1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

今度は魂を抜かれなかった…”あの画像の人”に破れた羽生善治が無冠に

将棋の永世七冠の #羽生善治 (はぶ よしはる)竜王が #広瀬章人 (ひろせ あきひと)八段に破れ、27年ぶりの無冠になった。タイトル100期目前にして時代の変化を感じさせる出来事に衝撃が走りました。

更新日: 2018年12月22日

13 お気に入り 38329 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

羽生さんを倒した、広瀬八段が”あの画像”についてコメントしていました。

nyokikeさん

▼羽生善治竜王がタイトル100期目前で27年ぶりの無冠に…

羽生竜王、タイトル100期ならず。挑戦者の広瀬八段に敗れ27年ぶりの“無冠”に(将棋・第31期竜王戦七番勝負第七局) originalnews.nico/157634 pic.twitter.com/gJyW1S2m7I

将棋の羽生善治竜王(48)に広瀬章人八段(31)が挑戦する第31期竜王戦7番勝負の第7局が21日、山口県下関市の「春帆楼」で2日目が行われ、羽生竜王が167手で広瀬八段に敗れ、3勝4敗で防衛ならず。1991年以来27年ぶりの無冠となった。

・平成のほとんどをタイトルホルダーとして過ごした羽生善治前竜王

羽生善治竜王は昭和45年に埼玉県に生まれ、小学6年生のときには全国の小学生が競う将棋大会で優勝して「小学生名人」になりました。

昭和60年、中学3年生で、加藤一二三さん、谷川浩司さんに次ぐ史上3人目の中学生棋士として15歳2か月でプロ入りを果たしました。

羽生竜王は1989年に竜王位で初タイトル。翌年に失ったものの、その4カ月後に棋王位を獲得してから今日まで、27年に渡り1つ以上のタイトルを保持。

1996年には当時7つだったタイトルを全て持つ「七冠独占」も達成し、通算タイトル数は99期。あと1つで前人未踏の100期に到達していただけに、シリーズ開幕前からファンの間では期待と不安が入り混じり、大きな注目を集めていた。

・羽生善治前竜王、広瀬章人新竜王のコメント

羽生善治前竜王 「序盤は経験のある形だったが、中盤以降形勢を損ねてしまった。(今後について)今は考える段階ではない。結果が伴わなかったのは、実力が足りなかった。実力をつけてチャンスを掴みたいです。」 #竜王戦 buff.ly/2T40PaP pic.twitter.com/PVGQr0gmBs

対局のあと羽生さんは、「結果が出せなかったのは、自分自身の実力が足りなかったからだと思います。また力をつけて、次のチャンスをつかめたらと思います」と話しました。

広瀬章人新竜王のコメント 「序盤から自信がない展開でしたが、▲3五銀から▲2四歩あたりで形勢の好転を感じました。シリーズを通して、自分の良いところと悪いところが出たシリーズだったと思います。」 #竜王戦 buff.ly/2T40PaP pic.twitter.com/i3K5bVht4m

広瀬さんは「これほど注目される舞台は棋士人生ではないかもしれないので、とにかく悔いが残らないようにと思っていました。久々のタイトルなので、その名に恥じないようにしたいと思います」と話していました。

平成23年に「王位」を失って以来7年ぶりにタイトル保持者となった。

▼羽生善治永世七冠がまさかの無冠…Twitterがどよめいていた

167手をもって羽生竜王が投了。広瀬八段の勝ちとなり、同時に広瀬竜王が誕生しました。 27年間続いた羽生先生の同時タイトル保持記録は遂に途絶えることになりました。 将棋ファンの皆さま!まずは広瀬新竜王への賛辞を!そして羽生九段の新たな旅路への祝福を!共にこの歴史的な瞬間を祝いましょう‼️ pic.twitter.com/YNmnPrkOot

素晴らしい対局でした。 羽生さんの時代が終わったのでは無く 時代が羽生さんに追いついたんだと思います。 広瀬竜王おめでとう #将棋 pic.twitter.com/9DSWTEWuRg

広瀬章人八段が8年ぶりのタイトル獲得。竜王は初獲得となりました。 buff.ly/2T40PaP 竜王:広瀬章人 名人:佐藤天彦 叡王:高見泰地 王位:豊島将之 王座:斎藤慎太郎 棋王:渡辺明 王将:久保利明 棋聖:豊島将之 #将棋 pic.twitter.com/fGHmrMLsp7

・27年ぶりの無冠となった羽生さんにエールが送られていました

羽生善治さんは、竜王位を失って「27年ぶり無冠」となりましたが、裏を返せば27年連続タイトル保持という空前絶後の記録を打ち立てたことを意味しています。 今後、羽生さんのカムバックがあるのか、新しい世代の棋士が台頭してくるのか、各棋戦から目が離せません。 bunshun.jp/articles/-/101… pic.twitter.com/Q91MrPVHaN

広瀬竜王誕生!羽生先生無冠転落 両先生、お疲れさまでした。 とりあえず、過去30年の勢力図の変化を確認しておこう。 #竜王戦 pic.twitter.com/V5Gtyh2kp0

羽生さんの1991年(平成3年)3月以来の27年ぶりの無冠ですね

羽生さんの「無冠」ってなんか極めし者が修練の果てに辿り着いた究極の境地っぽくて逆にカッコいいな

七冠を谷川九段に一年お預けされ、永世名人森内九段に先越され、永世竜王を渡辺棋王に先越され長くお預けされたことを考えると、最強の名を欲しいままにした羽生さんが常に順風満帆であったわけではないというのが感じられ、そういう不完全性に美を感じる部分もないではない。また檜舞台に上がるでしょ

新しい竜王位が誕生しましたね。広瀬八段の見事な闘いぶりでした。彼が挑戦者になったとき「歴史を変えるつもりで頑張ります」と話してくれたことを思い出します。羽生さんの肩書きがこれで九段になるようですが、それではあまりにも淋しく思います。永世七冠という称号ではいけないのでしょうか。

平成元年に初タイトルの竜王位を獲得して以来、年度内に必ずタイトルを獲得、防衛してきた羽生さんが、平成とともに、そのひとつの伝説を終える。 おつかれさまでした。あなたの棲む時代に生まれて幸せでした。まだまだ歴史を作られると思うけど、とりあえず。

内藤九段が、羽生竜王のことを「天才は涼しい」と表現されていたのを思い出しました。世間がどれだけ騒いでも、「100期か無冠か」と煽られても、羽生竜王は普段通り。まさに"玲瓏"。 広瀬竜王、おめでとうございます 羽生先生、お疲れ様でした これからもずっと応援しています!

▼羽生竜王に勝った広瀬新竜王…あれっ、どこかでみたことある人だなぁ

今「羽生さんと戦って生気を抜かれた」この画像で有名な広瀬さんが、羽生さんを27年ぶりの無冠に叩き落とそうとしている pic.twitter.com/FraPIbw1Fj

羽生竜王倒した人、どっかで見たと思ったら若手の時に羽生さんにぼこられて精神崩壊させられてた広瀬章人さんじゃん強くなったんだな… pic.twitter.com/3ZSZCkVpKm

1 2