1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

凄いぞニッポン。週末は日本選手達が活躍しまくり!

オリンピックに期待が高まる選手たちの勝利。週末は凄かった…!

更新日: 2018年12月17日

4 お気に入り 12530 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

pinkswan999さん

◎卓球グランドファイナル 男子シングルス優勝、張本智和選手

韓国で開かれたグランドファイナルは、ことしのワールドツアーの成績上位の選手が出場できる大会

張本は第1ゲームを11─4で制すと、第2ゲームは13─15で落としたが、その後3ゲーム連取。

日本選手の男子シングルス制覇は2014年の水谷隼(木下グループ)以来3度目。

張本智和(エリートアカデミー)が同4位の林高遠(中国)を4—1で破り、シングルスで男女を通じ史上最年少優勝を遂げた

#張本智和 がまたも快挙! ITTFグランドファイナル #男子シングルス でワールドツアー史上最年少優勝‼︎ 世界ランク4位の林高遠を倒し年間王者に輝く #張本智和 4-1 林高遠 (11-4, 13-15, 11-9, 11-9, 11-9) #卓球 #ITTFグランドファイナル #仁川 #男子ダブルス優勝 pic.twitter.com/UxZZ2PEcE4

▼しかも最年少優勝。15歳なんです…

張本智和選手は、仙台市出身の15歳。中国出身で元選手だった両親がコーチを務める仙台市の卓球場を拠点に2歳から競技

男女シングルスで大会史上最年少となる15歳172日での初優勝を果たした。

▼高校生ペア「みまひな」、グランドファイナル初優勝。

女子ダブルスでは、昨年準優勝の伊藤美誠(スターツ)早田ひな(日本生命)組が陳幸同、孫穎莎組(中国)を3—0で下し、初優勝を果たした

同3位の陳幸同、孫穎莎組(中国)を3-0で下した。昨年は決勝進出も別の中国ペアに敗れていただけに、前回の雪辱を果たした。

第2ゲーム、最終ゲームとジュースになっても根負けせず、早田、伊藤組は13-11、12-10と粘り勝ちした

息の合ったコンビネーションで気を吐いた2人はペア結成からおよそ2年でITTFワールドツアー通算6勝目を挙げた。

「みまひな」がグランドファイナル #女子ダブルス 初優勝‼︎ #早田ひな/#伊藤美誠 ペアが中国人ペアをストレートで破り年間王者に‼︎ おめでとうございます!㊗️ #早田ひな/#伊藤美誠 3-0 陳幸同/孫穎莎 (11-9, 13-11, 12-10) #卓球 #ITTFグランドファイナル #仁川 #みまひな pic.twitter.com/fwz1hl9QTX

卓球の張本くんとみまひなペア、グランドファイナル優勝すごいね。日本人が中国に勝って優勝できる時代が来るとは思ってなかった。東京オリンピックでは卓球を見に行きたいなあ。

▼バドミントンワールドツアーファイナルズ、タカマツペアが優勝

16日に最終日を迎え、女子ダブルスの決勝戦は、高橋礼華、松友美佐紀組(日本ユニシス)が2-0(21-12、22-20)

李紹希、申昇チャン組(韓国)にストレート勝ちし、4年ぶり2度目の優勝を果たした。

世界ランキング2位の高橋選手と松友選手のペアが世界7位の韓国、イ・ソヒ選手とシン・スンチャン選手のペアと対戦しました。

1 2