1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

ここで、HIKAKINを骨抜きにした猫の様子をご覧ください

日本のユーチューバーの代表格であるHIKAKIN( #ヒカキン )さんが2018年に飼い始めた猫の #まるお #もふこ に癒やされる人が続出していました。

更新日: 2018年12月20日

50 お気に入り 221094 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

独身ユーチューバーのハートを奪ったのは…

nyokikeさん

▼日本のYouTuberの代表的存在となったHIKAKINさん

2018年の日本のYouTubeトレンド動画トップ10にわたくしヒカキン4本ランクインしました全て1,000万再生超えのハイレベルなランキング見てくれたみんなありがとう✨ #YTFF pic.twitter.com/KRk3Og00to

・2018年はテレビへの進出が多かった

なんとわたくしヒカキン、次週のガキ使に出演します!サイレント図書館!w まさかあそこまで身体張ると思わなかったw 今までにないくらいミラクル起きまくりなのでお楽しみにw #ガキ使 #ガキの使い #ガキの使いやあらへんで pic.twitter.com/PqsAq9RbCR

ヒカキンは『ガキ使』出演の告知動画がアップロードされたメインチャンネルだけでも、670万人に届こうかという登録者を抱えており、普段はテレビをあまり観ない層のファンにも、上記のようなワクワク感を伝えている。

10月8日放送の日本テレビ系バラエティー『しゃべくり007 2時間SP』に出演し、くりぃむしちゅー、ネプチューン、チュートリアルの豪華MC陣とトークを繰り広げたときも、「YouTuberとはどんなものか」を番組で伝えただけでなく、スタジオで撮影した動画をアップし、宣伝にも一役買っていた。

▼そんなHIKAKINさんが描い始めた猫の「まるお」が超カワイイ!

まるお、おんぶしてみた 全然降りないので、部屋を歩いてあげました(笑) pic.twitter.com/dfIk5Gbnj3

▼実はとってもデリケートな猫である”スコティッシュフォールド”

“スコティッシュフォールド”は、折れ曲がった小さな耳、ふくろうのような丸い顔に加え、性格もおとなしく飼いやすい、として長い間人気を集めている。アニコム損害保険株式会社が毎年発表している人気猫の品種ランキングでも10年間1位を獲得したというほどダントツ人気の品種だ。

スコティッシュフォールドは、1961年にスコットランドの農園で、耳が折れた猫が生まれたことが発祥とされている。

その後、1971年にアメリカの遺伝学者の元へ数匹の折れ耳猫が送られ、ブリティッシュショートヘアやアメリカンショートヘアと交配が進められた。品種改良を重ねた結果、1994年に“スコティッシュフォールド”という新しい品種として公認された。品種としてはまだ歴史は浅いのだ。

チャームポイントである「折れ耳」は、先天的な骨の奇形や耳の軟骨の異常発達によるものであり、他の猫に比べても、慎重に病気をケアしなければならないといわれている。

スコティッシュフォールド同士を交配させてしまうと、耳以外の関節部分が変形する子猫が生まれる可能性が高くなってしまうのです。

▼それから2ヶ月後…まるおの兄妹にあたる「もふこ」も飼い始めたHIKAKINさん

もふこちゃんを飼い始めたのは2カ月後。まるお君のお世話に慣れてきたことと、多頭飼いをするなら早いほうがいいということで、このタイミングでお迎えすることになりました。

ヒカキンは動画の中で子猫を抱き、「まるおの兄妹です」と、7月から飼い始めてた猫「まるお」の妹にあたるメス猫を飼い始めたことを告白。

まるおと同じ日に生まれたといい、まるおを飼い始めたときも、猫のために最初から2匹飼おうか迷ったとのことだったが、まずは1匹きちんと育てられるのか考えるために、まるお1匹だけにしたことなどを話した。

・2匹との生活…目尻が下がりっぱなしのようです

1 2