1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

道楽生活さん

▼ダイハツが製造、販売するオープンカーであるコペンにまさかの事態が発生する

コペン(Copen、COPEN)は、ダイハツ工業が製造・販売する軽自動車規格の前輪駆動2人乗りクーペ型オープンカーである。

▼ダイハツ・コペンが市営駐車場のちょっとした傾斜を下りた際に、車体の底部を接触しただけでエアバッグが展開

香川ダイハツ滝宮店にて購入した「コペン・エクスプレイLA400」のオーナーが、市営駐車場のちょっとした傾斜を下りた際に、車体の底部を接触しただけでエアバッグが展開→オーナーは首を痛めるという事故が発生。

市営駐車場にて底を接触したらエアバッグ 展開。コペンスタイリスト曰く今までも多々、事例はあったらしい。だがメーカー、ディーラー共に正常だと主張し修理費25万wコペンユーザーは注意 #コペン #コペンエクスプレイ pic.twitter.com/dzCeUC8jqs

▼エアバッグが展開してしまった現場 それほどきつい傾斜という訳ではない

現場。この程度の傾斜なら危険てこと。ちなみにどノーマルでタイヤは14にインチダウンしてるが車検は今年クリア。怪我もした上、修理代は自腹トホホ。。 pic.twitter.com/yUCV5gtIIP

▼問題のダイハツ・コペンは平成27年1月に香川ダイハツモータース滝宮店にて新車で購入 平成30年1月に車検を受けていた

【追記】車両詳細情報 購入:平成27年1月(香川ダイハツモータース滝宮店) 車検:平成30年1月(同上) タイヤ:ブリヂストンエコピア 平成30年4月購入(池田タイヤ) タイヤはコペンスタイリストの調べで平成30年2月に生産されたものとの事。現状でも車検は十分クリア出来るとの証言も含めて全て録音済。

【追記】車両詳細情報
購入:平成27年1月(香川ダイハツモータース滝宮店)
車検:平成30年1月(同上)
タイヤ:ブリヂストンエコピア 平成30年4月購入(池田タイヤ)
タイヤはコペンスタイリストの調べで平成30年2月に生産されたものとの事。現状でも車検は十分クリア出来るとの証言も含めて全て録音済。

▼オーナーはホイールを16インチから14インチにインチダウンしている

よくあるシャコタンではなく純正ホイールを装着したときよりも数ミリ程度車高が下がっているとのことだが、車検に問題はなかった

オーナーは「コペン・エクスプレイLA400」のホイールを16インチ→14インチ(155/65R14タイヤ、タイヤ圧1.7kpa)にインチダウンしており車検もクリア済みではありますが、純正ホイールを装着したときよりも数ミリ程度車高が下がっていることを確認済み(それだけ「コペン」の車高も相当に低いがわかる)。

▼コペンのオーナーは今回の事故で負傷してしまう

今回の事故での病状に関する質問DMが多かったので記載。 ①シートベルトによる擦過傷 ②頸椎(第3〜第5頸椎)変形による神経痛 1に関してはまだ跡が残るものの痛みは消失。2は来年1月イッパイまで頸椎カラー(首の固定器具)の装着と週3での受診(点滴、ハリ治療、ブロック注射)を医師から指示される pic.twitter.com/R8MnNJo0mo

傷も痛いが発売前に予約購入して車検、点検、オイル交換とすべて任せていたディーラーの対応が一番痛い。ディーラーが相手にしてくれないからメーカーに相談したのに「ディーラーに言え」ってなんだよメーカー!むち打ち症状でてきて頭痛までするし散々だ。 #コペン pic.twitter.com/yUFiyKVvNI

▼ダイハツ側の対応がこちら

スペックは今年1月車検合格。155/65R14 タイヤ圧1.7kpa。ノーマルより数ミリ車高が下がっているとの事。ディーラー、メーカー共に正常だと取り合ってくれず。ディーラーに関しては「この危険さを周りに広めて下さい」と言いながらも支払いは拒否。事故直後は医療費払うから病院行ってって言ってたのに pic.twitter.com/t3v9pHj2jO

▼ダイハツディーラー勤めの整備士からも"普通では考えられない"とコメント

@stardouro ダイハツディーラー勤めの整備士です。 動画と写真を見ましたが、この傾斜でエアバックが作動することは普通では考えられないです… 国交省の(mlit.go.jp/jidosha/carinf…)ここに書き込んでみて下さい。報告が多数あればメーカーも動くはずです。

▼国土交通省に直接報告を勧められる

@stardouro @blue_sun_set これ国土交通省に直接報告した方が良いですよ。内容は違いますが私も以前某外車ディーラーに無償修理を拒否されて、あまりのレアケースだったので納得行かず役所の報告に連絡したら何と3日後に営業所長と工場長がお揃いで謝罪に来ました。役所曰く「通常は聞かない事案」と言う事でした。

@stardouro @blue_sun_set なので「詳しく教えてください」と逆に言われました。それも技官という技術部門の責任者が電話に出て来て「これこれの事をディーラーから聞いて欲しい」とお願いされ後日報告して欲しいとお願いされました。後日技官は後一件同じ案件が発生していればリコールになる案件だと言ってました。

@stardouro @blue_sun_set ディーラーは私が素人だから修理費用まで取ろうとしてましたが、国土交通省の技官からメーカー本部に連絡が入って、営業所長と工場長が血相を変えて平身低頭手土産持参で私の所に謝罪に来ました。当然修理は無償。おまけに不具合の詳細をパーツの分解絵図を使って説明しだす始末でした。

@stardouro @blue_sun_set この一件でディーラーやメーカーが不具合の責任を回避したがる理由がよくわかりました。監督官庁が怖いんですよ。細かい報告を求められた上に改善策を提出させられ面倒なんでしょう。だからリコール隠しをやりたがる動機が良くわかりました。

1 2