1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

日本に近代的な拳銃が入ってきたのは幕末のころからですが、戦国のころから銃身の短い短筒が使われていました。明治維新で近代化の道を歩み始めた日本は拳銃の国産化を模索し始めたのです。

ezurerikiさん

短筒

二十六年式拳銃

二十六年式拳銃(にじゅうろくねんしきけんじゅう)は、1890年代初期に開発・採用された大日本帝国陸軍の拳銃。陸軍は、1886年(明治19年)にフランス軍用MAS 1873拳銃を入手 [4] し、陸軍戸山学校において国産化研究を始めたが、維新以来の技術的な蓄積により模倣が比較的容易だったグラース銃 [5] とは異なり、日本とは桁違いに高いフランスの工業水準を背景に、より新しい技術で製造されていたMAS 1873拳銃の模倣は困難をきわめた。

国産化の試行開始から7年を経た1893年に至り、MAS 1873拳銃を模倣するプランは放棄 [7] され、世界中に多くの銃器を輸出して日本の銃器開発とも密接な関係のあった、ベルギー製“9mm Belgian Nagant M1878”[6]と、その弾薬である“9mmx22R”弾[7]をモデル [8] [9] に、S&Wの中折れ式機構を足した独自設計の拳銃が急遽開発され、これが1893年(明治26年)[10]に陸軍の新制式拳銃として採用された [11] 。

出典https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%8C%E5%8D%81%E5%85%AD%E5%B9%B4%E5%BC%8F%E6%8B%B3%E9%8A%83

桑原製軽便拳銃

桑原製軽便拳銃(くわばらせいけいべんけんじゅう)は、東京の桑原銃砲店が日清戦争時の将校用拳銃として発売した回転式拳銃である。二十六年式拳銃をベースに中折式リボルバーとして開発された本銃は32口径6連発の銃である。

出典https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A1%91%E5%8E%9F%E8%A3%BD%E8%BB%BD%E4%BE%BF%E6%8B%B3%E9%8A%83

南部大型自動拳銃

南部式大型自動拳銃(なんぶしきおおがたじどうけんじゅう)は、1902年(明治35年)に南部麒次郎によって開発された日本初の自動拳銃であり、南部大拳と略して呼ばれる。

海軍が陸式拳銃という名称で採用したほか、改良を加えられたものが十四年式拳銃として陸軍に採用されている。南部麒次郎が自動拳銃の開発を始めたのは、欧州で各種の自動拳銃が開発されはじめた19世紀末であり、南部式自動拳銃の製作に成功したのは義和団の乱直後の1902年(明治35年)とかなり早い時期にあたる。1904年(明治37年)に東京砲兵工廠での生産準備が整のい[2]、同年の日露戦争に於いて早くも実戦使用された記録が残されている。

十四年式拳銃

十四年式拳銃(じゅうよねんしきけんじゅう)は、1920年代中期に開発・採用された大日本帝国陸軍の拳銃。

南部式大型自動拳銃に改良を加えた派生型であるため、南部十四年式拳銃とも呼ばれるが、あくまで制式名称は十四年式拳銃であり、また、南部麒次郎は設計の基となった基礎研究には関わっていたが、設計には直接関わっていない。日本軍独自の8x22mm南部弾(十四年式拳銃実包)を使用する自動式拳銃である。装弾数は弾倉8発+薬室1発。試作型にはダブルカラム(複列方式)の16発弾倉を使用する物も存在していたが、制式となったのはシングルカラムの8発弾倉のものである。

原型の南部式ともども外観がルガー P08に類似し、撃発装置が同じストライカー式であるため「和製ルガー」などとも呼ばれる事もあるが、内部機構は全く異なり、むしろモーゼル C96やイタリアのグリセンティ M1910と類似している[1]。

九四式拳銃

九四式拳銃(きゅうよんしきけんじゅう)または九四式自動拳銃(きゅうよんしきじどうけんじゅう)は、1930年代に大日本帝国陸軍が開発・採用した自動拳銃。当時南部式自動拳銃の小型版、南部式小型自動拳銃は7mm南部弾使用による威力不足や価格の高さなどで生産中止、また南部式自動拳銃(大型)ならびに陸軍制式の兵器である十四年式拳銃は大型拳銃のため将校用には不向きであった。そこで日本初の国産自動拳銃である南部式自動拳銃を開発した南部麒次郎は、陸軍制式である十四年式拳銃実包(8mm南部弾、8×22mm弾)を使用することにより実包の互換性を高め、機構の簡略化によりメンテナンス性を向上させた新型拳銃を開発し、これは1934年(昭和9年、皇紀2594年)12月12日に九四式拳銃として陸軍に準制式採用され、1935年(昭和10年)から量産が開始された。

ニューナンブM60

ニューナンブM60は、新中央工業(後にミネベア(現・ミネベアミツミ)に吸収合併)社製の回転式拳銃。1960年より日本の警察官用拳銃として調達が開始され、その主力拳銃として大量に配備されたほか、麻薬取締官や海上保安官にも配備された。生産は1990年代に終了したが、現在でも依然として多数が運用されている[1]。警視庁各道府県警察本部の警察官のほか、皇宮護衛官、海上保安官、麻薬取締官、麻薬取締員など、特別司法警察職員の一部にも配備された。1975年には製造元である新中央工業がミネベア社に吸収合併されたが、1990年代中盤の生産終了に至るまで、一貫して同社で生産され続けた[3]。

南部麒次郎

南部 麒次郎(なんぶ きじろう、1869年4月2日(明治2年2月21日) - 1949年(昭和24年)5月1日)は、日本陸軍の軍人、銃器開発者。階級・称号は、陸軍中将勲二等工学博士。

主に明治時代の末期から大正、昭和にかけて日本陸軍の銃器の開発面で活躍した技術将校である。現在でも日本の警察官に制式採用されている拳銃ニューナンブM60などにその名を残す。

出典https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%97%E9%83%A8%E9%BA%92%E6%AC%A1%E9%83%8E

1

関連まとめ