飛行機の乾燥と戦う、CAさんの「スゴ技保湿テク」

冬は乾燥との戦い。砂漠並みに乾燥する飛行機内で働くCAさんたちの、保湿テクがタメになります。「水分補給」から、「アイテム選び」、「シートマスクの使い方」や、「超乾燥肌の人にオススメのケア」、「愛用する保湿グッズ」まで…。これで冬でもうるうるの肌を手に入れられそう!

更新日: 2019年01月08日

281 お気に入り 183727 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

CAさんは乾燥対策のスペシャリスト

CAはお客様と顔を合わせてお仕事をすることが多く、乾燥でシワシワになったりお肌トラブルを抱えるわけにはいかないので、乾燥対策に余念がありません

そんなCAさんたちの乾燥対策をご紹介します!

まずは内側からアプローチ

冷たい飲み物は身体を冷やし血液循環を悪くしてしまいます。血液循環が悪いとせっかく補給した水分もお肌に巡ってきません。常温の水かぬるま湯などがベスト

吸収できる水分量は限りがあるので、少しずつ飲むのがポイントです。

スキンケアは「手」から

顔を洗うのも、化粧水やクリームを塗るのも、手。
これ意外と盲点。。

手がしっかり保湿されていないと、せっかくの化粧品も全部手が吸収してしまいます。なので、スキンケアの第一歩はまず手を清潔に美しくしておくこと

手を洗ったあとなど、日々のケアを忘れずに。
クレンジング、洗顔が終わったら、さあ保湿♪

基礎化粧品の選び方は?

コラーゲン、セラミド、エラスチン、ヒアルロン酸、ヘパリン類似物質、天然保湿因子(NMF)など。

高い保湿効果を持つ成分を含んだアイテムを選ぶと、より乾燥知らずの美肌への近道となります

そして、ただ選ぶのではなく…

商品の成分表示は含有量の多いものから順に書かれているので、保湿成分が初めの方に表記されているものを選ぶと良いでしょう

基本のスキンケアにプラス

保湿ケア目的のものであれば、毎日取り入れても肌の負担になることはありません。

おすすめなのが入浴後。肌が温まり毛穴が開いている状態なので、美容成分が肌の奥に浸透しやすくなります

お肌の隅々まで成分が行き渡ります。
また、マスクの効果を低下させないために…

肌が乾かないうちに急いで顔と体全体をオイルで保湿し、服を着、それから化粧水などのスキンケアをスタート

お風呂上りなど、水分の蒸発とともに乾燥が始まります。

蒸しタオル(機内ならおしぼりでOK)で肌を柔らかくして水分を補い、その上からアイクリームで蓋をします

ふつうの保湿クリームでもいいですが、アイクリームのほうがより保湿力があるんだそう。

CAさん高愛用率の「保湿アイテム」

洗顔後すぐの肌にブースターとして使うことで、まっさらな肌にスーッとなじんでいき、その後に使う化粧水のうるおいをしっかりと抱え込みます

マッサージしながらつけるのがオススメです。

我的美麗日記 (私のきれい日記) 
*画像は黒真珠マスク

珍しさやパッケージの可愛さだけではなく、効果もしっかり実感できる実力の高さも兼ね備えています。その実力には各国のシートマスクを試しているCAも納得

1 2