1. まとめトップ

刊行から20年の節目で待望のTVアニメ化!『ブギーポップは笑わない』の声優、登場キャラ、最新情報

物語は県立深陽学園という高等学校を中心に、日本、時には全世界を舞台にして展開する。”MPLS”と呼ばれる超能力者、そして主にそのMPLS能力を巡って出現する世界そのもののあり方を変えてしまう”世界の敵”、それと対峙して暗躍する”死神”ブギーポップ、一般の人々と少年少女たちを描いていく。

更新日: 2019年03月02日

0 お気に入り 6855 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

hukukenさん

▼公式

|最新トピックス

冬アニメ『ブギーポップは笑わない』第9話のあらすじ・先行場面カット到着! Blu-ray&DVD第1巻 早期予約特典ポスター画像も公開 animatetimes.com/news/details.p… #boogiepop pic.twitter.com/UShILO886I

▼登場人物

CV:悠木 碧(ゆうき あおい)
https://matome.naver.jp/odai/2153832073559736601

「世界の危機」が迫るとき、女子高生・宮下藤花の中から「浮かび上がる」存在。自らを「自動的な存在」だと語る彼には「その人が一番美しい時に、それ以上醜くなる前に殺す」という噂が囁かれている。

CV:悠木 碧(ゆうき あおい)
https://matome.naver.jp/odai/2153832073559736601

県立深陽学園に通う女子高生。素直で明るい、ごく普通の女子高生だが、「世界の危機」が近づくとブギーポップの人格が「浮かび上がり」その間の記憶は失われる。上級生の竹田啓司とつき合っている。

CV:大西 沙織(おおにし さおり)
https://matome.naver.jp/odai/2153985341129791101

県立深陽学園に通い「正義の味方」を自称している女子高生。その雰囲気を含め、周囲からは「炎の魔女」とも呼ばれている。その戦闘能力は卓越しており、特殊な能力者達とも渡り合う事が出来る。

CV:近藤 玲奈(こんどう れいな)

凪のクラスメイトで、藤花の親友でもある。かつて連続殺人犯に狙われながら生き残ったという経験から犯罪心理学に興味を持ち、殺人博士と呼ばれるまでになった。凪の父、霧間誠一の熱烈なファン。

CV:小林 千晃 (こばやし ちあき)

県立深陽学園に通う高校3年生。デザイン事務所への就職が既に決まっており、そのためか周囲から少し浮いている。ふとしたきっかけから出会ったブギーポップと、ひそかに友情を結ぶ事になる。

CV:下地 紫野(しもじ しの)
https://matome.naver.jp/odai/2154727309947241201

風紀委員長として活動する、深陽学園の女子高生。竹田 啓司と同じ委員会で活動しているため、常々彼の事を気にかけている。頼まれると嫌とは言えない性分のせいで、学園で発生した事件に関係する事に。

CV:諏訪 彩花(すわ あやか)
https://matome.naver.jp/odai/2154105124020573801

県立深陽学園に通う高校3年生。その派手な見た目から、同性の友人は少ない。しかし一方で霧間 凪の数少ない友人でもある。同じ学園に通う後輩の田中志郎と付き合っている。謎の人物「エコーズ」とコミュニケーションを取れる稀有な人物。

CV:榎木 淳弥(えのき じゅんや)
https://matome.naver.jp/odai/2153294105055534001

何処にでもとけ込むような印象を抱かせるごく普通の少年。その一方で、グループ交際をそつなくこなす器用さや、霧間 凪に恋心を告げて振られるといった思いがけない一面も持ち合わせている。

CV:市川 蒼(いちかわ あおい)

弓道部に所属する1年生。先輩の紙木城 直子から告白され、交際を始める。紙木城によれば「弓道をしている姿がかっこよかったから」とのこと。真面目な性格故に、奔放な彼女との交際にやや困惑している模様。

