1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

canty0628さん

▼エスパー伊東が芸能界を引退

エスパー伊東 芸能界引退を表明…股関節状態悪く「芸を披露することはできない」/芸能/デイリースポーツ online daily.co.jp/gossip/2018/12… pic.twitter.com/arpeqx9PRm

公式HPに「引退のお知らせ」と題した文面を掲載。「突然ですが、私、エスパー伊東こと伊東万寿男は2018/12/31を持ちまして、芸能活動から引退をいたします」と明らかにした。

「ワザを披露できない、うまく歩けない、トークもままならず任せているような状態です。このような最悪の状態の中で芸を披露することはできないと思い、今回、芸能活動から引退をすることを決めました」と苦渋の決断を明かした。

「ファンの皆様、関係者皆様とお別れするのは大変に心苦しく悲しいですが、ひとまずここで、区切りをつけようと思います」と心境をつづった。

昨年1月にスポーツ紙で“エスパー伊東引退”と報じられた際は、自身のブログでそれを完全否定し、“『引退』するなんて一言も言っていないのにスポーツ新聞には良いように書かれた。不本意”とコメントを出していました。

▼今後は

漫画を描くことが趣味で「芸人はやめますが、細々ながら芸術家はまだ続けていこうと思ってます」としている。

▼エスパー伊東とは

小さい頃から、びっくりショー的なテレビ番組が大好きで、超能力、格闘技、漫画に凝っていたエスパー伊東。

何気なく主宰した「不思議サークル」(全国に会員数100名以上)がきっかけで、マスコミより出演&取材オファーが・・・。

「スーパージョッキー」(日本テレビ系)、「投稿! 特ホウ王国」(日本テレビ系)、「めちゃ×2イケてるッ!」(フジテレビ系)などに多数出演。

▼その特徴的なパフォーマンスが話題に!

デビュー当初は現在の「エスパー」という芸名がなく、本名(伊東 万寿男)でテレビ出演をしていた時期があり、1991年のフジテレビの第5回FNS27時間テレビ(1億人のテレビ夢列島)にてスタッフによって「エスパー伊東」と名付けられたそうです。

手の力だけで分厚い電話帳を真っ二つに裂く“高速電話帳破り”や高温の油の中から素手で天ぷらを取る“手んぷら”、またゴム手袋を頭に被って鼻息だけで膨らませて爆発させる“爆裂ゴム手袋鼻息割り”など、体を張ったパフォーマンスで人気を集めている。

現在では全身を張った荒技から指先の器用芸まで、その変梃りんの技の数は100を超える。

ディズニーランドのエレクトリカルパレードのテーマ曲(バロック・ホウダウン)をBGMに、自らの誇る「高能力」を披露するというのが持ちネタの流れです。

1 2