1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

-AvA-さん

野口健

野口健:野口健(のぐち けん、1973年8月21日 - )はアメリカ合衆国マサチューセッツ州ボストン (マサチューセッツ州) ボストン市出身で、エジプト、イギリスなどで育った登山家、タレント。亜細亜大学国際関係学部卒業後、青森大学大学院… ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%8E…

「寄宿舎生活に馴染めず荒れていたティーンエイジャーの頃植村直己さんの著書に出会い登山を始めた」 野口健

野口健「落ちこぼれてエベレスト」読んでるが イギリスの学校(野口は帰国子女)で勉強ができない野口を教師が敵視したがモンブランとキリマンジャロに登った野口をイギリス人教師が評価しだしてから日本人教師の評価が変わった。「日本人は外国人の評価に敏感」と書いている。

【COMPANYTANK9月号、絶賛発売中】今回の表紙はアルピニストの野口健さん!登山に挑戦したきっかけをはじめ、壮絶な登山体験、モチベーションを保つコツなど、ボリューム満点のインタビューを掲載しています! #野口健 #カンパニータンク #中小企業 amazon.co.jp/dp/B07GJFQ2DF pic.twitter.com/ttjZUssOsH

今日の昼、関東農産創立30周年記念でアルピニストの野口健さんが講演会で呼ばれ、知り合いの誘いで行ってきた。アルピニストになった経緯や各地でゴミ拾いをしている理由、その他にも凄い人生のためになる内容から、エベレストで死にかけた話、多くの仲間の死を見てきた話、父や娘のとの話が満載だった

アルピニストの野口健さんは、亜細亜大学の一芸一能推薦入試で「〇〇大会で優勝しました」という過去の実績を発表をするライバルたち中で、野口さんだけ「自分にはそんな実績はないが、大学在学中に七大陸最高峰登頂します。達成できなければ退学します」と将来への意気込みで合格を得た。かっこいい。

『ネパールで有名な日本人は、橋本龍太郎、ゴダイゴ、野口健です。』ネパール出身男性より

おはようございます!今日はアルピニスト・野口健さんの名言を。「行動を起こすから、その先に何かが生まれる。変化は突然ではなく小さな努力の積み重ねから生まれるんです」。行動あるのみ!ですね♪

野口健の母親はクオーター

ラウンジで話題になったアルピニスト野口健はお母さんモナはエジプト人。彼女の父はエジプトとレバノンのハーフで、エジプトでは少数派のコプト教徒。母はトルコ出身で、ギリシアとフランスのハーフである。モナ自身は四カ国のクォーターらしい。お父さんが日本人会津若松出身。しらなんだ〜

アルピニストの野口健さんて日本人と思ったらハーフ。お父様が外交官をされていて、カイロの日本人小学校に通っていたそう。お母様は4ヶ国のクォーターで、父方はエジプトとレバノン、母方はトルコ出身でのギリシアとフランスなんだとか。グローバルですね。

「世界ふれあい街歩き・地中海SP」。ゲストの野口健、「母がエジプト・ギリシャ・フランス・レバノンのハーフで」。いや、ハーフだったら2人になるし。「レバノン以外は地中海ですから」。 いや、レバノンも地中海東岸だけど。

野口絵子

アルピニスト野口健の娘絵子(エコ)ちゃんっていうらしいよ

アルピニスト野口健さんの娘の名前は絵子(エコ)。いっぽんとられた!

アルピニスト野口健さんのお嬢さんの名前が絵子ちゃん…えこちゃん…

アルピニスト野口健さんのアウトデラックス出演を見た。娘さんの絵子さんが冬山登山の時に神さまに「神さま!神さま!神さま!絵子ちゃんの指を凍傷から守って下さい!」と祈りながら痛みに耐えながら登山したという内容に可哀想なという気持ちと親である健さんが無理の境界線を子に伝える姿が凄い

『猫びより』1月号発売中です! アルピニストの野口健さんにインタビューさせていただいています。 日々ぐんぐん大きくなっているチョモくん・ナナ夫くん・リリ子ちゃんたちの激カワ写真も満載 娘の絵子さんも飛び入り参加してくれています! pic.twitter.com/B9ShGx4O41

娘殿は少し体調を崩し、昨日はモンジョ村にてレスト。今朝から回復しナムチェバザール(3443m)へ。この時期は日が陰ると一気に寒くなるので、風邪には要注意。明日は高所順応デー。ナムチェより約400m高いターメ村まで往復しナムチェに戻る。高所では登り下りを繰り返しながら低酸素に体を ならします pic.twitter.com/juOKacU7AO

アルピニスト・野口健さんがアメブロを開始、15才の娘と山旅へ「ハワイでなくヒマラヤに…」 (12/23 16:08)news.livedoor.com/article/detail…

富士山の標高を超えました。娘殿も2回ほど腹痛にやられていましたが、高所順応は今のところ順調で高山病の症状なし。前半戦はビスターリ、ビスターリ。ここを急ぐと後でドツボにハマることになる。じわりじわりと一歩一歩。 ターメ村にて(3800メートル) pic.twitter.com/0JMp6SFT65

娘殿も全ての生徒一人一人にランドセルを背負わせてくれました。217人分だから頑張ってくれました。またランドセル企画やりたいと思います。その時はまた大募集したいと思いますのでヨロシクお願いします! pic.twitter.com/uyhPLTXtYH

午後は高所順応のためクムジョン村の近くの丘に登る。娘殿にとっては初の4000m超え。今のところ順調に進んでいますが、明日からまた標高を上げるので、さてさて、どうなか。一歩一歩。 pic.twitter.com/h7FsFZZbAz

藤巻亮太

[インタビュー]藤巻亮太、今だから話すレミオロメン活動休止の理由とソロの迷い / 曲が作れなかった2年間。アルピニスト・野口健との旅が変えた意識とは? cinra.net/interview/2015… pic.twitter.com/XZR2YN1tf8

1 2 3 4