1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

momonga777さん

20分でできる、焼きたてのバナナとヨーグルトのスコーン

思い立ったら焼き上がるまでわずか20分。バナナとヨーグルト、オリーブオイル、全粒粉を使用したヘルシーなスコーンのレシピです。スコーンが失敗しやすい原因のバターをすりつぶす過程がないので、すべての材料を混ぜるだけ

出典MSNライフスタイル

材料(スコーン9個分)
バナナ:1本
ヨーグルト:100g
薄力粉:200g
全粒粉:50g
ベーキングパウダー:大さじ1
砂糖:大さじ3
塩:ひとつまみ
オリーブオイル:大さじ1

作り方・手順 所要時間:20分

1:バナナをつぶす
バナナをボウルに入れ、フォークでつぶします。

2:バナナ、ヨーグルト、オリーブオイルをまぜる
バナナにヨーグルト、オリーブオイルを加え、ゴムベラで全体を均一になるようによく混ぜます。

3:粉類を合わせてふるい、混ぜる
薄力粉、全粒粉、ベーキングパウダー、砂糖、塩を合わせてふるい、2~3回に分けて加えます。そのつど、ゴムベラで切るようにさっくりと混ぜます。ここで練らないのが、ふんわりしたスコーンを作るコツです。

4:生地をまとめて、カットする

出典MSNライフスタイル

生地をひとつにまとめて、打ち粉(分量外)した台の上で、四角の形に成形、ナイフでお好みの形にカットします。ここでは四角で縦に3等分、横に3等分にしました。

5:オーブンで焼く

出典MSNライフスタイル

200℃に余熱しておいたオーブンで12~15分、こんがりと表面に焼き目がついて、割れ目も充分に膨らむくらいまで焼きます。

ワンポイントアドバイス
ここでは全粒粉と薄力粉を混ぜて使っていますが、薄力粉だけで作るとより軽い、ふんわりした仕上がりになります。蜂蜜とバターと一緒に食べると、熱々のスコーンにとけたバターとはちみつがしみこんで、いくらでも食べられてしまうスコーンです。

出典MSNライフスタイル

材 料(10人分)
おから 300g
バナナ 200g
ラムレーズン60g
油40g
薄力粉500g
ベーキングパウダー大さじ2
豆乳 130cc
卵 1個

↑【おからのバナナスコーンの作り方】オーブンを200度に余熱

1ビニール袋に薄力粉・ベーキングパウダーをシャカシャカ混ぜておく
2ボウルにバナナを入れ潰し、1の粉と豆乳以外を加え混ぜる
3(2)に1の粉を加えすり混ぜる。(パン粉状)
4豆乳100ccを3に加え、ヘラで切るようにして混ぜる。8分通り水分が回る程度に様子を
 見つつ豆乳を加えていく
5台の上に取り出し、伸ばしてはたたみを角度を90度変えながら、4~5回繰り返す
63cmの厚さに伸ばし、カットする
7オーブンに入れて20分焼く

材 料(4人分)
●薄力粉150g
●ベーキングパウダー小さじ1
●砂糖大さじ1
オリーブオイル 大さじ2
牛乳 大さじ3
バナナ(正味) 80g
チョコレート 30g

↑「チョコバナナスコーンの作り方」

1バナナは、フォークで粗くつぶす。
2チョコレートは粗く刻む。
3別ボウルに粉類の材料を入れて(薄力粉、ペーキング、佐藤)泡立て器でぐるぐると
 かき混ぜる。
4③の中にサラダ油を加え、泡立て器で、全体がポロポロになるまでぐるぐるとかき混ぜる。
5牛乳、バナナ、チョコレートを加え、木べらで混ぜる。
6ラップにくるみ、冷蔵庫で30分以上寝かせる。
7天板にクッキングシートをのせて、その上に生地をスプーンですくって丸く形を整えながら、 間隔を空けて天板に並べる。
 厚さは1.5cm位がいいと思います。
8200℃に予熱したオーブンで、15~20分焼く。

材 料(5人家族分人分)

