1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

全体の構成力に度肝を抜かれる!一巻完結の連作短編集が面白い

忙しくて長編漫画を読む時間がない方のために、おすすめの連作短編集を紹介します。短編一つ一つの完成度も高いうえに、全体の構成力も素晴らしく、一巻完結なので読みやすいかと思います。

更新日: 2019年04月22日

53 お気に入り 20981 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

神通百力さん

▼学校が舞台のほのぼのストーリー

作者:岩岡ヒサエ

学校を舞台とした連作短編。

出てくる人たちがちょっとずつリンクしてるのが面白い。 どれもほのぼのしながらも勢いがあって良い感じ!

学校を舞台にして、先生や生徒がそれぞれの事件に遭遇して解決していくそんなやや繋がりのある短編集です

まぁるいほんわかした絵柄で、ほのぼのしたりゾクッとしたり。どれも何気ない話のようなのに、上手いなぁ、と思う

▼外天楼を舞台とした不思議系ミステリ

作者:石黒正数

外天楼と呼ばれる建物でエロ本を探す少年や宇宙刑事、ロボットがいて、殺人事件が起こった。
そんな中、刑事・桜庭冴子は謎を秘めた姉弟を追って自分勝手な捜査を始めた。

パズルのピースが一斉にはまっていくようで軽妙でおもしろい。しかも、物語の多面性を十分魅せてくれて楽しめました

短編としての個々の作品のクオリティはもちろんとても高いのですが、長編としてみたときそれらの物語が有機的に組み合わさり感動的な光景を描く様は圧巻

ギャグ編かと思ったら、妙な伏線だったり、ラストに近づくにつれて、伏線回収されて盛り上がるのはなかなか良い

▼デパートが舞台の不思議な物語

一冊でとても綺麗にまとまっていて、優しい世界が素敵だった

序盤から広げられた風呂敷が終盤に掛けて丁寧に畳まれていくお話し運びは見事の一言で、ある事実が開かされた時は思わず「そういうことだったのか!」とページを繰り戻してしまいました

不思議な世界に入り込んだようなお話でした。童話みたいな感じだと思っていたのですが、最後に向かうにつれて、それぞれのお話がリンクしてきて、驚くやらうれしい気持ちになるやら、大人のファンタジーでした

▼ブラッドハレー家の養女になった少女たちの残酷な運命を描く

作者:沙村広明

孤児院の少女たちの憧れは資産家・ブラッドハレー家の養女になることだった。

一つ一つの短編としては、ものすごくいい出来でした。オチが毎回秀逸

基本的に誰も救われないような話ではあるのですが、この作品の世界観は非常に完成されていて、ひき込まれるような気がしました

史実なのか虚構なのか 境目のわからない世界感の構築と 伏線を感じさせないまま繋がって行くこの構成。本当に流石だと思います

▼江豆町が舞台のシュール漫画

シュールなんだけどそのシュールな町の中で淡々と生活している人々がなんだかあたたかい、不思議な感覚の漫画

ミステリーとも人情話ともSFとも都市伝説ともとれるような、しかしそのどれにもジャンル分けできない作品

江豆町を舞台に、ジャンルというものもなく、話の筋というものはあるが、その肉付けされているものが変わっている短編が繰り広げられる。一歩間違えれば意味不明で終わるところを、絶妙なセンスで物語として成立させている

▼女子高生たちの青春ストーリー

作者:池辺葵

地方都市に住む女子高生たちの青春群像劇を描いた連作短編。

ハッキリ言えばいけてないオシャレとは程遠い女子達。恋やオシャレとは無縁だったのに、それぞれ少しずつ状況が変化して行きます

優しくほんわかした中にも自分の価値観を大切にして芯の通った彼女達が愛おしく感じます

非常に繊細な感情描写が素晴らしいです。特にこれと言った事件が起こる様な作品では無いのですが、まるで学生時代に戻ったかの様な感覚にさせてくれます

1 2