1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

田中圭から賀来賢人まで!2018年ブレイク俳優たちの当たり役

2018年にブレイクした俳優(男優)がそのきっかけとなった当たり役と作品まとめ。中村倫也『ホリデイラブ』、志尊淳『女子的生活』、平野紫耀『花のち晴れ~花男 Next Season~』、田中圭『おっさんずラブ』、賀来賢人『今日から俺は‼』。なお、中村と志尊は朝ドラ『半分、青い。』でさらにブレイク拡大。

更新日: 2019年01月10日

10 お気に入り 60324 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆中村倫也『ホリデイラブ』(1月期ドラマ)

原作:こやまゆかり・草壁エリザ
脚本:渡辺千穂
出演:仲里依紗、塚本高史、中村倫也、松本まりか

こやまゆかり原作、草壁エリザによる漫画をドラマ化。信じ切っていた夫に浮気されて裏切られるも、夫婦の愛を再構築しようと闘う妻の姿を描く。

夫と子供と3人で暮らしながら、家計の足しになるようネイリストとして働いていた高森杏寿(仲里依紗)は、ひょんなことから夫の浮気を知り、苦悩の夫婦生活が始まる。

泥沼の不倫劇だが、展開の面白さ、俳優の演技のうまさなどに加え、”不倫側”ではなく”夫婦側”に立って夫婦愛の正義を描いていることで支持を集め。

・ドS夫役でブレイク 直後の朝ドラでさらに人気拡大

『ホリデイラブ』

不倫した2人を容赦なく追い詰める中村倫也のドS演技が話題に。ネット上には「私も罵られたい…」「怖すぎてむしろカッコいい」などの声が殺到しました。

『半分、青い。』

その後4月期の朝ドラ『半分、青い。』(NHK総合)で演じた朝井正人に女性人気が殺到し、“マアくんロス”も引き起こし、後半で再登場するとSNSを騒がせた。

ドS夫からマシュマロ男子、競艇好きのシェフ、ヤクザとまさに変幻自在な演技で、“カメレオン俳優”とも呼ばれついに大ブレイクを果たした。

◆志尊淳『女子的生活』(1月期ドラマ)

原作:坂木司
脚本:坂口理子
出演:志尊淳、町田啓太、玉井詩織、玄理、小芝風花、羽場裕一

志尊淳主演で坂木司の原作を実写化したドラマ。

可愛い女子的な生活に憧れて都会に出てきたOL・みき。実は彼女は体の性別が男性というトランスジェンダーだった。そんなみきの下に学生時代の同級生・後藤が助けを求めて訪れる。

生きづらい現代の世の中をさりげなく示しつつ、トランスジェンダーのヒロイン・みき(志尊)が同級生・後藤(町田啓太)と共同生活を送ることで起こるちょっとした変化を描いた、鮮烈かつ多幸感に溢れる傑作。

・難役を演じた志尊 朝ドラのゲイ役でさらに知名度を増した

『女子的生活』

志尊淳(左)と町田啓太(右)

志尊は、心は女性、恋する対象も女性という設定で、気持ちを理解して演じるには、難しい役であったと思われるが、トランスジェンダー指導を担当する西原さつき氏の指導を受け演じきっていた。

『女子的生活』では、雑誌「コンフィデンス」が主催する第11回コンフィデンスアワード・ドラマ賞主演男優賞を受賞。

『半分、青い。』

トランスジェンダーの役に挑んだ『女子的生活』、ゲイの「ボクテ」こと藤堂誠を演じた『半分、青い。』で知名度をさらに増した。朝ドラの効果と、演技力の幅を見せたことが高評価につながった。

◆平野紫耀『花のち晴れ~花男 Next Season~』(4月期ドラマ)

原作:神尾葉子
脚本:吉田恵里香
出演:杉咲花、平野紫耀、中川大志、濱田龍臣、飯豊まりえ、今田美桜、鈴木仁、中田圭祐

原作は人気漫画家・神尾葉子が手掛ける累計発行部数6100万部突破の大ヒットコミック「花より男子」の新シリーズ。

F4が卒業してから10年後、落ち目になった英徳学園を舞台に、人に言えない“秘密”を抱えた新世代のキャラクターたちが巻き起こす痛快青春ラブストーリー。

4月クールドラマTwitterフォロワー数第一位! 毎話花キュンな切ない展開に番組関連ワードがトレンド入りするなどSNS中心に話題沸騰!

・ドラマ出演で知名度を増した平野 グループの主題歌も大ヒット

1 2