1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

ぼったくりバーの見分け方をまとめました。

cbyさん

少しお酒を飲むだけで数万円以上のお金を請求される

迂闊にぼったくりバーに入ってしまうと少ししか注文していなくても法外な値段を請求される恐れがあります。

大阪・ミナミを拠点にしていた半グレ集団「アビス」

「飲み放題」とうたいながら、従業員の少女らのドリンク代として、数万円から数十万円を請求。支払いを拒む客には、「回収役」の男らが監禁や暴行で脅した。これまでの被害は、総額約2200万円に上る。

ぼったくりの手口

ぼったくりバーの手口とは?

一番多いパターンが、路上の客引きで人を呼び込むときに、嘘の価格を教える

たとえば、呼び込みの際に

「追加料金はいらない」

「お通し代も含めて4000円で飲める」

「1時間6,000円で楽しめる」

といった事を言われたのに、実際にお店に行ってみたら

「チャージ料7,000円を払ってください」

「週末料金だからプラス4,000円」

「ドリンク一杯が5,000円」

といった金額を、飲食が終わったあとに要求されるのです。

路上での客引き=ぼったくりではない

路上での客引きは、大手チェーン店もよくおこなっています。

なので、一概に『キャッチ=ぼったくり』と判断することはできません。

重要なのは『どこで』客引きをしているか

駅や人通りの多い場所で客引きされたら要注意。ぼったくりの可能性大です。

大手チェーン店や優良店の場合、店の前で店員さんが声掛けをしており、店員が店内まで案内してくれます。

一方で、ぼったくり居酒屋の場合は、

人通りの多い、駅の出入り口などで張り込んでいる

ことが多いようです。

不自然な場所で客引きされたら要注意!!ついていかない方が無難です。

服装にも注目

安全なお店はそのお店のユニホームを着ています。

普通の居酒屋であれば、当然、居酒屋の店員が呼び込みをおこなっているのですから、その居酒屋の店員と同じユニフォームを身に付けているはずです。

一方で、ぼったくり居酒屋の場合、客引きをする人はその居酒屋の店員ではないので、

たとえば、真っ黒に近いシャツにジーンズなど、私服のような服装

の場合がほとんどです。

一番の対策は客引きについていかないこと

必ずしも客引きが危険な訳ではありませんが、ついていかないのが一番の対策です。

「客引きをしている居酒屋は100%ぼったくりだ」

くらいに考えておくのが、一番の対策

名の知れたチェーン店や、優良なお店であれば、客引きをしなくともお客さんが来ますから、客引きをしていないことが多いのです。

口コミサイトでお店の評価を調べる

客引きではなく、自分の意思で入ったお店がぼったくりだったなんて事も!!気になるお店は事前に口コミサイトなどで情報を確認してから行った方が無難です。

ただし口コミサイトなどで店名を調べてみて、

口コミ数が非常に少ない
根拠もなしに絶賛している、サクラが書いたと思われるコメントしかない

場合は避けた方がいいでしょう。

他にもこんな手口も

客引きでのぼったくりはアマチュア

ぼったくりのプロはもっと巧妙に行います。

プロはカモが声をかけてくるのを待つ

プロは自ら声をかけることなんてしません。
カモが引っかかるのをひたすら待ちます。

上級者はナンパされるのを待つ!

上級クラスの客引きとは、自分から声をかけるのではなく、「向こうから声をかけさせる」というテクニックを使います。

注意すべきは「終電後」

終電に乗り遅れたサラリーマンが立ち寄る場所と言えば、だいたい決まっているんですよ。

コンビニ
ファストフードレストラン
ファミレス
カラオケボックス
このような場所に立ち寄ることを、上級クラスの客引きネーチャンは知っているのです。そこで、わざと暇そうにコンビニの前で立っていると、ほろ酔い気分のサラリーマンにナンパされる確率が「グッ!」と上がります。

こうやって、相手からナンパされるように仕向ける女の子ほど「熟練の客引き」だと考えて下さい。

1 2