記事では、なぜ糖質制限ダイエットが効果的で、リバウンドしにくいダイエット方法なのか、心理的な視点から簡単に説明してます。キーワードは「頑張ってはいけない」です。

更新日: 2018年12月13日

5 お気に入り 8907 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

朝バナナダイエット、ウォーキング、8時間ダイエットとさまざまなダイエットに挑戦してきましたが成果は出ず、ダイエットにチャレンジするたびにリバウンドを繰り返し、気づいたら体重は125kgになっていました。しかし糖質制限ダイエットにチャレンジした結果、1年間で約40kgの減量に成功しました。

ダイエットの簡単な考え方

1日の消費エネルギーが1日の摂取エネルギーを上回った場合には、貯蓄してあった体脂肪を分解して不足分のエネルギーに充当します。
コレを意図的に行う方法が「ダイエット」というわけですね。

つまり「消費エネルギー>摂取エネルギー」の状態を続ければよい。
簡単ですよね。

理屈は簡単なのに、なぜ失敗するのか?

痩せる痩せる言ってダイエット続かないし嫌なことあると食べてしまう

ダイエットしたいけど 続かない。ダイエットした人 いませんか? 誰かダイエット法を教えて ください←自分でしらべろ

なかなか続かないダイエット、あたしは「肩甲骨ダイエット」・・・10日で諦めたの

答えは簡単
『続けられないから』です。
理論上、「消費エネルギー>摂取エネルギー」をずっと続けることができれば、ダイエットは成功します。しかし多くの人は続けることができないのです。

ではなぜ続けることができないのか、次の項で説明します。

なぜ続けることができないのか?説明する前に、、、

なぜ続けることができないのかを説明する前に、心理学者セリエの「ストレス反応モデル」を簡単に説明します。

なんだか難しそうと思ったそこのあなた!ややこしい話は抜きにして、めちゃくちゃ簡単に説明しますのでついてきてくださいね。

この図を見るだけで、もう読みたくないと思ったあなた!
これを理解するだけで、ダイエットの成功確率がグンッとアップするので、どうかついてきてください!!

理解するポイント3つ

①.警告反応期とは要するに『ストレスを感じた時』のことであり、この時に人は「ストレスには負けないぞ」と、抵抗力を上げ頑張ろうとする。

②.抵抗期とは要するに「ストレスに耐えてる時」のことであり、この時に人は高まった抵抗力を維持しようとする。(この時に不眠などの症状が現れることもある)

③.疲弊期とは要するに「ストレスに負けた時」のことであり、高まった抵抗力の分のダメージを受けてしまう。(この時にうつ病などを発症することもある)

上記①~③の流れをまとめると、人はストレスを感じたとき(①)、一定期間は頑張ることができる(②)が、結局ストレスに負けてしまう(③)ということである。

以上、セリエのストレス反応モデルの説明でした。
ついて来てくれてありがとうございました!思ってたより簡単でしたよね?笑
次項では、このモデルをダイエットに当てはめていきます。ゴールはまもなくです!!

なぜ続けることができないのか?

前項のセリエのストレス反応モデルをダイエットに当てはめて考えてみましょう!

何も考えずにダイエットをすると、食事制限や運動などでストレスがかかります(警告反応期)。

しかし痩せたいという想いからストレスを跳ね除け、何とかダイエットを頑張って続けようとします(抵抗期)。

しかしストレスには勝てず結局挫折し、頑張った分以上に暴飲暴食しリバウンドしてしまいます(疲弊期)。

これがダイエットが失敗するメカニズム、そしてリバウンドするメカニズムでもあります。

要するに「あなたが頑張り続けなきゃいけないダイエット」は、絶対に失敗します。
なのでダイエットをするにあたって一番大事なことは「頑張ってはいけない」ということなのです!!

世の中のダイエットの多くは挫折するようにできている、、、

最初に述べましたが、ダイエットの理屈は簡単で「消費エネルギー>摂取エネルギー」の状態を維持し続けることです。
「消費エネルギー>摂取エネルギー」を考えるとダイエットは2種類に大別することができます。

①消費エネルギーを多くすること
これは、簡単に言うと運動するということです。しかし運動好きでない限り、どうしてもストレスがかかってしまいます。その結果、頑張ってしまい挫折してしまうのは目に見えてます。

②摂取エネルギーを少なくすること
これは、簡単に言うと食事制限です。これもやり方を間違えれば、ストレスがかかってしまいます。例えば、野菜以外食べないなどのダイエットです。こういうのも結果的に頑張ることになってしまい挫折します。

つまり①の消費エネルギーに注目したダイエットはほぼ確実に挫折への道をたどり、②の摂取エネルギーに注目したダイエットは、何も考えずにやると挫折へとつながります。世の中にあるダイエットの多くは、頑張った結果挫折するものなのです。

ではどんなダイエットが挫折せずに続けられるのか?
答えは「頑張らなくていいダイエット」です

糖質制限ダイエットはどんなダイエットか??

糖質制限ダイエットは、前項の分類では摂取エネルギーを少なくすることに注目したダイエットといえます。しかし、何も考えずにやる摂取エネルギーに注目したダイエット(断食など)と異なる点は「食べてもいい」ということです。この違いがダイエットを成功に導くのです。

糖質制限ダイエットにも色々なやり方がありますが、共通して言えるのが糖質が低いものは、たんぱく質が高くても、脂質が高かくても、もっと言うとカロリーが高くても、「いくらでも食べていい」ということです。

「えっ!?カロリーも気にしなくていいの??」と思われた方もいるかもしれませんが、答えはYESです。カロリー≠糖質なので気にする必要はまったくありません!私もカロリーを気にしませんでしたが、ダイエットに成功しました。

「糖質が低いものならいくらでも食べていい」と考えると、凄く気持ちがラクになりますよね。だって世の中には糖質が低い食べ物なんていくらでもありますよ!

糖質制限ダイエット中に食べられるもの

これだけの種類のものを「いくらでも食べてもいい」と考えると、まずストレスはかからないでしょう!!

糖質制限ダイエットは、頑張らなくていいダイエット

前項で紹介したように、糖質制限ダイエットは「食べられるものが多いダイエット」なのです。
そして、摂取エネルギーに注目したダイエットで最もストレスになることは「食べられないこと」なのです。しかし、糖質制限ダイエットにはそのストレスがない。

つまり糖質制限ダイエットを実践することで、あなたは「ストレスがかかり頑張る」ということがないまま(セリエのストレス反応モデルに当てはまることがないまま)「消費エネルギー>摂取エネルギー」の状態を維持することができ、ダイエットの挫折ルートから外れることができるのです!!

要するに糖質制限ダイエットは、「ストレスフリー」で「頑張らずに」行うことのできるダイエットなのです。これこそが、糖質制限ダイエットが成功しやすい理由なのです。

あなたがもしダイエットを始めようと思っているなら、糖質制限ダイエットを一番にオススメします!!「頑張らずに」成功しましょうね!!!

1