1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

バナナマンがサプライズ登場!『紅白歌合戦』の「ウラトーク」が気になる件

審査員への出川哲郎のサブプライズ選出など、ほぼ概要が判明した『第69回NHK紅白歌合戦』。しかし、過去4年連続で『紅白』を副音声で盛り上げてきた『紅白ウラトークチャンネル』と、バナナマンについては今だ発表がないとネットでも話題に。 追記:司会交代→乃木坂46の場面でバナナマンがサプライズ登場

更新日: 2019年01月02日

4 お気に入り 13100 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆内村光良、広瀬すず、櫻井翔の司会による今年の紅白歌合戦

左から広瀬すず、内村光良、櫻井翔

紅組司会は、来年に連続テレビ小説100作目となる『なつぞら』のヒロイン・奥原なつを演じる広瀬すず。白組司会は、2009年から9回連続で【NHK紅白歌合戦】に出場、2010年からは嵐として連続5回白組司会を務めた櫻井翔。

◆全42組中、キンプリやあいみょんなど初出場組が6組

[レポート]『NHK紅白歌合戦』出場歌手発表会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、純烈、DA PUMP、Aqours、刀剣男士が登場。意気込み語る。 あいみょん「ようやく親孝行」、Suchmosも動画でコメント cinra.net/report/201811-… #紅白歌合戦 #あいみょん #KingPrince #刀剣男士 pic.twitter.com/1PWxIUUvVU

初出場は、紅組ではあいみょんさん、DAOKOさん、白組ではKing & Prince(キング・アンド・プリンス)、Suchmos(サチモス)、純烈、YOSHIKI feat. HYDEの計6組。

「U.S.A.」がヒットしたDA PUMPが16年ぶり6回目、活動再開したいきものがかりが2年ぶり10回目の出場を果たす。

◆ユーミンにサザン、北島三郎と目玉企画の大物歌手も決定

出演が決定したユーミンこと、松任谷由実。7年振りの出場に期待が高まる中、名曲メドレーの歌唱が決定。また、「私が好きなユーミンのうた」と題した視聴者参加型の投稿企画が決定。

2014年は横浜アリーナからの中継だったサザンは今回、「東京シャッフル」を披露した1983年以来、35年ぶりに東京・NHKホールからの登場が決まった。

演歌界の大御所・北島三郎(82)がサザンと同じ特別枠で5年ぶりに出演決定。代表曲「まつり」を歌唱する。

◆審査員には出川哲郎を選ぶなどのサブプライズも

【ヤバイよ×2】出川哲朗、『紅白』と『ガキ使』掛け持ち出演へ news.livedoor.com/article/detail… 紅白の初出演が決定し掛け持ちが決定。ガキ使は11月に収録済みで、出演シーンは不明だが依頼は日テレの方が先だったという。 pic.twitter.com/98Uf46FXfc

ゲスト審査員に阿部サダヲ、安藤サクラ、競泳・池江璃花子選手、スピードスケート・小平奈緒選手、佐藤健、出川哲朗、永野芽郁、中村勘九郎、夏井いつき、野村萬斎、サッカー・長谷部誠選手の11人。

大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」でW主演を務める勘九郎&阿部、現在放送中の連続テレビ小説「まんぷく」のヒロインを務める安藤、「半分、青い。」での好演が話題を呼んだ永野&佐藤ら、2018年、2019年を盛り上げるNHKの顔がそろい踏みに。

木田総局長は「NHKのドラマ出演者や今年活躍したアスリートなど、大変バラエティーに富んだ方々にお願いした」とコメント。サプライズとなった出川の選出について同局は「NHK、民放を含めて今年すばらしい活躍をされた」と説明した。

◆そんな中、出演が危ぶまれている「ウラトーク」のバナナマン

久保田祐佳アナとバナナマン

世間はあるお笑いコンビの出演についても気になって仕方がないようだ。「14年から4年連続で『紅白歌合戦』を副音声で盛り上げる『紅白ウラトークチャンネル』を担当しているバナナマンですね。」

淫行疑惑が報じられた、お笑いコンビ「バナナマン」の日村勇紀さん(46)が、民放のテレビやラジオに続々と生出演している。一方で、NHKの番組は「編成上の都合」で放送延期に。バナナマンはここ数年、年末の「NHK紅白歌合戦」で副音声を担当していることから、ファンからは心配の声が出ている。

NHKの上層部が今年の「紅白ウラトーク」のバナナマン司会就任に難色を示したことで、彼らの代わりにに毒舌スタイルで名を売っている「チコちゃん」を抜擢したのではないか、との噂もある。

◆乃木坂46や西川貴教らとの絡みなど自由なスタイルが評判だった

西川貴教(右)とバナナマン

出演者ではない西川の“乱入”も毎年の風物詩に

紅白ウラトークとは紅白歌合戦の放送中、副音声でタレントなどが実況するというもので、バナナマンの抜擢は当初は疑問視する声も多かったが、彼らの自由気ままな実況スタイルのトークが評判を呼び、2014年から4回連続でウラトークの司会を担当。

バナナマンの副音声目当てで視聴するという人も多く、一定のファンを獲得していることは事実。

また、今年も紅白に出場する乃木坂46とは、乃木坂のレギュラー番組で司会を務める間柄ということもあって、バナナマンは乃木坂のメンバーやファンからは“公式お兄ちゃん”と呼ばれ、その共演をファンは毎回楽しみにしています。

1 2