1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

pierce007さん

目次

・渡辺直美さんに学ぶ健康的な太り方
・痩せたい願望が摂食障害を患う!
・痩せている人がもっと痩せたいと思う謎?
・男は痩せている女性が好きか?
・最期に、見た目プラス内面の美しさを!

▼渡辺直美さんに学ぶ健康的な太り方!?でも痩せたい?

「どんな体型でもファッションを楽しめる素敵な時代になりました」とコメントを添えて、14日にリニューアルオープンしたグッチ青山のパーティーに参加したことを報告した渡辺さん。

人生でマックス数値だという自身の107kgのボディーについて、「デブキャラの人が急に痩せたら気にされちゃうかなぁと思うんですが、私も30歳を超えましたので徐々に…。お相撲さんのように、太っているけど筋肉みたいな感じでいけたら」

渡辺直美さんが挑戦したもずくダイエットの結果はダイエット26日目にして 89.7kg(-5.2kg)体脂肪43.5%(-5.1%)#美容

インスタグラム2018年最も輝いた著名人は渡辺直美! トレンド部門は今田美桜が受賞(篠原修司) ift.tt/2QLPQ8v pic.twitter.com/cMzpqKi61s

渡辺直美さんがビューティーパーソンオブザイヤー2018を受賞された事を知って、ほんとに時代が変わったなと思った。

▼痩せたい願望が摂食障害を患う!

やせるために食事量を制限しますが、その反動として過食する方もいます。その場合、嘔吐や下剤の大量使用などにより体重が増えるのを防ぎます。神経性無食欲症・拒食症などと呼ばれてきましたが、必ずしも食欲が無いわけではなく、また過食が見られることもあることから、神経性やせ症という新しい病名が提唱されています。

拒食症をPTSDのような障害としてみる治療者は少ないが、著者の実感では、拒食症はPTSDとほぼ同様の発症プロセスをもち、強迫性障害やPTSDのように不安障害とみたほうが現実の治療に即しているという。「安心することによって摂食障害は治っていく」という強い信念のもと、治療者の仕事の目的は「安心の提供」であると位置づけて、本書では、患者のもつ「不安」に注目しつつ摂食障害の治療の実際を述べてゆく。患者に対する視線が限りなくやさしい本である。

頭の中はカロリーや太る恐怖でいっぱい。毎日辛くて苦しい。本当は炭水化物も肉も、お菓子も前みたいに’普通’に食べたいのに…。

▼痩せている人がもっと痩せたいと思う謎?

なんとダイエットについて200人のアンケートからわかったことは、

・女性の81%は もっと痩せている体型にしたい
・女性の19%は このままでいい・・・
という痩せている体型にしたい女性が8割を超した結果となりました。

私がこれまでカウンセリングしてきた日本人女性の悩みで、ダントツで多いのが「痩せたい」という悩み。驚くべきことに、そのほとんどは痩せる必要のない人たちです。痩せなければいけないどころか、不健康なほど痩せているのに「もっと痩せたい」と本気で悩んでいる女性も……。

内側から輝くためのライフスタイルを提案しつづけるエリカ・アンギャルが、
今回、メンタルから美しくなるための方法を一冊にまとめました。
日々の考え方とは、いわば心への栄養です。
本書では、日本人の狭い美の価値基準から自由になり、世界で一人しかいない自分を大事にするための考え方のコツ、
エクササイズ法を具体的に提案します。たとえば――

周りを見回しても、すんごい太った人ってそこまでたくさん見ないですよね?
だけど「痩せたい」と願う女性がとっても多い国、日本。
不思議ですね~。

体重には、適正体重・美容体重・モデル体重の3つがあります。

・適正体重(BMIが22)
適正体重は見た目重視ではないのでポチャっとして見えますが、最も健康とされている値です。細いとも太いとも判断がつかない体型です。

・美容体重は(BMIが20)
健康的かつ見た目も美しいと言われるのが美容体重。「健康的に引き締まってる!」などと言われる場合は、この体重の人が多いです。

・モデル体重(BMIが18)
見た目にはっきりとわかるくらい細いのがこの体重。個人差はありますが、心配されることもあるかもしれません。

例えば、身長160cm・体重50kgの人の場合、BMIは19.53となります。
この身長の適正体重は56.32kgで、美容体重は51.2kg、モデル体重は46.08kgです。

・男は痩せている女性が好きか?

男性がこだわる女性の外見要素で「ぽっちゃり型か痩せ型か」は、盛り上がる話題の1つです。今回はそれぞれの男性心理を分析。ぽっちゃり好き男と痩せ女、痩せ好き男とぽっちゃり女の相性改善法もご紹介します。

今回は女が知りたい究極の疑問とも言える「デブVS痩せ女子どっちが好き?」を男性陣に聞いてみた。ずっと気になっていた“その答え”を探してみてほしい。

・最期に、見た目プラス内面の美しさを!

アラサー女性のみなさん。若い頃はただ見た目を磨いていれば良かったかもしれませんが、これからは内面にも磨きをかけていかなくてはいけません。それがあなたの見た目や印象を大きく左右するからです。


内側から輝くために必要な心得をご紹介します。

1、ありのままの自分を受けとめる
2、感謝を口にする
3、好きなことを極める
4、「今」に目を向ける
5、何でも「試し」にやってみる
6、時間を大切にする
7、完璧を手放す

「内面の美しさ」を手に入れる10の秘訣

01.情熱を持つこと
02.化粧をするのは自分のため
03.脚光は求めない
04.言葉づかいは上品に
05.ひとりでも平気
06.余計なことは話さない
07.思いやりに溢れている
08.新しいことに物怖じしない
09.自分の考えを持っている
10.オーラを身に纏っている

俺は男だから妊娠出産はしない。ただ、女性が子供を産むたびに美しくなっていく様は見ている。たぶん女性自身では気づかないかもしれないけどしなやかでタフに美しくなる。それは内面的な変化であってデドックスではない。子供は排泄ではないからだ。 pic.twitter.com/1u2aB4L6UO

1 2