1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

年末年始は「交通事故」「空き巣」「スリ(窃盗)」が増加します。

▼知ったましたか?年末年始は「事故や犯罪」が多い時期です

■危険!12月は死亡事故が多い季節

平成28年12月では、全国で420人が亡くなっています。過去10年の平均では、1日に13.5人が亡くなっており、死亡事故が最も多く発生する月です。生する月です。

愛知県のデータでは、昨年12月の交通事故死者数は28人で、昨年1年間で最も多い月でした。

▼こんな人は危ない!交通事故を起こしやすい人とは?

・自己中で怒りやすい!

見込みの甘さ:たぶん大丈夫だろうと、考えてしまう人。危険を感じにくい、あるいは感じつつ実行してしまう人。

自己中心的な人は周りに対する配慮が足りません。「俺が!」「私は!」と無理矢理な行動をとることが想像されます。

カッとして怒りっぽい 前の車が遅かったり、割り込みをされるとカッとして怒鳴り散らしたり、無理やり車間距離を詰めたりする

・星座が「○○座」は死亡事故が多い!

「みずがめ座」の人たちが、歩行者死亡事故、自転車死亡事故、高齢者死亡事故において、いちばん死にやすいことが判明したのだ!

昨日こんな記事見つけました。 交通事故の死者数が12年連続で全国最悪の愛知県。県警は、過去10年間の死亡事故を分析し、12星座別の特徴や危険な月、曜日をまとめたそうです。 自分の星座は…って見てしまいます。 とにかく気を付けて!! pic.twitter.com/2so59bego4

・慣れない場所は危険!年末年始の「駐車場」も注意

車両事故実態に関するモニタリング調査(2016年1月~12月)」によると、車両事故のうち、26.2%が駐車場内で発生しています。

慣れない場所で勝手がわかりにくかったり、薄暗い環境で注意がおろそかになってしまったりと、普段とは違う状況によるハプニングが起こりやすい

■「空き巣」も年末年始に増加します!

過去3年間の空き巣被害の月別発生比率を比較すると、年末年始を含む冬~春にかけて増加している

外から見えづらい家は、泥棒にとって入りやすい家です。塀や植木など、通行になどの死角となるものがあると、仕事がしやすくなります

・「空き巣」に狙われやすい人とは?

留守がわかりやすい。在宅中に侵入することもあるみたいですが、基本的には留守の方が狙われやすい。

特に気をつけないといけないのは、SNSへの投稿です。例えば、海外旅行中に「台湾でかき氷なう。」という投稿をしたとします

情報をリアルタイムで投稿してしまった場合は、何日から何日まで留守なので空き巣し放題ですと伝えることになってしまうんです

1 2