薄力粉200g
バター(加塩)60g
完熟バナナ65g
ベーキングパウダー8g
砂糖35g
牛乳 小さじ1

↑袋で簡単♪さっくり☆バナナのスコーンの作り方

1ビニール袋に薄力粉とベーキングパウダーを入れてよ〜くふり混ぜてから、バナナ、バター
砂糖をいれ、バナナとバターを潰しながらもみ混ぜる。
2ホロホロになったら牛乳を入れてひとまとまりにする。
3伸ばして…たたんで3回
4 1.5〜2㎝位の厚さにしてすきな型でぬく。
5 ひとつにまとめて包丁で切ってもOK
6 200度に余熱したオーブンで12〜15分焼く。
  焼き色見ながら時間調節して下さい。
  生地作りにとりかかる前にオーブン余熱して下さい。

■強力粉(薄力粉)250g
■米粉(薄力粉) 50g
■ベーキングパウダー小さじ1
■砂糖20g
■塩少々
オリーブオイル 45g
完熟バナナ2本
くるみ30~50g
白すりごま小さじ1~2

↑「袋で簡単♪完熟バナナ救出スコーン! の作り方」

1■の粉類を袋に入れ、ふんわり空気を入れ、袋の口を手で持って、しゃかしゃか混ぜます
21の袋にオリーブオイルとバナナを入れ、袋の上からバナナをつぶしながら混ぜます
3軽くフライパンで炒って、粗く刻んだくるみとゴマを入れ混ぜます
4袋のまま2cmくらいの厚さに伸ばし、袋の側面を2か所切り袋を広げ、4cm角に切ります
5 180℃に余熱しておいたオーブンで15分で~20分完成


3のあとにチョコチップを40g入れてチョコバナナスコーン風にもできますよ。

1バナナをボールに入れます。なるべく熟したバナナを使うと甘みが強く砂糖なしでもOK!熟し てないバナナを使う時は砂糖20g位を目安に入れてもいいです。
2バナナにレモン汁をまぶしながらヘラでカットしていきます。熟したバナナだと、わざわざつ ぶさなくても混ぜる段階でつぶれていきます。
3薄力粉を入れます。
4バターと水を入れて、混ざるまでサックリと混ぜます。写真くらいのもったりした状態になる まで混ぜます。
5クッキングペーパーを敷いたプレートにスプーンで適量づつ並べていきます。
6オーブントースターで180℃25分焼きました。オーブントースターで作る場合は焦げないよう に途中でアルミホイルをかぶせて下さい。

<材料 5cmのクッキー型で20個分>

バナナ、出来れば熟したもの...中サイズ1本
水切りヨーグルト...100g(1時間水を切った後の目方。水を切るまでの目方は約180g)
全卵...1個
強力粉...160g+打ち粉用に大さじ3~4
薄力粉...160g
ベーキングパウダー...小さじ1
ベーキングソーダ(重曹またはタンサンと同じ)...小さじ1/2
砂糖...大さじ3
有塩バター...50g

カフェ時代、スコーンだけはイギリス人でも、一生の内にこんだけの数は焼かんやろうってくらい、スコーン、スコーン、スコーンと焼いたという方のレシピ

<作り方>

1.バナナをマッシャーを使って完全に潰す。水切りヨーグルトと全卵を加えよく混ぜ合わせておく。

2.強力粉、薄力粉、ベーキングパウダー、ベーキングソーダ、砂糖をボウルに入れよく混ぜ合わせる。

3.2に角切りにしたバターを加え、ペーストリーブレンダーか指で粉に完全に擦り込む。

4.3に1を加えスパチュラで混ぜ合わせる。ほぼ生地がまとまって来たら手に代えひとまとめにし、打ち粉をしっかりした台の上に取り出し、手のひらで押さえて2cmの厚みにする。

5.クッキー型にも粉をまぶし型抜きする。(生地が柔らかいので1回抜くごとに粉をまぶします。)生地が無くなるまで、手順4と5を繰り返す。

6.オーブントレーにアルミフォイルを敷き、更にクッキングシートを敷いて、型抜きしたスコーンを間隔を置いて並べる。

7.220度で予熱を済ませたオーブンで約15分焼く。途中7~8分経過した時点でトレーを入れ替える。


食感がバナナブレッドに似てます。結構しっとりしてて、時間が経ってもスコーン独特のパサパサ感がないのです。

朝食用に夜作って、次の日レンジで30秒チンして食べてもいいかもですね。スコーンはラップにくるんで冷凍保存も出来ますからね。

1