1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

なにかと高くなりがちな「冬の電気代」を賢く節約する方法

日照時間が短くなることで照明の使用が長くなったり、暖房器具を使用したりと、冬は何かと電気を使う時間が長くなります。賢く節電して、冬を乗り切りましょう!

更新日: 2018年12月19日

47 お気に入り 72800 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ppp_comさん

■冬は電気代が高くなります

夏はエアコンや扇風機、冷風機など冷却器を多用しますし、逆に冬はエアコンにヒーター、温風機等など暖房機を使います

結論から言ってしまうと、夏と冬だと冬のほうが電気代は高くなると言われています

案の定、冬は暖房の関係で電気代がかさむのである!!!

■みんながやってる冬の賢い節電術はこれだ!

やっぱり厚着は節約の基本!

あ、昨日冬の部屋着のお供、半纏を新しくしたよ!ふっかふかであったかいよ~❤️

寒い日は、首にはネックウォーマーを、手首にはハンドウォーマー、足首にはレッグウォーマーをするとポカポカです

ユニクロの「ヒートテック」やイオンの「ヒートファクト」のような、着るだけで温かいインナーを着るなど洋服を工夫するのも効果的です

サーキュレーターを効果的に使おう!

冬にサーキュレーター使ってなかったんだけど、使ってみたらやっぱ違うな!いつもよりもあったかい気がする。

サーキュレーターを併用することで部屋全体に空気を循環させれば、よりスムーズに暖房を効かせることができます

床の冷気を天井に吹き上げ、溜まっている暖かい空気を下方へ送り循環させることができます

室内の環境やエアコンの種類などにもよりますが、2~3度ほどは温度設定を下げても同じくらいの温度に感じられる

加湿器を使えば体感温度が上がります

空気中の水分の割合である「湿度」は、体感温度を決める重要な条件のひとつ

意外ですがカーテンも結構重要です

断熱カーテン、設置直後に温度上昇始まって草。 むしろキッチンからのひんやりが気になるレベルになってきたからこっちも断熱幕必要やんけ…

1 2