1. まとめトップ

1年で一番太る「正月太り」を防ぐ…食べすぎをなかったことにする為の3行動

年末年始のお正月太りで後悔しないためにも、食べ過ぎた後にできるリカバリ方法を知っておきましょう^^

更新日: 2018年12月27日

2 お気に入り 8639 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

お役たち情報をまとめています。

kanmon01さん

正月休み明けが1年で一番太る?

食べすぎと、ダラダラと過ごす時間が多いこの時期は特に体重が増えやすいので注意が必要です^^

【ご報告】 明日から正月太りの前借り始めます。

@Y________47ss やろうがんばろう!!!!!!!!正月太りじゃなくて正月痩せしよう!!!!!!!

やっと本格的な冬休み入った満喫しるどんとこいや正月太り

@QQEJM3 一日中ぐーたら生活したいよね お菓子大量に買い込んで正月太りする未来しか見えない

@naokzbin お疲れ様でしたー! ダイエットしても すぐ正月太り ですね!

食べすぎた後にできるリカバリ方法

1.次の食事までの時間を12時間プチ断食

理屈で考えても、いつもの通りしっかり三食を食べると前日の食べ過ぎた分がエネルギーとしてほとんど消費されずに蓄積され、太りやすくなるのは当然のことです。

出典Men’s Beauty

もちろん運動も良いのですが、時間のない忙しい人であればカロリーを控えて代謝でエネルギーを消費させる方が手っ取り早いと言えるでしょう。

朝は食べず、次に食べるのは昼の13時以降にしています。食べ過ぎると、食物の消化吸収で胃腸が働きっぱなしになるので、時間をあけて内臓を休ませるのです。

出典人気トレーナー・木場克己さんのカラダメンテ術

「12時間あけ」は、あくまでも食べ過ぎ・飲み過ぎ時の胃腸の休め方だと考えてください。

2.体脂肪になるまでの48時間が重要

食べた物は糖(グリコーゲン)として肝臓に蓄えられるのですが、食べすぎによって糖が増えすぎると、肝臓に入りきらなくなったグリコーゲンが脂肪に変わります。その時間は48時間といわれています。

出典飲み会続きでも「太らない人」が取る行動3選ー東洋経済オンライン

実際に食べた物が脂肪に変わらないようにするには48時間以内に調整する必要があるのです。

一度体脂肪がついてしまうと、食事制限だけでなく運動までしなくては痩せるにはかなりの努力が必要になります。

出典Men's Beauty

つまり、食べ過ぎた日から2日以内にカロリーを消費すると太りにくいということ。

3.「体温アップ」で効率的に

時間のない人がエネルギーを消費するためには体温を上げ基礎代謝量をアップさせることをおすすめ

出典Men's Beauty

体温が1度上げると基礎代謝量は10〜15%ほどアップし、平均的な男性の基礎代謝量1500カロリーで考えてみると150カロリーが加算されることに。

つまり運動をしなくても、約1時間のウォーキングと同じくらいのカロリーが勝手に消費されるということ

出典Men's Beauty

冷たい飲み物ではなく温かい飲み物にし、食事の際は生姜やネギ、ニンニクやスパイス等が使われているスープや温かい料理を選ぶと、短時間で血流がよくなり体温を上げる作用があります。

出典Men's Beauty

ちょっとしたチョイスの違いで、より効率よくカロリー消費しますので意識してみてはいかが^^

■正月太り予測中の皆さん^^;

正月太りをなかったことになるよう祈ってます^^

地元は水と食材が美味しい。 つまり。 食べるしかない。 帰省により正月太りフラグが見える…。

1 2