1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

信頼のおける情報を元に作成しています。

iemadoriさん

社会保険労務士勉強法!合格のツボ

社会保険労務士受験の必須アイテムとして欠かせないのが「基本テキスト」と「過去問題集」ですが、インプット期にこの2つをひとつにまとめておくと、効率良く学習を進めていくのに大変有効です。

予習の段階でこの作業を済ませておくと、いざ学習する際に重要なポイントとそうでない箇所を判別することが出来るので、知識の習得が断然スムーズになります。

過去問の効率的な勉強の仕方は?参考書も必要?

社会保険労務士(社労士)試験には勉強科目が10科目あります。試験範囲も覚えることも膨大で、相当な記憶力と正しい勉強方法が必要になります。

間違った勉強法で学習をしてしまうと、社会保険労務士(社労士)試験は大失敗に終わります。それは、予備校に通い、学習ノウハウが詰まった教材を使用している・いないに関わらずです。

過去問を勉強する際のポイント

過去問を解く際に全ての問題に当たるのも良いのですが、時間的に難しい場合もあります。
それではかえって消化不良を起こしかねません。
それよりは例えばそれぞれの科目の苦手分野に絞って取り組むのがおすすめです。
その中で弱点もより浮き彫りになり、どこを克服すれば良いかも見えてきます。

こんな勉強の仕方はNG!

過去問はボリュームがあります。

それを理由に特定の科目だけしかできなかったり、1度も過去問演習をしないというのはダメです。

また範囲も広く時間も無くなりがちなので全科目をメリハリつけずに中途半端に学習してしまっていることもあります。

社労士の試験は合格率が低く、とにかく高難易度ですから、確かにそんな社労士に独学で挑むなら暗記は必須ですが、がむしゃらに暗記を繰り返す勉強法は能率がよくありません。
実は、社労士の試験ではテキストや参考書に書いてあることが全部出るわけではありません。

参考書は必要?

過去問演習はもちろん大切ですが、それだけでは不十分です。
過去問だけに固執していると、それで対応できない問題が来た時に困ります。
近年は、後になって確認するとテキストや参考書にはちゃんと書かれていたという問題もあります。
つまり、過去問だけではスキマができてしまいます。そのスキマを埋めるのがテキストや参考書になります。

社労士を独学で勉強する場合、参考書選びと使い方が重要になります。
範囲が広い社労士ですが、参考書はたくさん買い揃える必要はありません。
社労士の参考書は1冊のボリュームがあるので、何冊も買うと終わらないからです。

過去問での勉強は社労士試験合格に不可欠?メリットや注意点

過去問は受験に際して絶対に取り組まなければなりません。

過去問は過去にどの分野から何がどのようにどれだけ出題されているかを知る重要なアイテムだからです。

これによって過去出題論点を把握できます。

過去問で勉強する際の注意点

試験直前期にまとめて取り組まないことと、古い知識のまま覚えないことです。
過去問は全科目何年分も演習するため非常にボリュームがあります。
試験直前の時間がない中で一気に取り組もうとしても消化しきれません。
普段の積み重ねがとにかく大切です。
また、あまり古い過去問を使用すると法改正にも全く対応できなくなるので注意が必要です。

おすすめの入門書!TAC みんなが欲しかった! 社労士 はじめの一歩

【これで社労士合格が見える! 本気でやさしい入門書! 】
滝澤ななみ先生監修のもと、全ページカラーに大リニューアルしてパワーアップ!
今までになかった新しい入門書ができました。
・何をすべきかが一目瞭然! イメージがわくスタートアップ講座
・イラストや板書が満載のわかりやすい入門講義

アプリで社労士の勉強をすることのメリットってあるの?デメリットも紹介

1 2 3