1. まとめトップ
  2. 雑学

知らなかった…「犬の目をみてはいけない」というのは本当なの?

専門家から「犬の目をみていけない」という話が出ています。その真偽と理由についご紹介します。

更新日: 2018年12月12日

28 お気に入り 97217 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼のおける情報を元に作成しています。

■わんちゃんの目は可愛いからつい見てしまいますよね

ついつい見てしまう 「犬の目を見てはいけない」敵意があると見られ不要な攻撃を生む #ldnews news.livedoor.com/article/detail…

犬にとって目を見る=喧嘩売ってる らしいんだけどな  実家のわんこがただでさえかわいいのにお目目なんてとくにくりくりで最高に可愛いのでつい見つめてしまう わかっててもやってしまう

お店の駐車場で隣の車内にわんこがひとりお留守番してるの見ると写真撮りたくなるけど我慢して見つめてしまう。 ご主人待ってるわんこ可愛い

にゃんこでも、わんこでも、もふもふしたい!もふもふしたすぎて町中歩いてたりすると見つめてしまう…!!

■しかし、犬の目をみてはいけない!らしい

犬のしつけや犬との接し方に関する本などには「犬の目を見てはいけない」と書かれていることが

本来犬は目を合わせるどころか、目をそらすことの多い生き物

初めて会う犬や飼い始めたばかりの犬には、目を見つめずに接するようにしましょう。

■いったいなぜ犬の目をみてはいけないのか?

犬は見つめ合うことが苦手で、犬社会では相手の目をじっと見ることは敵意を表します。

人間でいうと睨む行為に近いといえます。この場合の犬はとても緊張しており、険しい表情で歯はむき出しになっていることが多い

犬の場合、一瞬目が合っても通常であればそらすのが基本的なマナーであり、そのまま目を合わせ続けるのはにらんでいるのと同じ

■人間でいう「ガンを飛ばす」という行為と同じみたい

犬は本来、敵意を感じる時に目を合わせることによって「ガンを飛ばします」。犬の気持ちとしては、ケンカを売ったり、買ったりするのが理由

本来犬は「目を合わせない」行動で相手に「敵意がない」ことを伝えようとします。しかし、犬が怒った目で見つめるのを止めない場合は「こちらも敵意がある」というメッセージ。

かわいいからといって犬の目をじっと見つめてしまうと、犬は「ケンカを売られている」と勘違いしてしまうかもしれません。

■なので、特に「慣れていない」わんちゃんと触れ合う時には注意が必要

特に初対面の犬や人に対して不信感を持っている犬などに対しては目を見つめるのはNG。

初めて会う犬や飼い始めたばかりの犬には、目を見つめずに接するようにしましょう。

犬との間にしっかりと信頼関係が築かれていれば、犬と見つめ合ってもそれはコミュニケーションの一環になりますが、信頼関係が十分でない犬の目はじっと見つめないようにしましょう。

■とはいっても、愛情表現のこともあるみたい

飼い主など信頼している人に対してアイコンタクトをとり、じっと目を合わせることがあります。愛情を伝えるために目を見つめている

犬がじっと目を見つめる行為は愛しているという言葉の代わり。お互いに見つめ合うと、体内からオキシトシンというホルモンが分泌され、それがさらに絆を深めていく

1 2