1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

WANIMAから石崎ひゅーいまで!冬ドラマは「主題歌」にも期待

2019年1月期冬ドラマにも期待の「主題歌」が続々決定。石崎ひゅーい『さすらい温泉 遠藤憲一』、Toshl『記憶捜査~新宿東署事件ファイル~』、WANIMA『メゾン・ド・ポリス』、DEAN FUJIOKA『僕の初恋をキミに捧ぐ』、YUKI&milet&SOIL『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』。

更新日: 2019年03月14日

6 お気に入り 17160 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆『さすらい温泉 遠藤憲一』(水曜深夜1時35分、テレビ東京)

虚実入り混じる密着温泉ドキュメンタリードラマ。

脚本は田中眞一

「俳優の遠藤憲一が、役者を引退する」という噂を聞きつけたスタッフが真相を確かめに行くと、「中井田健一」と名乗って男仲居として温泉宿で働く遠藤の姿を目撃し、様々な疑問を抱きながら遠藤への密着を続ける。

遠藤は各地で出会ったワケあり美女たちの事情に首を突っ込み、問題解決のため駆け回る。

・石崎ひゅーいが新たな視点で新曲を書き下ろし

石崎ひゅーいの新曲「あなたはどこにいるの」が、1月16日(水)深夜にテレビ東京で放送スタートする新ドラマ「さすらい温泉□遠藤憲一」の主題歌に決定。

同楽曲について主演の遠藤は「石崎ひゅーいさんはとてもナイーブな方、だけど歌声は力強い。そのアンバランスな魅力と、耳に残るイントロが印象的」とコメントしています。

◆『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』(木曜夜10時、フジテレビ)

情報を操作し、裏で社会を動かす“スピン・ドクター”を題材としたノンストップ・エンターテインメントドラマ。

竹内結子演じる氷見は“危機管理”専門の弁護士で、「危機にある女性の最後の砦」という信念の下、女性を救うためには手段を選ばない。逃げ場がなく、崖っぷちに立たされている女性を救うべく奔走する。

脚本は、「ラヴソング」(2016)、「刑事ゆがみ」(2017)などフジテレビ系ドラマの脚本を多く手掛けてきた倉光泰子。

・主題歌をYUKI、OPをmilet、劇伴をSOILが担当

『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』の主題歌をYUKI、劇判をSOIL&"PIMP"SESSIONS、オープニングテーマをmiletが担当する。

オープニングテーマを務める新人シンガーソングライターのmiletは、連続ドラマで楽曲が採用されるのは今回が初めて。また過去に関監督とコラボ経験を持つSOILは、ドラマのメインテーマを含む計7曲を書き下ろした。

YUKIの主題歌、および新人シンガーソングライター・miletのオープニングテーマ曲の詳細は後日発表予定だ。

◆『記憶捜査~新宿東署事件ファイル~』(金曜夜8時、テレビ東京)

左から上白石萌音、北大路欣也、風間俊介

過去の街並みに完璧な記憶を持つ車いすの刑事が、自身の能力を活かして事件の捜査に乗り出す新たな形の刑事ドラマ。

脚本は櫻井武晴

犯人に刺されて両足の機能を失った鬼塚(北大路)は、「車椅子の刑事」として司法係長の仕事を始める。

北大路欣也

警視庁捜査一課・管理官から、新宿東署の刑事官として異動してくるキャリアの神啓太郎を風間俊介、念願の刑事課に配属される鬼塚の部下・遠山咲を上白石萌音が演じる。

・Toshlのカバーアルバム収録曲を主題歌に起用

1 2