1. まとめトップ

今さら聞けない!電子タバコ/VAPEって結局なに?オススメやメリットデメリットまとめました!

最近よく聞く電子タバコ(=VAPE)ってそもそもどんなもの?どういう仕組みでどんな種類があるのかメリットデメリット、人気の製品をご紹介します!

更新日: 2018年12月20日

2 お気に入り 894 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

【電子タバコとは】

・フレーバーのついた液体を加熱させることで生じた蒸気を吸うもの
・本体に液体を補充するタイプや、カートリッジごと交換するタイプなどがある
・タバコの葉は使用されていないので、アイコスなどと違って基本的にニコチン、タールは含まれておらず出てくる煙は水蒸気

たばこ葉を使用せず、装置内もしくは専用カートリッジ内の液体(リキッド)を電気加熱させ、発生する蒸気(ベイパー)を愉しむ製品です。

リキッドには、ニコチンを含むものもありますが、日本国内では、ニコチンを含まないものが一般的です。

電子タバコは、一般的に、加熱用電池であるバッテリーと、液体(リキッド)の容器であるカートリッジ、液体を熱して蒸気を発生させるアトマイザー、発生した蒸気の吸い口、などから構成されます。リキッド部分は、自分で液を補充するタイプや、液入りの容器ごと交換するタイプなどがあります

【健康への影響は?】

・電子タバコは従来の葉巻タバコ等よりは毒性は強くない!

製品評価技術基盤機構にて行っている「初期リスク評価書」に基づき、それぞれの化学物質についてはNOAEL(無毒性量)が報告されている。

現在の電子タバコは紙巻きたばこと比べて比較的安全であり、紙巻きたばこの代用品として使用する魅力的な製品であるという意見があるものの、紙巻きたばことの重複使用(デュアルユース)や禁煙区域での使用など、たばこの常態的な使用に繋がりかねないとの問題も指摘されている。

・とはいうものの、電子タバコというジャンル自体が新しい製品ゆえ健康への害の程度がはっきりしていないのも事実。
確実にいえるのは、決して全く無害ではないということ

電子タバコがヒトの健康に与える影響について調べた疫学研究は限られており、現時点で健康影響を評価する場合に、成分分析の結果に基づいて検討を行うことが重要。

現在の電子タバコは、原型が2004年に中国で特許取得され、その後製造販売が拡大して
きた新しい製品であるため、長期利用による健康影響は不明である。
ホルムアルデヒドやアクロレイン、グリオキサールについて、それぞれMargin of Exposureが不確実性積より小さい値になっていることから、健康に悪影響を及ぼす可能性が示唆された。

【電子タバコ、どんな種類がある?人気の機種は?】

リキッド(液体)式

本体にリキッドを補充して吸うタイプの電子タバコ。充電式で何度でも使える。
いろいろなフレーバーのリキッドがあるので選ぶのも楽しい。電子タバコの王道タイプ

メリット

・種類が豊富でデザインも好みのものを選びやすい
・フレーバーが多様でいろいろと試すことができる
・繰り返し使えるのでエコ
・ハイパワーのものだとかなり本物のタバコのように煙が吸える

デメリット

・お手入れをする必要がある
・充電式のものがほとんどなので充電をしっかりする必要がある。
・見た目が本物のタバコとは違う

使ってみた方のレビュー

電子タバコは渋い系のデザインは持っていますが。
スタイリッシュな感じのものは持っていなくて購入しました

デザインは、メタリックな感じでカッコイイです

速使って感想を聞いてみると、IQOSに比べて匂いがなく(これは同感でした)glowよりタバコを吸っている感があるそうで、ペン型なのでUSB充電がしやすく、リキッド残量が見えるそうで気に入ったようです。

コルクも2〜3週間持つようなのでかなり経済時です。

吸い心地もかなり良くて爆煙で凄く満足感も得られるので非常にお薦めです!
りました(笑)

ベイプは今まで抵抗がありましたがこちらを使用してみて抵抗どころかすっかりベイプの虜にな虜になりました(笑)

バッテリー交換型

使ってみた方のレビュー

手のひらサイズで持ちやすいですよ。

普通のタバコの感覚で吸っていると、すぐリキッドがなくなります。(;・∀・)
ミストも大量に出て、吸ったなーっていう感じがします。
おすすめですよー。

1ヶ月使ってみた感想は「非常に良い」

メンソールのタバコを吸われてる方ならさほどストレス無く代替え出来ると思われます。

一日でタバコ一箱空いてしまうので節煙目的で購入しました。バッテリーが交換可能なので長く愛用出来そうです。

1 2 3