1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

日本人は洗脳されているメディアによって!!実はフランスの黄色いベスト運動の真実はこうだ!どうぞどうぞ拡散お願いします!!日本も時間がない!!

フランス人は気づいてる本当の真実!!!

日本人はみんないいように騙されている!!いい加減気づけってこと!!!

出典i2.wp.com

プロビデンスの目にハサミが突き刺さっている!!

さてさて、お元気してますか?フランスはなにやら凄いことになっていますね。
一般的にはガソリン税が上がったからあれだけ騒いでると日本人はたいてい思っていると思いますが、
そうではないのです。ちゃんとニューワールドオーダーと戦っているのです。
日本のYOUTUBE都市伝説テラーの何人かは安倍さん頑張れ!っていっています。
一体何をどうしたらそこにたどり着くのか思考回路がわかりません。
まぁ十人十色なんですかねぇーとか言う余裕もないです。自分。
どうも事の重要性がわかってないんですよね。
そんなひとばっかりです。日本人。おそろしす。
メディア洗脳されている人ばかりです。まじでおそろしす。
ああいうゆうやり方がいいとか悪いとか別にして。

かたやフランス人は賢い。グローバル資本家とちゃんと戦っている。
だからそのような企業を基本的に狙っている。スタバとかマックとか銀行とか、
以外に他は基本的には大丈夫なようです。

出典i0.wp.com

片目 五芒星 イルミナティ=グローバリスト資本家

「黄色いベスト運動」を“燃料税反対デモ”と報じるマスコミは完全フェイク! 打倒イルミナティ勢力、打倒温暖化ファシズムの革命だ!(証拠多数)

革命が起きている――。目下、パリで繰り広げられている“黄色いベスト運動”はヨーロッパ全体に広がる“革命”の始まりであると、あるデモ参加者は主張している。

■“世界同時革命”の発端なのか?

何か大きなことが起こっている空気を感じる――。そう語るのは、YouTubeチャンネル「WeAreChange」の運営者でジャーナリストのルーク・ルドコフスキー氏だ。同氏はフランス・パリに赴き、現在のデモの様子を取材した動画をアップしている。

 2018年12月7日に公開された動画の中では、デモの参加者であるボブ氏(仮名)が登場し、現在のデモの背景に何があるのかを語っている。

「この“フランス革命”は今後さらに規模を大きくしてヨーロッパ中に、そしておそらくアメリカにも広がるでしょう」(ボブ氏)

燃料税と自動車税の引き上げに反対する抗議活動に端を発する今回のデモだが、参加者たちの主張はそれだけにとどまらず、生活費の高騰や格差社会化、低所得者への増税などの不満を訴え、新自由主義(Neoliberalism)に基づくマクロン政権の退陣を要求するまでにエスカレートしている。フランス国民の怒りが爆発しているのだ。

「マクロンは単なる傀儡にすぎず、背後にいる銀行家たちから指図されています」(ボブ氏)

フランスは貿易赤字に悩まされているが、ユーロ加盟国のフランスに通貨発行権はなく、フランス政府は銀行からすべてのユーロを借りなければならない。したがってマクロンは銀行の言いなりになり、フランス国民からますます多くの返済資金を搾取しなければならないということだ。

 またマクロンは、欧州委員会がヨーロッパを支配するドイツの対抗勢力であると誤って認識しているため、欧州委員会の黒幕官僚にその身を捧げているという。そしてこうしたマクロンのような“グローバリスト”に国民は心底うんざりしているという。そして彼らによって推し進められたグローバル化によって、国民の生活はますます逼迫しているのだ。

「良い仕事は海外に発注され、私たちは低賃金、年金の減額、休暇の削減、(正社員になれない)請負契約に苦しめられ、何の利益も得られません。私たちはゼロ時間契約、子どもの将来への希望のなさ、超過労働、高い家賃に苦しめられています。私たちは24時間365日ノンストップのグローバルスタンダードな勤務スタイルにうんざりしています」(ボブ氏)

 こうして積もりに積もっていた国民の怒りが、今回のデモによってついに噴出しているのである。

■なんとなんとフランス国民の8割がデモを支持!!!!!

日本人は洗脳されすぎ!!大丈夫か?すでに手遅れ!!実はもう日本はすでに日本のものじゃない!!

領空もアメリカのもの。

辺野古基地問題も珊瑚が死ねば、他の海の生き物も絶滅する。つまり海産資源が減っていく。これは恐ろしい。そして民意を2回も無視している。民主主義が終わった。

基地反対賛成はもっと話し合いが必要だ。今起きていることはファシズムだ!

そして経済はグローバル資本家のもの。いい加減これぐらいは理解したほうがいい。やばい。

何を日本から切り離されているか?この動画を見るべし!!!

さて話はまたフランスの黄色いベスト運動の話

ボブ氏によれば約2カ月前に始まった今回のデモは、当初は穏やかなものであったという。しかし警官隊による催涙ガスの使用をきっかけに暴力を伴う過激なデモに変貌していったということだ。暴力の度合いはますます激しくなっており、近いうちのどこかの時点で政府はより強硬な手段で鎮圧に乗り出すことが予想されるという。

 しかしボブ氏はこの件についてはあまり危惧していないようだ。それというのも今回のデモは警察官や軍人を含む多くの人々の支持を受けているからだ。11月末の世論調査でデモへの支持率は8割にのぼったとも報告されている。

警察官や国家憲兵隊員は民衆の側をサポートしていて、ともあれこれまでに警察官による一般市民への暴力は行使されていない。それは警察官もまた“搾取”されている側であるからだという。警察官の長時間勤務も常態化しているというのだ。

 また今回のデモへの支持や参加は政治的立場をも超えていて、右翼の者も左翼の者もデモに参加して“連帯”しているのだ。ちなみにデモ参加者に周知徹底が図られているのは、デモ側に“リーダー”をつくらないということである。ボブ氏が仮名で顔を出さないのも、こうした取り決めがあるからだという。

1 2 3