CV:竹達 彩奈(たけたつ あやな)
https://matome.naver.jp/odai/2153965303750722101

県立深陽学園2年生で、予備校では他の進学校の生徒を差し置き模試のトップを争う程の才女。しかし勉強一辺倒ではなく、その美しさでも教室の話題をさらう。お高い印象のために周囲から距離を取られている彼女の裏に潜む、本当の姿とは。

CV:宮田 幸季(みやた こうき)
https://matome.naver.jp/odai/2153352533862871001

街をさまよっている所を、偶然に通りかかった紙木城に保護される。傷だらけでボロボロの服をまとい、相手の言葉を返す事でしか話せない。言葉を介すること無く紙木城に、自らがエコーズ(反響体)と呼ばれていることを伝えた。

CV:花澤 香菜(はなざわ かな)
https://matome.naver.jp/odai/2153985125229001301

県立深陽学園の生徒。人の死が視え、それを操る能力<ストレンジ・デイズ>を持つ。飛鳥井仁を選出してイマジネーターとしての計画を続行しようとする。

CV:細谷 佳正(ほそや よしまさ)
https://matome.naver.jp/odai/2153316995139383501

予備校で講師のアルバイトをしている国立大学の美大生。非常に優秀な頭脳の持ち主で、冷静且つ慎重に行動する。

CV:阿澄 佳奈(あすみ かな)
https://matome.naver.jp/odai/2153957095618863601

飛鳥井仁の親戚で実家が不動産業を営んでいる、裕福な家柄の少女。飛鳥井仁のことを“仁兄さん”と呼び慕っている。

CV:八代 拓(やしろ たく)
https://matome.naver.jp/odai/2153369028218332701

凪の義理の弟(凪の実母の再婚相手の連れ子)。帰国子女。性格は温和で人懐っこく、誰とでも分け隔てなく親切に接する。織機綺とは毎日電話でやり取りするほど相思相愛の仲。

CV:市ノ瀬 加那(いちのせ かな)
https://matome.naver.jp/odai/2154923522644602201

当初は無口・無表情と感情の起伏が少なかったが、谷口正樹との出会いを通じて、次第に普通の少女らしくなっていく。凪に対して強い憧れを抱いている。

CV:長谷川 芳明(はせがわ よしあき)

谷口正樹・織機綺と同級生の少年。正樹に対して恋愛感情を抱いているが、自覚していない。正樹と綺の関係が気になり、周辺を探るうちに彼もまたスプーキーEの手駒として使われてしまった。

CV:上田 燿司(うえだ ようじ)
https://matome.naver.jp/odai/2153257844726356701

統和機構の合成人間。人間離れした巨漢の体躯を持つ。手から電磁波を発生させる事が出来、これを応用して他人の脳に電磁波を流し洗脳や記憶の操作を行う事ができる。

CV:宮内 敦士(みやうち あつし)

統和機構の合成人間。人の顔色を見るだけでその人の健康状態を知る事ができる能力をもつ。MPLSの探索が任務で、探偵事務所を隠れ蓑にしている。

CV:加隈 亜衣(かくま あい)
https://matome.naver.jp/odai/2153985377329919001

統和機構の合成人間。高速移動の能力を持つ。

CV:阪口 周平(さかぐち しゅうへい)

統和機構の戦闘型合成人間。掌から微細な振動波を発する能力を持つ。暗殺を主な任務としており、これまでに霧間誠一、スケアクロウ、キョウ兄ちゃんなどを殺害している。

CV:木下 紗華(きのした さやか)

県立総合病院の精神科の新米医師。スケアクロウが持ち出した薬品(進化薬)を拾い、それを自らに使用し超人的な肉体と相手の弱点を見抜く能力を手に入れた。

CV:鷄冠井 美智子(かいでん みちこ)

CV:大川 透(おおかわ とおる)

巨大企業MCEの社長。その正体は統和機構の合成人間で、老化のスピードが遅いことから年相応に見られるための化粧をしている。

1 2