1. まとめトップ

有馬記念予想!2018年有馬記念を初心者のために徹底解説!

第63回有馬記念2018年12月23日(日)11R:15時25分スタートはじめて競馬をやる方や初心者の方もいらっしゃると思いますので、有馬記念とは何ぞや?というところから解説させて頂きます。

更新日: 2018年12月27日

2 お気に入り 32177 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

第63回有馬記念2018年12月23日(日)11R:15時25分スタートはじめて競馬をやる方や初心者の方もいらっしゃると思いますので、有馬記念とは何ぞや?というところから解説させて頂きます。

普段、競馬をしない人も参加する、国民的お祭りレース!

そんな年末の風物詩、有馬記念とは?

スターホースが一堂に会する年末の国民的行事

特に今年は、ウマ娘のアニメだったり、人気俳優を起用したCMだったり、競馬に色んな入口が設けられて、今やおじさんのギャンブルという印象はなくなったね。
特に有馬記念は、普段競馬をやらない人も有馬記念は賭けてみるって人も多いんじゃないかな?

人気投票で出走馬が決まる(実質的にはあまり機能していない)

基本的に競馬のレースは、獲得賞金が多い順番に優先的に出走出来ます。

ただ、もし賞金が足りなくて出られない場合でも、この上位トップ10に入れば、特別に出られるという制度です。

「出て欲しい」と思う馬をファンが投票するのですが、出て欲しいと思われるような馬は、基本的に勝ち星を上げている人気馬ですし、特に人気のあるアーモンドアイやワグネリアンは、早々に休養を発表していたので、あまりこの投票は実質あまり意味がなかったりします。

そんなワケでとっくに形骸化し、なんちゃってファン投票となっていたこの投票ですが、今回は少し違います。

障害レース王者、「オジュウチョウサン」のまさかの有馬記念参戦発表により、重要な意味を持つようになりました。

出たくても出れない、でも出れば面白い馬に対して、ファンが後押し出来るという本来の素晴らしい制度の意味が活きる事となりました。

ちなみに障害レースとは、平地ではなく障害物を飛び越えながらゴールを目指す、特殊なレースです。

2017年の有馬記念を単勝1番人気の支持に応えて制したキタサンブラックは、“ラストラン”となったこのレースで通算のGⅠ勝利数を7に伸ばした。

グレード制が導入された1984年以降の優勝馬延べ34頭中、この有馬記念がGⅠ・JpnⅠ初勝利だったのは2015年のゴールドアクターほか5頭だけ。

当レース以前にGⅠ・JpnⅠで3着以内に入った経験もなかったのは1991年のダイユウサクと2007年のマツリダゴッホだけである。

なお、1986年から1993年にかけては単勝1番人気馬が8連敗を喫したものの、1994年から2017年の有馬記念で単勝1番人気に支持された馬は〔13・4・1・6〕とまずまず堅実だ。
今年も期待を背負った実績馬が順当に勝利を収めるのだろうか。
それとも、意外な伏兵馬が金星を勝ち取るのだろうか。今回は過去10年のレース結果から、好走馬に共通するポイントを分析してみたい。

有馬記念の予想ポイント

右回りのGⅠ・JpnⅠで好走経験のある馬が中心

過去10年の3着以内馬延べ30頭中26頭は“前年以降のJRAの右回りコースでのGⅠ・JpnⅠ”において3着以内に入った経験のある馬だった。
一方、この経験がなかった馬は3着内率5.3%と苦戦している。前年以降に中山、京都、阪神競馬場で行われたGⅠで好走した経験のある馬を高く評価した方がよさそうだ。

前走に注目

過去10年の前走の条件別成績を調べると、前走が「GⅠ・JpnⅠ以外」だった馬は3着内率8.3%と苦戦している。
臨戦過程を比較する際は、前走が国内外のビッグレースだった馬を重視すべきだろう。

なお、前走が「GⅠ・JpnⅠ以外」だったにもかかわらず3着以内に入った4頭は、いずれも前走の距離が2500メートル以下、そのレースの上がり3ハロンタイム順位(推定)が2位以内だった。前走が国内外のビッグレースではなかった馬のうち、そのレースが今回より長い距離のレースだった馬や、“末脚”が目立っていなかった馬は評価を下げたい。

6歳以上は割引

過去10年の年齢別成績を調べると、「6歳以上」の馬は優勝例がなく、3着内率も8.3%にとどまっている。
なお、「6歳以上」の馬で3着以内に入ったのは2009年3着のエアシェイディ(8歳)が最後である。
比較的年齢の高い馬は苦戦する可能性が高いようだ。

