1. まとめトップ

人気漫画「斉木楠雄のΨ難」が実写化! 山崎賢人が強烈キャラを熱演する映画「斉木楠雄のΨ難」とは?

「週刊少年ジャンプ」にも連載されテレビアニメ化もされた映画「斉木楠雄のΨ難」。今回は山崎賢人が主人公を演じる「斉木楠雄のΨ難」をご紹介します。

更新日: 2018年12月26日

1 お気に入り 1272 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

「週刊少年ジャンプ」にも連載されテレビアニメ化もされた映画「斉木楠雄のΨ難」。今回は山崎賢人が主人公を演じる「斉木楠雄のΨ難」をご紹介します。

2665novさん

斉木楠雄のΨ難とは?

「週刊少年ジャンプ」連載でテレビアニメ化もされた人気漫画を、「勇者ヨシヒコ」シリーズや「銀魂」を手がけた福田雄一監督のメガホンにより実写映画化。

とてつもない超能力を持っているが、その力を隠して目立たずに、誰にも干渉されない普通の生活を望む高校生の斉木楠雄。
しかし、そんな楠雄の思いとは裏腹に、彼の周囲にはなぜか楠雄に思いを寄せる妄想美女・照橋心美や、超能力でも気配が読めない燃堂力など、変な奴らが集まってくる。
毎年恒例の文化祭も穏便にやり過ごそうする楠雄だったが、次から次へと災難が降りかかり、まさかの地球滅亡の危機にまで発展してしまい……。

主人公の斉木楠雄役は、「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」など、数々の漫画実写化作品で主演を務める山崎賢人。
共演には橋本環奈や新井浩文のほか、福田作品常連のムロツヨシ、佐藤二朗といった個性的なキャストが集う。

さまざまな役どころを演じる山崎賢人!

少女漫画から出てきたような、憧れの存在のような役を演じることが多い山崎賢人ですが、他にもさまざまな役柄を演じてきました。
2017年には麻生周一によるギャグ漫画作品の実写映画『斉木楠雄のΨ難』にて、超能力者の高校生・斉木楠雄役を務めました。

『ジョジョの奇妙な冒険』を基に作られた映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』では、主人公・東方仗助を演じています。

山崎演じる仗助は、普段は温厚で女子にもモテるが、自慢の髪型をけなされると一気にブチキれるという役どころ。
さらに「グレート」という印象的な口癖があり、ファッションにも造詣が深い魅力的なキャラクターだ。

幅広いジャンルに出演しており、注目を集めている山崎賢人が実写版『キングダム』で演じるのは、主人公・信。
戦争孤児である信は、親友の漂と共に天下の大将軍になることを夢見る少年です。
そんな信ですが、漂が王宮へ呼ばれたことから秦王のえい政と知り合うことに…。

「斉木楠雄のΨ難」のあらすじ

高校生の斉木楠雄(山崎賢人)は、テレポート、テレパシーなどの超能力を持っているが、その力を使わずに済むごく普通の生活を望んでいた。

しかし彼の周囲には妄想美女の照橋心美(橋本環奈)や、思考が読めない燃堂力(新井浩文)、中二病の海藤瞬(吉沢亮)ら変人ばかりが集まってしまい、彼らが起こすトラブルに巻き込まれては、ひそかに超能力で危機を避けていた。

そして毎年行われる文化祭の当日を迎え……。

とにかく最強!主人公はピンク頭の超能力者

主人公の斉木は漫画界最強ともいわれる超能力者。
なんと生後わずか14日で話しました、両親の脳内に。
そして一ヶ月で歩くようになりました、空中を。

そのほかにも、滅ぼそうと思えば一瞬で地球を滅ぼすことができる、世にある必殺技をすべて使うことができるなど、まさにチートキャラをほしいままにしています。

コミックでの斉木はピンクの髪の毛と、頭の上のアンテナのような超能力制御装置が目を引く特徴的なビジュアル。
公開された映像で見事に再現していることがわかります。

福田雄一ワールドが好きな人なら絶対観るべき!

「ピカルの定理」や「笑っていいとも!」などバラエティ番組で磨いた“笑い”を映画やドラマに昇華させている福田雄一監督。

これまでに「勇者ヨシヒコ」シリーズや「HK 変態仮面」シリーズなどヒット作を世に出し、多くのファンを獲得してきました。
「斉木楠雄」は、そんな過去の福田雄一作品をチェックしている人なら絶対に楽しめる映画になっています!

気になるキャスト

1 2