1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

前澤氏のプロ野球参入の夢いったん白紙に…今後のスポーツビジネス参入はどうなるか?様々な意見が

前澤氏がプロ野球参入を表明して久しいのですが、いったん白紙にする事になったようです。様々な人々との話し合いの結果だそうですが、今後アプローチは続けいくようで、もしかしたらサッカーに参入したり、独立リーグから始めるかもしれませんね。様々な意見があります。

更新日: 2018年12月12日

5 お気に入り 6481 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

前沢氏は新球団を買う事を考えていた。

みんなで作り上げる参加型の野球球団にしたい」とツイート。「シーズンオフ後に球界へ提案するためのプランを作ります。皆さまの意見も参考にさせてください」と明かしていた。

球団経営について聞かれた同氏は「今日の時点では言えませんが、動いていますし、言える時が来たら言います」とだけ語っていた。

しかもこれから将来的にそういうこともしたいね…くらいの夢を語った話と思いきや、「シーズンオフ後に球界へ提案するためのプランを作ります。」と、これは割とガチなやつのようですよ。

同社長は2016年にロッテの本拠地の命名権を取得し「ZOZOマリンスタジアム」と名付けており、球団保有の夢はロッテの買収劇か、ロッテにかかわらず既存の球団を買収するのか、それとも新球団を作るのか、前澤社長の動向について注目が集まっていた。

繋がりはあったのだ。

前澤氏の総資産は3000億円を超えると言われており、「ZOZO」の時価総額も1兆円以上で、参入資金での不安はなく、球団保有への道を探っていた。

しかし今回一旦断念する事になった

野球少年だった自分が、生まれ故郷千葉を代表する球場に「ZOZOマリンスタジアム」としてネーミングの協力ができること自体が奇跡です。もっと夢を拡げて球団保有も想像しましたが、今回は努力と勉強不足でした。夢は夢として諦めず持ち続けたいと思います。

大手ファッション通販サイト・ZOZO TOWNを運営するZOZOの前澤友作社長が11日、自身のツイッターを更新し、夢として掲げていたプロ野球の球団保有について「いったん断念することにしました」と報告した。

しかし、約5ヶ月の時を経て「複数の球団オーナー様や野球関係者様との面会を通し、球団保有の可能性を探ってきましたが、近々での球団保有はいったん断念することにしました」と報告。「

しかし今後も球団へアプローチをしていくらしい

夢はあきらめない!!ロッテでなく、別の球団をいずれアプローチする可能性があるかもしれません。

複数の球団オーナー様や野球関係者様との面会を通し、球団保有の可能性を探ってきましたが、近々での球団保有はいったん断念することにしました。すでにその旨をNPB斉藤コミッショナーにも公式にお伝えしております。残念ですが引き続き別の形で野球界に対する応援ができればと思います。

サッカーに参入するかも?

「今回は努力と勉強不足でした。夢は夢として諦めず持ち続けたいと思います」と記した前澤氏。ネット上では「時間をかけていけば扉は開けると思います」、「またチャンスが来ると思います」と応援する声が挙がった。

また、「サッカー界もお願いします」、「女子プロ野球チーム立ち上げはいかがでしょう」など、他のジャンルに参入を期待するコメントも相次いだ。

様々な声が

前澤社長が球団を諦めてしまうなんて…。つらい…。ZOZOタウン大好きっ子としてつらい…。確かに社長の人柄と剛力の腹黒で「ZOZOタウンの商品すべてが大阪のアニマルプリント服」みたいなダサさをまとってはきているけれど、便利だし…。社長…参入じゃなくて買収しよう…!7000億円で西武を買おう…!

前澤社長球団持とうとしたのか、前にホリエモンもやったんだか、やろうとしたりはあったよね?

@yousuck2020 前澤さんの球団を保有したいという夢が、いつか叶う日が来る事を願ってます。もし球団を保有する事になったら、絶対に千葉県を本拠地にして下さいね。

複数の球団オーナーと面会したのか。 てことは、当然ロッテともだよね。 前澤さんは少なくとも本気で考えてたんだなと。 >RT

1 2