1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

即位10連休法案は、利点だけでなかった!!様々な不安の声が

来年5/1にいよいよ皇太子殿下が即位されます。それをお祝いするように、来年限りの10連休が法案で決まりました。大抵の人は喜んでいますが、ゴミの問題や公共機関の問題等様々な不安の声が挙がっています。それに加えて、ITの不安もあって、是非その不安を取り除いてほしいですね。

更新日: 2018年12月12日

10 お気に入り 32838 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

即位10連休法案で、来年は10連休だ!!

皇太子さまが天皇に即位される来年5月1日などを1年限りの祝日とする法律が、参議院本会議で共産党を除く各党などの賛成多数で可決・成立しました。これを受けて、来年は4月27日から5月6日まで10連休となります。

この法律は、天皇陛下が来年4月30日に退位されるのに伴い、皇太子さまが天皇に即位される翌5月1日と、即位を内外に宣言する「即位礼正殿の儀」が行われる来年10月22日を、1年限りの祝日とするものです。

参院内閣委員会は6日、共産党以外の賛成多数で可決。医療機関や保育施設などの長期休業が国民生活に支障を来すことがないよう政府に対応を求める付帯決議を全会一致で採択した。

報道を受け、ネット上では「貯金しとかねーと」「最高すぎる」と喜びの声があがった。4月から5月にかけての過ごしやすい時期に10連休もあれば、レジャーなど十分に満喫できるだろう。

来年のGW10連休が確定しましたね!さぁさぁ、どんな10連休を過ごしましょう。今のうちから楽しみです。 www3.nhk.or.jp/news/html/2018… #10連休 #GW

しかし、一方で「地獄」と悲鳴をあげる人も。ツイッターでは「サービス業」がトレンド入りし、「嫌がらせでしかない」「殺す気かよ」と怒りの声が相次いでいる。

そのほかにも問題と不安があるそうです。

ゴミや公共機関の問題が心配される

自民党の岸田文雄政調会長は11日、首相官邸で開かれた政府・与党連絡会議で、来年4〜5月に予定される10連休の際にごみ収集・処理などが停滞しないよう対応に万全を期すことを求めた。

これを受け、ごみ処理のほか医療や金融など多方面への影響を懸念する声が出ている。

需要が短期間に偏ると、サービス業の人手不足が更に深刻になります。宿泊施設やコンビニのような店舗など、既に人手が足りない業界は、さらに人件費高騰と人手の確保問題という2つの頭の痛い問題を抱えることになります。

毎年の連休でもそうですが、ゴールデンウイークの前後の週には外来患者が増える見込みで、混乱が懸念されます。

IT面の心配も盲点とされる

元号が変わるので、システム上のトラブルは必ずあるはずです。

システムエンジニアやプログラマーたちからすると、別の意味で歴史的な1日となるかもしれません。
改元(年号が変わること)によって、膨大な量の作業と向き合わなければならない可能性があるのです。

エンジニアが不足して、混乱に対応できない可能性もあります。

この場合、公的機関や金融機関などをはじめとするシステム変更に使える時間は非常に短くなります。急ピッチで行わなければならないでしょう。

+10連休がのしかかります。

前回の改元である昭和から平成への変更の際もそれなりに困難がたくさんあったことと思いますが、ITという言葉もインターネットもまだなかった30年前に比べて、コンピュータに頼る業務が格段と増えている今日、その対応の難易度は非常に高いものと想像されます。

業務時間中は連続して運用されるものなので、不具合やシステムトラブルによる休止などが発生すれば、多くの人の業務や予定が止まってしまうばかりか、それだけで数億円規模の損失が生じる場合もあります。

頑張って欲しいですよね。

様々な声が

10連休つくるよりさっさと新元号発表して印刷業とSEの負担減らしてあげてほしい

1 2