出典 blackcat_katさんがアップロード

昭和31年交通技術4月号より引用

国鉄は、老朽化した設備を更新し、飛行機や自動車に対して有利に立つ必要があるが、実際には資金不足で十分な設備更新が行えないままとなっている。
これは、資金不足によるものであるが、運賃が不当に低く抑えられており、それ故に十分な投資が出来ていなかったものだと訴えています。

この情報が含まれているまとめはこちら

日本国有鉄道史 景気循環と国鉄 第1話 神武景気と鍋底不況と国鉄

国鉄における、第一次5か年計画についてまとめてみました。あまり資料が手元になくて、古い国鉄の部内誌などを参照しながら自分なりにまとめてみました。第一次5か年計画とはどんなものであったのか、今後更に自分なりに深掘りしていこうと考えております。

このまとめを見る