1. まとめトップ

ワンピースの「アン」は登場済み【ネタバレ考察】

アンの正体には3つの説がある。ボニー説、ナミ説、そして当チャンネルの説。ポートガス・D・アン、ゴール・D・アン……そんなのはいない。存在するのは、モンキー・D・アン、もしくはシャーロット・D・アン。赤毛のアンの伏線も回収。

更新日: 2019年10月21日

1 お気に入り 93722 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ロマンスドーン(ワンピースの原型)のヒロイン「アン」

ワンピースにもアンが登場しているという説がある。当チャンネルでも支持していて、その正体を解明したい。

パッと見、ナミに似ていることは確か。
よく見ると髪は束ねていて、実は短髪ナミよりも髪は長い。

アンが上段中央にいるが、短髪時のナミよりも長い髪型。まあ、髪質はナミと一致。

当チャンネルでは、ナミはビッグ・マムの娘だと堅く考察している。となると、ナミの姉妹の中にアンがいるかも知れない(ロマンスドーンのアンと似ていているキャラ)。

ルージュ:女の子なら「アン」、男の子なら「エース」……、彼(ロジャー)がそう決めてた

ワンピース551話より。

そもそもロジャーはなぜ、女の子ならアンを指定したのだろうか? これはアンが誰なのかを特定してから述べたい。ネットの考察では、「なぜロジャーが、娘にアンを指定したのたか。なぜ、まずは女の子の場合の話をしたのか」という考察が抜けているので、ガセばかりだと言える。

実はこのシーンの次のページに、ダダンという名前が出てくる。

アンが登場済みという説には3パターン+後付け誤誘導

出典ameblo.jp

ボニー=アン説の基盤だが、まずは作者がアン・ボニーをモデルにしているという事実がある。しかし、次からはおかしい。
ルージュはエースの前後にボニーを産んでいて、ボニーはエースの姉妹でロジャーとルージュの娘という主張だ。吐血の痕やガープの青ざめる顔を見るに、ルージュは死亡したので、エースの後に産んだ妹は無い。海軍の捜査中なので、エースより先に産むことは無理で姉も無い。誕生日は季節が全く違うので双子も無し。

父親がロジャー以外というのは却下。アンという名は妊娠してからロジャーに指定されたのであって、父親がロジャー以外ならば、アンにちなんでボニーにするのはおかしい。

最もおかしい部分は、現実世界のアン・ボニーを、ロジャー、ルージュ、ボニーが知っているわけがない。にもかかわらず、アンにちなんでボニーと名付けたり、名乗る道理が存在しないということ。

性転換画像では、オッサンが描かれた。つまり、正体は40歳代のオバサン。
ビッグ・マムの5女だと考察。シャーロット家5女エフィレは、アマンドの5女。ビッグ・マム海賊団では、配下のみなは、義理の兄弟姉妹。ブリュレが(政略結婚で)ヘマをして下っ端になれば、姪を「エフィレ姉ちゃん」と呼ぶハメになる。

「お兄ちゃん、じっとしてて」の声色をアニメで聞くことをおすすめ。ヤクザ口調のオバサン世代が、若い青年に向かって、「お兄ちゃん」と呼んでいることが判明する。このセリフをアニメで聞いたことのない人(忘れている人)が、ボニーの年齢や素性を考察をしても、絶対に真相にはたどり着けない。

ボニーは言葉巧みで、演技力も抜群。例えば、いもしない王太后コニーを名乗って、門番をだますことに成功した。もちろん、くまのとの血縁は無い。

容姿だけならば、ロマンスドーンのアンには最も似ている。
ナミとアンの名前つながりだが、I'm An.の逆読みでNamiが登場する。

説から導かれるのは、ナミの母親はルージュで、ポートガス・D・アンがナミの本名と言いたいわけだ。

ただ、ルージュは血を吐いて、ガープも真っ青になったのに、生きているのというのはおかしな話。悪魔の実の能力で胎児に寿命を提供して若返らせて成長を遅らせて、ルージュは寿命が無くなって死亡したのだから、生きているわけがない。つまり、エースの2年半後にナミを産むことは無理。

アトラクションのオリジナルで、歌姫アンというキャラも2017年に登場しているが、ダタンの正体がネットでバレているのを知り、誤誘導した模様。イベントの世界は、本編に対してパラレルワールドだと把握できるものが中心。特に映画。

