1. まとめトップ

そんなに難しくない!「上品な女性」になるためのテクニック

上品な女性は、老若男女問わず好感度が高いですよね。今回はそんな上品な女性の特徴をまとめました。

更新日: 2018年12月16日

9 お気に入り 6121 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

moon_20さん

意識しだいであなたも!

上品な女性を簡単に表現するのなら、「所作や立ち振る舞いが丁寧で美しい人」です。

立ち姿や後ろ姿。
身近な例えだと食べ方が綺麗だなぁと感じる人は上品なイメージがつきますよね。

今回はそんな「上品な女性」になるためのテクニックをまとめてみました。

【1】話し方が優しい

話し方が優しい人は、相手に与える印象も優しく、一緒にいて癒されるような感覚になります。

話し方を優しくするように心がけていれば、顔つきもだんだんと優しく上品な人になっていきますから、まずは話し方に意識してみましょう。

【2】意識して丁寧な動作を心がける

下品な人というのは、動作が雑で物事を乱暴にしてしまう傾向にあります。

物を無造作にぽんぽん放り投げるように置いたり、人にも物にも乱暴に接している人というのは、立ち振る舞いや所作が下品に見えるでしょう。

だからこそ「意識して丁寧な動作を心がける」という立脚点を大切にすることが必要なのです。

【3】マナーがしっかりしている

ちゃんとしたマナーを身につけていると、まわりの人からの評価も高くなるものです。

「ハンカチやティッシュを持っている」「物腰柔らかで物を置くときなどに大きな音を立てない人」「大声で笑わない、口をおさえて笑う」

女性としての嗜みとして、気を配ることで、印象アップにつながるのではないでしょうか。

【4】感情をコントロールしている

上品な人は、決して慌てふためいたり、バタバタしたりしません。
何かしらトラブルがあっても、出来るだけその焦りを顔には出さず、冷静沈着に落ち着いて判断を下すことが出来ます。

「ギャーギャー」と騒いだりせず、周りを心配したり、どう解決していくべきかをすぐに考えられる大人な女性のようなイメージがありますよね。

【5】食べ方が綺麗

どんなに上品なファッションをしていても、やっぱり食べ方が汚いとそれだけで「上品」という印象は皆無になってしまいます。

両手をきちんと使って、正しいお箸運びで食べることが出来る女性が上品な人として好まれます。

小さな意識の積み重ね!

いかがだったでしょうか?
ハンカチを常に持ち歩く、食事の取り方に少し気を使ってみるなどほんの少しだけ意識するだけで「上品な女性」に近づいていけるんです。
また、「上品な女性」はギャップの緩急があることが多いのでモテるという特徴もあります。
今回のまとめが少しでも役に立てば嬉しいです!

1