1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

新天皇のパレード車はなんと8000万円!?様々な事が分かってきた…

新天皇の儀式まであと数か月に迫りました。そこで話題になっているのが、新天皇のパレード車ですが、今回は国内車で決定しました。そしてその後様々な事が分かってきて、まず予算は8000万円でトヨタ車のようです。しかも用途もパレード以外にも用いられる見込みです。

更新日: 2018年12月24日

2 お気に入り 3730 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

新天皇のパレード車、調達先はトヨタだった

2019年度予算案のうち、新天皇即位にともなう、一連の行事や儀式の費用には、およそ144億円が盛り込まれた。

新天皇皇后が国民の祝福を受けるパレード「祝賀御列の儀」に使用するオープンカーの購入費として、およそ8,000万円を計上した。

会場の規模は、儀式の本質に影響しない範囲で縮小されたが、建設資材価格の高騰などが影響し、2018年度から3年分の費用の合計は、およそ19億円となり、平成の代替わりより4億円増加している。

皇位継承に関する予算の総額は、今年度予算などをあわせると166億円程度となる見通しで、平成の即位関連費用に比べ、およそ3割増えることになります。

国産車とする方針を既に固めており、調達先はトヨタ自動車が有力だ。

お値段なんと8000万円!?

儀式の簡素化で節約を図ったものの、人件費や物価上昇などが響いた。

今年度第2次補正予算案に設計費などとして1400万円、来年度予算案に製造・購入費などで6600万円をそれぞれ計上する。

オーダーメイドだから高いのは仕方がありませんね。

セキュリティと安全に関する費用も含まれているそうだ。

天皇旗や菊の紋章の取り付けといった仕様変更に加え、オープンカーではない車を改造する可能性もあるという。

新天皇パレードだけに使われるわけではないようだ

今回のパレードで新天皇、新皇后を乗せる車をどうするか。経費節減が求められる中、政府関係者は頭を悩ませている。

車はその後、宮内庁の管理下に入り、93年の皇太子ご夫妻のご成婚パレードでも使われた。だがその後、行事などで用いられたことはない。

これはもったいないという事で…

『朝日新聞』は、新車は政府が所有し、2020年の東京オリンピック・パラリンピックでも使用する可能性があると伝えた。

様々な声が

人力車じゃダメなのかなとか考えちゃう。 いやまぁダメなんだろうけど。 即位パレードのオープンカーに8000万円 (毎日新聞) - LINEアカウントメディア news.line.me/issue/oa-maini… #linenews @news_line_meから

皇位継承のときのパレードに使うオープンカーって8000万円なのか。パンクしないタイヤ使ったり色々とコストがかかってるのかもしれないけど、デザインとしてならちょっと割高なイメージ。

即位パレードのオープンカーに8000万円 - 毎日新聞 mainichi.jp/articles/20181… これから設計するみたいだけどやっぱりセンチュリーベースのトヨタ車で行くのだろうか

まあ、安全対策費とか莫大なのはわかるんですが、、なんか盛りすぎてません?!?予算に。 即位パレードのオープンカーに8000万円 (毎日新聞) - LINEアカウントメディア news.line.me/issue/oa-maini… #linenews @news_line_meさんから

新天皇パレード車に8千万円 2018年12月21日 news.yahoo.co.jp/pickup/6307548 レンタルとかで良くない? 無駄使いは望まれてないんじゃないの?

どれだけの貧困を救えるのか?わかってるのかねぇ。 新天皇パレード車に8千万円 2018年12月21日 news.yahoo.co.jp/pickup/6307548

1 2