歌姫アンだけではロジャーの言うアンとは繋がらないし、ロマンスドーンの姿とも一致しない。

髪型・髪質はダダンにソックリなので、ダダンの関係者と言える。歌姫はアニー等が本名でアンは芸名、ダダンの双子の妹であるボニーの娘だという解釈となろう。

ロマンスドーンのアンに充分に似ている。髪型はだいぶ違うけれど。しかしながら、歌姫アンとは髪質が近い。

ダダンの前に赤子エースが現れたのは22年前。
当チャンネルの考察年齢は46歳なので、24歳のときということに。

ロジャーの船に乗れる世代。この若いダダンは20歳代前中盤に対し、ロマンスドーンのアンは推定10歳代終盤。ナミのように髪型を変えただけとも解釈できる。

名前のDアンで、ダンとなる。名前ならば、むしろダダンこそがマッチ。そして、何より、ダダンは史実(大航海時代の資料)のアン・ボニーの生き方とマッチするのだ。

ボニーと同等な金の輪ピアスの装着もチェック。

視点を変えると、ダダンはナミにソックリ(髪の色、目の色、顔つき)。実の姉妹だからだと考察。ビッグ・マムの娘たちなので、39人の中の2人という話。ナミとコアラも似ているが、実は目の色は違う。コアラもビッグ・マムの隠し子でアンの妹(ナミの姉)。

アン・ボニーの特徴とワンピースのアン&ボニー

★大航海時代の資料 → ワンピース のように記す
父親は政府高官 → 政府・海軍の高官ガープがアンの父親
捕まったが父親によって釈放される → 捕まる所をガープが見逃している
双子疑惑 → ボニーという双子姉妹がいる
離婚している → アンは空島パガヤと離婚
出産している → パガヤとの間に、コニス、ジーナ(フォクシー団)、イトミミズ(フォクシー団)、ミス・マンデーを産む。再婚したウルージとの間に、ピーマン(ウソップの故郷)、アイサ(空島娘)を産む。
服装で正体を偽る → 年齢で正体を偽る(本当は46歳なのに55歳になってロジャーの船員アンを隠す)

備考……ボニーもダダンと同様な設定。ボニーも赤犬や藤虎、ペコムズと離婚。少年漫画で離婚キャラが多いのは問題だが、ビッグ・マムの娘だから「政略結婚させられた」という設定となれば、反感は一気になくなる。ビッグ・マムは何度も離婚しているので、表現済みとも言える。

★ワンピースのアン&ボニーの誕生日
ダダン……8/30
ボニー……9/1
日付では2日のずれがだが、可能性としては25時間~71時間のずれの範囲。双子が同じ日に生まれるという先入観を利用している。
同じ日には生まれなかったが双子といえる。次の日だと、例えば23時台と24時台のように、アッサリと双子を特定されるので、あえて2日後にして考察を回避させようとした作者。月をまたぐのもトリック。そして、トリックが存在することこそが、双子など、関係を隠したい証拠。
結論はダダン(アン)はボニーと双子。

参考……現実のアメリカで5週間(約35日)出産が ずれた双子がいる。2日ならば、充分に双子。ワンピースがそうである必要はないが、地球には時差と日付変更線というのがあるので、ビッグ・マムが船上など移動中にアンを産んだ後、時差によって日付が進む地域に移動してからボニーを産めば、24時間未満で日付が2日ずれる。

★アン=1、エース=1
フランス語で1はアンで、トランプのエースは1。特に正体とは関係しないがメモということで。
D+A(エース)+D+AN(アン)→ダダン

【エースは歌姫アンのイトコ? 実妹?】
歌姫アンには、実はソバカスがあり、エースと関係を持たせる誤誘導。エースの本物の母親とかを暴かれにくくするようエースに似せたと言える。

当チャンネルでは、ダダンの双子の妹ボニーがエースの母親だと極めて堅く考察。つまり、ダダンの双子の妹の息子がエースで甥となる。仮に歌姫アンがダダンの娘だとして、エースと歌姫アンはイトコ同士。歌姫がボニーの娘ならばエースの実の姉妹。ソバカス体質が共通していても不思議はない。他にはダダンの妹がルージュでソバカスで、真相から目をそらす誤誘導もある。

実は歌姫アンの誕生日はエースと同じ1/1。ただし、読者からの案なので、エースと双子だと信じたい人が提案した結果に過ぎない。なお、当チャンネルでは、読者のふりをしてスタッフや作者本人が決めたいことを、あたかも読者からだと思わせた内容もあるだろうと考えているが、そうなると誤誘導が確定する。どちらにしても、1/1は読者の願望か作者の誤誘導で、証拠にはならない。

考察者がエースやボニーの素性を暴くことを見越したのか、歌姫アンという強烈な誤誘導キャラが2017年に誕生した。なお、色々な新説・真相を発表している当チャンネルだが、アン=ダダンについては当チャンネルが登場する前にネットで語る人はいた。つまり、2017年以前にダダン=アンという部分だけを語る、ピンポイントの情報は存在したので、既に作者には誤誘導の必要性があった。

