1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

まさに別格!豪・Aリーグで「本田旋風」が巻き起こってた

さすがプロフェッショナル!かっこいい

更新日: 2018年12月15日

4 お気に入り 21822 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼性の高い報道と皆さんのツイートを基に作成しました。

manuronaldさん

■本田圭佑がまたゴール!

オーストラリア・Aリーグ第8節の試合が14日に行われ、ブリスベン・ロアーとメルボルン・ビクトリーが対戦。

2‐1で迎えた前半40分にPKを獲得すると、本田は相手GKの動きを見極めた冷静なシュートを左隅に流し込んでゴール。

試合は4-2で終了し、ビクトリーの6連勝と暫定首位に浮上に貢献した。

本田は先発フル出場

■いま、Aリーグに”本田旋風”が巻き起こっている

今年8月にメルボルン・ビクトリーに加入

Aリーグでは「サラリーキャップ制」を導入しているため、チームの総年俸が210万豪ドル(約1億7300万円)に抑えられている。

まさに「別格」のプレーを披露

10月20日の開幕戦でゴールを奪って早速ファンの期待に応えると、ここまでリーグ戦全8試合出場で5ゴール3アシストを記録。

このほかにも、ゴール関与数、シュートアシスト数、アタッキングサードのパス成功数など、6部門でリーグトップの数字をマーク。

チームにとって不可欠な存在となり、10月・11月のオーストラリア・Aリーグ月間最優秀選手にも輝いた。

■チームメイトも全幅の信頼を寄せる

主将を務めるMFカール・バレリは「彼の練習のやり方や試合へのアプローチ、プレーのやり方は信じられない」と称賛。

GKのローレンス・トーマスは「全員が彼の頭脳を理解することができれば、トップレベルに到達するために必要な事を学べる」と話す。

ケビン・マスカット監督も「信じられない。振る舞いや自己管理において、彼はプロ中のプロ」と脱帽の様子。

■早くも「Aリーグ史上最高の選手」との声も

現地メディアも「ピッチの中でも外でもチームの原動力となっており、給与に相応しい活躍をしている」と絶賛。

かつてプレーしたデル・ピエロやジュニーニョ・パウリスタらを凌駕する「Aリーグ史上最高の選手」との声も上がっている。

■好調の理由

本田は好調の理由について「自分自身は何も変わっていない。やっぱり英語が通じる環境であるという点が大きい」

「よりチームメイトとコミュニケーションがとりやすいので、今の仕事を助けてくれている」と話している。

ケイスケホンダ、なんかもうオーストラリアだと反則外人扱いされてそう

1 2