枠順にも注目。
外枠、特にピンク枠は厳しい結果。該当するのは、シュヴァルグラン、サクラアンプルール。

有馬記念予想

◎キセキ

有馬記念は、中山2500mというタフなコース。

そして、先行馬が有利なコースです。芝も荒れる時期ですし、パワーを要する割には、ペースが極端に上がらないので、牝馬のキレが活きるコースでもあります。

そんな中で、菊花賞馬でありどんなコースでも安定した実績を残したキセキは、まさに有馬記念はもってこいの舞台。

川田騎手も今年はしっかり大事なところは勝てていますし、特に逃げやラップの刻み方が非常に上手くなった気がします。

そんな中での前走ジャパンカップで、アーモンドアイに負けはしたものの、勝ち馬が強すぎるだけであって、キセキもかなり有り得ない凄すぎる内容でした。

正直、レコードに近いタイムの天皇賞秋の後のレコード大幅更新のJC、反動は心配です。あのタフの代名詞キタサンブラックですら、レコードの天皇賞春の後の宝塚記念で惨敗していますからね。

とはいえ、今が馬のピークだと思いますし、過去にはヴィクトワールピサがフォア賞→凱旋門賞→JCの流れで有馬を勝っていますからね。

春は休養するだろうし、馬がピークの今、G1タイトルは欲しいでしょう。多少無理しても追ってくると思うので、後続を話して逃げ残り、なんてのもあるかもしれません。

今年最後の大本命!キセキで勝負させて頂きます!

アーモンドアイばかりが評価されているようだが、ジャパンCのスーパーレコードをつくったのは、逃げたキセキだからな。

ペースを落として逃げていたら、あの時計は出なかったのだから殊勲賞はキセキだよ。しかもアーモンドアイより4キロも重い斤量を背負い、1着から0・3秒差。時計は2分20秒9と、この馬も従来のレコードを大きく更新している。その価値は絶大だ。

勝ったアーモンドアイは不在だし、コーナー6つの中山2500mも先行馬には有利。同じコースの日経賞大敗で不安視する人もいるようだが、菊花賞の反動から調子落ちが続いていた時期の結果なんて意味がないよ。
まあ前走だけ走れば、レイデオロにも勝てる。

問題は状態だよな。ジャパンCであれだけの時計を出すと、どうしても反動が気になる。かつても、スーパーレコードのハナ差2着だったオグリキャップ、9馬身差圧勝のタップダンスシチー、4馬身差のエピファネイアなど、ジャパンCで歴史的な激走をした馬は、有馬記念で崩れている。キセキも、この類に入ってしまうと思うんだよ。秋4戦目だし、そろそろ疲れも見える頃。菊花賞の後にも反動が出た馬だしね。
ただ『JCの疲れが残っていたら回避』という話もあったのに、出走にゴーサインが出たし、レース後に減っていた馬体も戻ってきているから、悪くはないのだろう。
1週前の調教を見る限りは、さすがに上積みはないが、ジャパンC前から大きく落ちた感じもない。
ちょっと判断が難しいなあ…

レイデオロ

まぁ、なんと面白みのない予想…と思われたかもしれませんが。

当ててこその競馬ですからね。まぁ、最後まで聞いて下さい。

前走の天皇賞も強かったのですが、ここで見て欲しいのが、2走前のオールカマー(G2)です。

ドバイへの海外遠征から半年明けで、差しきっての1着。

どうしてもダービー馬は「東京だけじゃね?」という疑いを持たれがちですが、中山でも強いレース実績があるので、非常に信頼出来ます。

中山は適性が問われるコース、G2とはいえこの実績は大事です。

今年絶好調のルメールが乗りますしね。むしろ、ジャパンカップでアーモンドアイに乗るからという理由で、わざわざルメールのためにズラして有馬出走を決めたという経緯もありますからね。

ここで凡走は、考えにくいでしょう。

モズカッチャン

有馬記念は牝馬が活躍するレース。去年のクイーンズリング、あとは過去にダイワスカーレット、ジェンティルドンナ、ブエナビスタ、惜しい4着ですがマリアライトなど。

この錚々たるメンツに肩を並べられるかはわかりませんが、モズカッチャンも相当強いメンツと戦って結果を残していますからね。

京都記念が4着、札幌記念は3着と微妙に見えますが、どちらも休み明けだしレースレベルも高かった。

目黒牧場と言う、弱小厩舎がグランプリレースで活躍するってのも、また夢やドラマがありますしね。

…この3頭で勝負したいと思います。

キセキを軸にした、ワイド馬券。たぶん、相手レイデオロで2倍前後、モズカッチャンで3.5倍前後はつくと思います。

ここに、当日まで幾らのお金を用意できるか、むしろそっちの勝負だと思っています。

馬券公開は、恐らく前日の22日土曜に公開致します。

展開予想5連単!

スタート!
全頭、揃ったスタート。外からキセキが追って追って先頭に立つ、内のオジュウチョウサンが二番手、クリンチャーは行き脚つかず、競り合う馬もおらずキセキのペース。
1000m通過は1.01秒ほど、少し緩めのペースだが最近のキセキにとってはかなりのスローペース。
最後の直線、キセキが最終コーナーで先頭、4馬身離したまま
突き抜ける、外からレイデオロが飛んでくる、内からスルスルとモズカッチャン、キセキが残ってゴールイン!

1着キセキ
2着レイデオロ
3着モズカッチャン
4着シュヴァルグラン
5着ブラストワンピース

1 2 3