当チャンネルは、ボニーがロジャーやルージュの娘ではない証明を完了しており、既にエースの姉妹という誤誘導は破綻している。

そもそも、ルージュの息子エースはルフィとして育っている。ルフィの父親はロジャーなのだ。よって、仮に歌姫アンがルージュの娘だったとしても、ルフィと双子の女の子で、ルフィの姉妹ということになる? いや、歌姫アンの誕生日が1/1なので、やはりダダンやボニーの娘という結論に。

アンとボニーが関係者だということを表現している。

二人共に、ガープとビッグ・マムの娘。これが発覚すると、連鎖的に真相が発覚する。なので、予め多重の誤誘導が仕掛けられている。それでもバレてしまったので、「偽のビッグ・マムの娘を発表」という凶悪な誤誘導までされた。

史実のアン・ボニーとは設定が違いすぎる。更には、史実のアンとソックリなキャラクターが2人居て、まずはボニー。更にはダダンは、名前までもバッチリ一致。

他には、ロジャーと愛し合ったルージュが唐突に別の男とナミを作る不自然さがある。もちろん、姉のボニーは夫たくさんだし、母親リンリンは物凄い男好きなので血筋に矛盾はないが、ルージュの素性を認めた上での主張ではあるまい。

ダダンが居なかった場合は不確定だが、ダダンが居る以上は、ナミ=アン説の成立する余地はない。

説を潰したい場合、「無理がある」という意見は無効。もっと説得力のある別の説明を用意することが決め手。

命を懸けてロジャーの子を守ったルージュが生きている時点でおかしいし、更に別の夫をすぐさま迎えるのはおかしい。

別のルートでも完全却下。ナミの父母は神ガン・フォール(ダジャレで秋ミカン)とリンリンだと特定できるので、ルージュの娘のわけがない。また、作者から「ナミは名前を生まれてすぐに付けられた」とある。真の名前からパーツが採用されることはあっても、逆読みはおかしい。なお、ナツミカンが本名だと考察。ナツミカンだから、(ナツミク)アンが含まれるという話ならば考慮の価値はあるが、ダダンのマッチ性にはかなわない。

ベルメール「名前は言える?」
約1歳のナツミカン「アタチ、なっみきゃん」
ベルメール「ん? ナミちゃんでいいのかな? なんにせよ、名前がわかって良かった。私が名付けるなら、ベルメッポにする所だったわ。私にはヘルメッポという隠し子がいるけど内緒よ。」

参考……1歳になれば、意味のある言葉を話せる赤ちゃんが通常。ナミは知性派キャラなので、1歳で名乗れてもO.K.

ローは「あだ名+屋」で冷静な時は他人を呼ぶが、ナミとゾロに対しては、ナミ屋、ゾロ屋と呼ぶ。差し当たりナミは本名ではないということ。(ゾロについては、当チャンネルの別のまとめで把握を。)

ナミとルージュが似ていると語る人もいる(差し当たり、瞳の色は一致)。当チャンネルはあまり似ているとは思わないが、ナミの実姉がルージュだと当チャンネルでも語っており、似ていることを認めるにしても姉妹が理由ということで。ルージュはマム7女、ナミはマム28女。こんなのがばれてしまったら、作者サイドは、「ビッグ・マムのニセ娘」を公表したくなろうというもの。「構想段階の資料」という言葉を利用して、偽者(正体はビッグ・マムの孫娘)が発表されている書籍もある。その情報を信じてwikiが記されているのでアテにならない。

さて、最初から次の話を語ればポートガス・D・ナミが語る価値もない話だと分かるが、ここまで読んだ人のために取っておいた。メス猫のフランス語は「シャット」。泥棒は「D」と「ー(ぼう)」。つまり、泥棒猫ナミ → シャーロット・D・ナミ となる。さらには、泥という字の氵が「シ」、猫の獣偏の部分が「ヤ」、尼という部分に「ロ」、苗の部分に「ツ」、木偏に「ト」……のようにすると、漢字のパーツという形でも泥棒猫 → シャーロット となる。ビッグ・マムの娘説がこれで確定的に。

それから、NAMIの逆読みはIM(イム)だ。ナミはイムの子孫という表現。

Ginaの逆読みもアン。よって、ナミが逆読みでアンだからといって、アンになることはできない。順読みこそが決め手。

空島のパガヤは ひょろひょろだが、その体型が娘に出ている。ジーナを姉さんと呼ぶ弟のイトミミズも ひょろひょろ。コニスにだけ翼が出たので、元夫パガヤに置いていった。

