1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

ファンに激震…Jリーグの「移籍市場」がなんだか騒がしい

「生涯○○宣言」なんてするもんじゃないですね。

更新日: 2018年12月21日

5 お気に入り 18182 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼性の高い報道と皆さんのツイートを基に作成しました。

manuronaldさん

■元日本代表MF山口蛍がヴィッセル神戸へ完全移籍

【MF山口蛍選手 完全移籍加入のお知らせ】 このたび、セレッソ大阪よりMF #山口蛍 選手(28)が完全移籍で加入することが決まりました。 山口選手のコメントはこちらからご覧ください! bddy.me/2PK21OM #vissel #visselkobe pic.twitter.com/UqHG7py0op

ヴィッセル神戸は19日、セレッソ大阪の日本代表MF山口蛍(28歳)の獲得を発表した。

契約内容は公開されていないが、移籍金は推定2億円、年俸は推定1億円を超す複数年の大型契約となる。

昨季は10番を背負って2冠達成に大きく貢献し、今季は主将としてJ1リーグ戦33試合に出場していた。

「セレッソ大阪を離れるのは簡単な決断ではなかったが、また一から新たなチャレンジをしたいと思い決断した」とコメントしている。

■その山口選手と入れ替わる形で札幌FW都倉賢が加入

その後、草津、神戸を経て2014年に札幌に加入すると、加入初年度から卓越したポストプレーと打点の高いヘッドでゴールを量産。

今季はチームトップとなる12得点を挙げ、クラブ史上最高となる4位躍進の原動力となっていた。

5年間でクラブ歴代最多得点となる72得点

「未来を約束することが年々難しくなる中で、自分の人生について考えに考えて、挑戦したいと思った」

「北海道が大好きな場所であることには変わりありません。『さよなら』ではなく『いってきます!』です」などとコメントしている。

■いま、この2人の移籍がサッカーファンの間で物議を醸している

”札幌愛”を強調していた都倉選手

札幌と複数年契約を結んでマイホームも購入し、「どの場所よりも好き」と札幌に骨をうずめる意思を表明。

クラブはACL出場権争い真っただ中の11月上旬に契約延長の正式オファーを提示し、残留の方向で固まっていた。

しかし、11日にC大阪から獲得オファーが届き、両チーム関係者との面談の末、移籍する意志を固めたという。

C大阪が提示した年棒は、札幌の約2倍となる推定7500万円だった

”生涯セレッソ宣言”を行っていた山口選手

1 2