1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

iPhoneの写真がWindowsのパソコンに読み込めない! そんなときに試したい、代表的な対処法4つ。

通常iPhoneをWIndowsにUSBケーブルで接続すると読み込めるiPhoneの写真とビデオ

インポートの手順はエクスプローラー>PC>iPhone>右クリック>画像とビデオのインポートで実行します。一番上に移動上に移動下に移動一番下に移動移動 修正|削除

スマホにある画像やビデオをパソコンに簡単に移動できないだろうかと探してたら、マウス右クリックでの画像インポートがビックリするほど簡単に出来た

@colcolcolco 見つけました!PCとiPhoneを接続するとエクスプローラーにiPhoneが認識されるかと思います。iPhoneアイコンを右クリックで「画像とビデオのインポート」で行けると思います!Windowsの場合ですので、Macでしたら参考にならないのですが…。 pic.twitter.com/QQSkLisS4I

ただし、いくつかの要因でWindowsに写真を読み込めないことが

原因1. 最新版のiTunesが入っていない

最新バージョンの iTunes が Windows パソコンにインストールされていることを確かめます。Windows パソコンに写真を読み込むには、iTunes 12.5.1 以降が必要です。

すでにiTunesが入っている場合にはヘルプ>更新プログラムをインストールで最新版に変更してみましょう。

Windows10の場合は、AppleのHPからダウンロードできるソフトウェア版ではなく、Microsoftのアプリストアから入手できるアプリ版のiTunesが必要です。

お使いの iTunes のバージョンに応じて、アップデート方法は異なります。コンピュータに iTunes がインストールされていない場合は、Apple の Web サイトから最新バージョンをダウンロードするか、Microsoft Store から入手してください (Windows 10)。

Microsoftからアプリ版をインストールする際の注意点として、今まで使っていたソフトウェア版は必ずWindows上から削除する必要があります。残したままにしておくとアプリ版が正常に動作しません。

通常Microsoft Storeからのインストールの時にソフトウェア版の削除をする項目が出てきて、オートマティカリーに削除してくれますが、バージョンなどによっては手動で削除が必要な時も。

手動で削除する場合はコントロールパネル>プログラムのアンインストールから以下の順番でiTunesの関連プログラムを削除しましょう。

1. iTunes
2. Apple Software Update
3. Apple Mobile Device Support
4. Bonjour
5. Apple Application Support (32 ビット)
6. Apple Application Support (64 ビット)

iTunesのソフトウェアを削除しても、既に保存している音楽やiOSのバックアップはデータとして保存してあるので消えたりしません!

ただ、稀にアンインストールの時にエラーが出る時があります。
「Windowsのインストーラパッケージには問題があります」という項目が出た場合は、そのデータが壊れているので、同じ画面で該当のプログラムを修復してからアンインストールします。

対処法誰か教えて! 「このWindowsインストーラパッケージには問題があります。セットアップの一部として実行されるプログラムは正しく完了しませんでした。サポート担当者またはパッケージのベンダに問い合わせて下さい」 #iCloud pic.twitter.com/MlLDk3OzML

itunesのアップデートが『インストーラパッケージに問題があり~』なんてエラー出て更新できなかった問題。appleのガイド見ながら対応してたけど上手くいかず。support.apple.com/ja-jp/HT204275からapple sofwear updateが削除できず、ならばと修復からiTunesインスコで無事完了でけた pic.twitter.com/75l1FN5Z1J

原因2. 写真のオリジナルデータがiPhone内にない

はむこ「Windows再起動させよう」 Windows「再起動しました」 iPhone「爆誕やで」 はむこ「おっ、写真のインポートってボタンあるじゃんw」 iPhone「写真はありません」 はむこ「は???”」

iPhone上に表示されているのにiPhone内に写真がないケースは、下記の2つの条件を満たすと発生します

1. 設定>写真の順に進むと、iCloudフォトライブラリがオンになっている
2. 設定>写真の順に進むと、「ストレージを最適化」にチェックがついている

2のストレージを最適化は、iCloudフォトライブラリがオンになっている場合に出現する選択項目で、iPhoneのストレージに余裕がない場合、自動的にチェックがついていることがあります。この項目にチェックがついていると、iPhoneが自動的にiPhone内の写真容量を節約し、iCloudにのみオリジナルを保存していきます。そのため、オリジナルデータがiCloudにしか存在しない写真が出てきます。

このパターンの解決策は2通り

まずは、iPhoneに写真のオリジナルデータを落とし込んでから読み込む方法。

1. 設定>写真の順に進み「ストレージを最適化」ではなく「オリジナルをダウンロード」をチェック
2. iCloudからiPhoneに写真がダウンロードされるのを待って(Wifi環境でもかなりかかる)からWindowsに写真を読み込む
3. iCloudのストレージをもう使いたくないのであれば、2が終わってから設定>iCloud>ストレージを管理>写真>オフにして削除をタップ(この手順でiCloud上の写真データを削除した上でiCloudフォトライブラリをオフにできます)

ちなみに1の「オリジナルをダウンロード」チェックを忘れると、iCloud上にオリジナルデータが存在しているため、写真がごっそり消えますので注意してください。

iCloudのフォトライブラリをオフにしたら写真全部消えていったんやけど取り戻すには容量増やさんとやからお金取られるなんなんいらんことせんでやどうしたらいいん

iCloudの写真消えちゃった フォトライブラリってのオフにしたらごっそり そういう仕様だったのかー はぁ、次から何かするときは調べてからにしよ スクショがメインだったとはいえ、それなりに思い出の写真があったのになぁ

もう一つがiCloud for Windowsを使う方法。

1. iCloud for Windowsをインストールする
2. iCloud for Windowsで写真をオンにする
3. エクスプローラーから「iCloud フォト」フォルダを開いて、ダウンロードをクリック(時間と十分なWindowsの空き容量が必要)

これで写真をコンピュータ上に保存することができます。

iCloud フォトライブラリはWindowsでもiCloudアプリ入れれば同期されたし、 Windows10のフォトライブラリアプリがそれを勝手に認識してアルバム化したり素敵表示してくれる感じだったので、Mac-Win 両OSのデフォルトアプリで使えるのは地味に強い気がする。

原因3. WindowsがHEIF/HEVC メディアに対応していない

Windowsがアップデートされていなかったり、Windows10より前のバージョンの場合、HEIF/HEVC メディアに対応していないケースが考えられます。この場合、iPhoneから読み込んだ写真はデータとしては保存されますが、Windows上では空白データとなって表示されます。

CopyTrans、Windows環境で、iOS11/macOS High SierraのHEIFファイルを表示可能にするプラグイン「CopyTrans HEIC for Windows」をリリース ift.tt/2DKd05S #pocket pic.twitter.com/K5UU6fDAFT

この場合はiPhoneの設定を変えたり、接続機器に手を加えることで解決できます。

1 2