一方、銀狐のフォクシー(シルバーズ・フォクシー)はレイリーの息子で誇り高い男。フォクシーのところにいるならば、ダダンも安心。

母アンは宝樹アダムで、娘ジーナは船大工という組み合わせ。

D+アダム+アンでダダンというあだ名となった。

宝樹アダムを生み出す能力者がいれば、ロジャーは仲間にしたろう。すでにバギーによって、能力の存在は確認できたのだし。

フランキーの三日月顔もチェック。

アダムの能力で、木の枝のように腕が生えた姿がカーリーと称されたと考察。

ダダンはあだ名で、カーリーは異名。

ダダンもビッグ・マムの娘だと考察している。娘の名前は甘い物関連になるが、「餡(あんこ)」はバッチリと甘い物。4女だと特定。シャーロット・アッシュはアマンドの4女。

年齢が55歳なのも、もちろん把握している。しかし、ボニーと双子で、ボニーが24歳に若返っているとなれば、片割れのダダンが年老いていることは、むしろ双子の証拠でこそあれ、年齢が確実に55歳だと決まったわけではない。

年齢トリックの話をしておきたいが、シュガーは22年前に生まれているのに作者は断固として10歳を主張。能力で変わった場合、変わった後の年齢(肉体年齢)がワンピースでは公式年齢。ダダンがボニーの能力で55歳になっていたら、46年前に生まれていようが55歳になる。なお、ビッグ・マムの娘でマムを裏切ったので、マムのお仕置きで寿命を抜かれて老いて55歳という考え方でもいい。ガープの娘で、ボニーと双子の46歳という事を把握できるならば、なぜ老いているかの特定までは必要ない。

ダダンは海賊からは「ボス猿」と呼ばれる。モンキーの血筋である裏表現。
アンは血筋としては、ガープとビッグ・マムの娘なので、シャーロット・D・アンが正体。マムを裏切ったのでモンキー・D・アンを名乗ってもいいのだが、ダダンはガープを父親だとは認めていない。なので、モンキー姓でもない。ダダンには苗字がないのが正確な所。

当チャンネルの見解だが、ロマンスドーンで登場した麦わらの少年はロジャーがモデルで、一緒に旅したアンというのはワンピースではダダンになった。つまり、ダダンはロジャー海賊団の船員だった。ロジャー団の血縁者が麦わらの一味だと堅く考察。アンの妹ナミが加わっているというわけだ。

ナミ……アンやボニーの妹(ボニーもロジャー団だと考察)
ルフィ……ロジャーの息子
ゾロ……レイリーの孫息子
ブルック……ギャバンの父
ウソップ……クロッカスの孫息子
サンジ……ゼフの義理の息子で、血縁では大甥(ゼフは団のコックだと考察)
チョッパー……ヒルルクの義理の息子(ヒルルクはクロッカスよりずっと以前から団の船医だと考察)、更にはイヌアラシと女ネコマムシの孫息子(ミヤギがチョッパーの父で、ミヤギの父がイヌアラシ、青系のサングラスが共通。イヌアラシは赤鼻。イヌアラシの元妻はネコマムシで元メス)
フランキー……ツキミ博士の息子(ツキミは団の科学者だと考察)
ロビン……オルビアの娘(オルビアはロジャー団の考古学者だと考察)
ジンベエ……レイリーの息子
ビビ……レイリーの孫娘(レイリーはアラバスタの前王でコブラの父親、プルトン王→冥王)
日和(お玉)……おでんの娘(時超えをしているので、玉手箱でドロンと妖艶なくノ一になって仲間に?)、(おでんは船大工、考古学者の属性も多少) ※小紫はニセ日和
キャロット……ネコマムシの娘、アンやボニーの妹(ビッグ・マムの隠し子だと考察)

ダダン本人がガープやエースの家族だから。
身内の頭を、いきなり激しく殴る癖もガープと一致。

このシーンの前後だったか、ガープに向けて
ダダン「(エースはガープの)家族だろ?」
とある。ガープ自身もエースの実の家族。センゴクにも「エースはお前の家族」と言われている。

子供の頃のエースと一緒に暮らし、ある意味、家族のはずのダダンの部下だが、ガープを殴るのは筋違いだと冷静に指摘している。しかし、ダタンにとってはエースは甥であり、本当の意味で家族だったのだ。

見逃してやってる女山賊程度の相手なら、ガープが耐える必要はない。ダダンが自分の娘だからこそエースを託していて、娘ダダンの怒りを受け止めるために殴られた。

若いダダンのシーンだが、夢の中の若いダダンの前に、エースが現れて生活の邪魔をする。つまり、当時は本当は若いアンの前に、エースという厄介者を(ガープに)預けられてしまったという表現。

ウルージとの結婚はその後で、エースとウルージは義理の父と息子。ダダンも含め、3人は同じく じゅずの首飾りをする。

ところで、ナミの母親を探している人は、ダダンに気づけないなんて、どこを探しているのだろう? ダダンは実姉にせよ。男を殴る癖も一致しているし。

1 2