1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

canty0628さん

▼俳優としても活躍の場を広げる

サッカー選手を目指していたがケガで挫折したことをきっかけにギターにのめりこみ、インディーズバンドでの活動を経て2002年にソロデビュー。

2014年12月25日公開(2016年2月日本公開)のアンジェリーナ・ジョリー監督映画『不屈の男 アンブロークン』で、俳優としてデビュー。

なんとX JAPANのhideと共演!?

1998年の「ピンク スパイダー」の原曲を、縦型動画のフォーマットを利用して、2018年現在にふさわしい形でコラボレーションを実現。

ホログラムや視覚効果を利用したユニークな表現を行い、現代から未来に向けたコンテンツを制作した形となっている。

MIYAVIは同MVに対して「この楽曲をこのような形で、この時代に甦らせることができて、本当に光栄に思います。

時代を超えても色褪せない楽曲、新しい世代、次の世代の人達にも届けられればと思います。彼が僕たちに残してくれたメッセージ、改めて感じて欲しいと思います」とコメント。

凄いリスペクトを感じた。 まずこの曲が20年前の曲って事が信じられない。歌詞自体現代にも当てはまってる 後世に残すっていうのはこういう事なんだな。 まじで度肝抜かれた! 「Pink Spider (Remix) / MIYAVI vs hide」Music Video youtu.be/TszpjJWHz80

▼歌って踊れるアーティスト

Folder のメインボーカルとして1997年にデビュー。2005年3月にシングル「Keep It Goin' On」でソロ・デビュー。

作品ごとに成長を続け、類まれな歌唱力とリズム感で多くを魅了し、“和製MJ”と呼ばれることも。

新曲のMVでは即興ダンスを披露

映画の中でも闘いの舞台となっている“氷の世界”をCGで表現し、氷に閉じ込められながらも、それらに負けずに自己を表現していく姿が描かれている「Blizzard」。

サビの部分でその氷を割り、自らが解放されるシーンでは、歌詞に込められた“自分自身を超えていく”というメッセージを視覚的に表現。

敢えて振り付けをせず、歌詞や楽曲の世界観から出てくる即興のフリースタイルダンスを披露している。

三浦大知のダンスはまるでフィギュアスケートを見ているようだな。ビートに乗ったキレがすごい。映像に映ってるのはたった一人なのにこんなカッコ良く見えるとは。 三浦大知 (Daichi Miura) / Blizzard (映画『ドラゴンボール超 ブロリー』主題歌) youtu.be/YqllOJ7ut10

▼ミスチル桜井とのコラボも話題の

2003年8月から2004年末まで「世界一周の旅」へ出る。帰国後の2005年4月からナオト・インティライミ名義の活動を開始。

1 2