1. まとめトップ
  2. 雑学
17 お気に入り 14713 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

canty0628さん

▼今、注目されている暴言騒動

とろサーモンの久保田かずのぶ(39)とスーパーマラドーナの武智正剛(40)が打ち上げの様子をSNSで中継。

「酔ってるからっていうのを理由に言いますけど、そろそろもうやめてください」と発言。さらに「お前だよ、一番、お前だよ。分かんだろ、右側のな!」と突きつけ、審査員席で一番右側に座っていた上沼を暗に批判。

さすがにこれは言い過ぎ。干されてもおかしくない。 とろサーモン久保田&スーマラ武智、ツイッターで上沼恵美子へ謝罪「失礼極まりない言動」(オリコン) - Yahoo!ニュース headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181204-… @YahooNewsTopics

とろサーモン久保田は上沼恵美子の悪口言っても去年の勝者やし 後輩のためを思って言ってるって解釈もできなくないが それ聞いてスパマラの片方が好き勝手言い過ぎやねん ただの負け惜しみだし 上沼恵美子じゃなくてもスパマラは勝てないぞ

とろサーモン何があったんやと調べたら…… 私も上沼恵美子は好きじゃないけど、あれは言い過ぎやな M-1も殆ど見たことないけども

▼こういった暴言の投稿は誰でも起こりうること

Facebook、Twitter、2ちゃんねる…。スマートフォンの普及もあって、こうしたSNSや掲示板を利用する人はますます増えてきている。

インターネットをはじめとした情報通信技術の発展により、だれもが自分の表現したいことを簡単に発信できるようになりました。

不特定多数が閲覧可能であり、内容によっては予想外の誤解を与え、さらには違法行為と判断されて、本人のみならず他人や団体に多大な迷惑・被害を及ぼす可能性や、個人の名誉を損なうおそれがあります。

▼とある調査によると

米国で行われた調査では、インターネットユーザーの3人に1人が、自分のつぶやきや投稿を後になって悔やんだ経験があることが分かった。

調査は1000人を対象に実施。ネット上へのつぶやきや投稿が、結婚生活や恋愛関係の破たんにつながったという人は3%、後に職場や家庭で問題になった経験がある人は6%だった。

感情的になってしまった時にインターネット上に書き込みや発言をしようとすると、あとで絶対後悔すると思いますぅぅぅ 1度ネットに上げたものは消せない

しかしネットには後悔する書き込みが絶対に増える 後悔先に立たずを体現するだろう

▼では、こういった事を防ぐために心得ておきたい事

人と接するとき、電話で話をするとき、手紙を書くときなどにもマナーがあるように、インターネットの世界にも守るべきルールやマナーが存在します。

インターネット上で起こり得る人権侵害について理解を深め、ルールやモラルを守って利用することが大事です。

▼大事な事は感情的にならない事

1 2